既読スルーする女性心理7つ

既読スルーする女性心理7つ

「気になる女性にLINEを送ったけど、何故か既読スルーされる!」「既読は付くのに返事が無い!」とモヤモヤした経験が、誰しも一度はあるのでないでしょうか。

ひと昔の主流であった「メール」とは違い、LINEには既読機能がある為、その便利さとは裏腹に、時に悩みの種にもなりますよね。

では、LINEを既読スルーする女性には、一体どのような心理があるのでしょうか。

また、彼女達は一体何を考えているのでしょうか。

既読スルーする女性心理

どうでもいい存在だと思っている

LINEを既読スルーする女性には様々な心理がありますが、どんな心理があるにせよ、共通して言える事は「特別な相手であれば既読スルーはしない」という事です。

あなたの事がどうでもいい存在であればあるほど、彼女達は「LINE来てるな〜、でも返さなくてもいいや」「どうでもいい人だから放置でいいや」と判断し、既読スルーをしてしまうのです。

反対に、あなたの事を特別だと思っていれば、どんなに些細な内容のLINEでも必ず返信をしてくるものです。

その為、既読スルーされる回数が一度ではなく何度も続く場合、彼女は残念ながらあなたに興味が無いのかもしれません。

長文すぎて返す気が起きない

男女問わず、あまりにも長文なLINEが届くと、「ゲッ!」「面倒くさい!」と感じるものです。

送る側はあまり深く気にしていないのかもしれませんが、受け取った側は「長文すぎてあり得ない」「返信する気も起きない」と感じている場合もあるのです。

特に、LINEはメールとは違い、どちらかと言えば短文を送る事に向いているアプリケーションである為、あまりにも長い内容が届くと、見るのも嫌に感じてしまいます。

また、「長文で来ている割には中身が無いな」と感じる場合も多い為、長文のLINEには高確率で既読スルーをしてしまうのです。

内容が返信しづらく困っている

「今日は○○したよ!」という謎の報告LINEだったり、「芸能人の○○が○○したんだって!」というよく分からない話題だったりと、「とにかくどうでもいいLINE」を送ってくる人が居ますよね。

このようなLINEには「で?」「何て返事すればいいの?」と困惑してしまう為、返事をしようにも困るのです。

特に、「今日は○○でした!」「○○に行ってきました!」という報告LINEは、「いや、聞いてないし!」「興味無いし!」とイラッとせざるを得ません。

そんなLINEに対する彼女達の既読スルーは、「見てるけど興味無いよ〜」の合図なのです。

単純に時間が無い

女性に既読スルーをされると、「もしかして嫌われてるのかな…」「まずい事を言っちゃったのかな…」と不安になり、様々な事を考えてしまいますよね。

実際に、女性が既読スルーをする理由には、「相手の事が嫌いだから既読スルーする」「話すのが面倒くさいから既読スルー」など、残念なパターンはいくつもあります。

その為、「やっぱり嫌われてるんだ…」と凹んでしまいがちですが、中には「ただ単純に忙しい」という女性も存在します。

若い女性は働き盛りでもある為、本当にLINEを返す暇すら無いという女性もある程度存在するのです。

もし既読スルーをされたとしても、マイナスな事ばかり考えるのは一旦やめてみましょう。

読むだけで完結している

「届いたLINEはきちんとチェックするものの、読むだけで自己完結する」という女性も一定数存在します。

彼女達は、「決して相手の事が嫌いという訳ではないが、返信が必要無さそうな内容ならそのままスルーする」というサッパリした性格である為、返信が必要無いと判断すればLINEは返しません。

また、彼女達は「電話で済む事は手短に電話で話してほしい」「どうでもいいLINEを送ってこないでほしい」というドライな部分もある為、内容の無いLINEを送っても返信率はほとんど見込めません。

出来ればフェードアウトしたい

「既読スルーする理由はマイナスな要素ばかり」とは一概には言えませんが、残念ながら「相手の事を本当に嫌っているから既読スルーする」というパターンも、もちろん有り得ます。

このパターンの女性は、既読スルーする事で連絡をシャットアウトしている事はもちろん、「既読スルーする事で察してほしい」「このままフェードアウトしたい」という僅かな希望をかけて既読スルーを決め込んでいるのです。

その為、このタイプの女性には「何で既読スルーするの?」「大丈夫?」「何かあった?」などと追い打ちをかければかけるほど逆効果です。

女性に既読スルーをされると、心配になって何度もLINEを入れ続ける男性が多く存在しますが、その行動さ彼女達にとっては「いい加減にしてほしい」「キモい」としか思われていません。

また、このタイプの女性の大体は、そのうち既読スルーを飛び越えて未読スルーを決め込むようになり、既読ですら永遠な付かなくなる事がほとんどです。

もともとLINEが苦手

「LINEより直接喋りたい」「顔が見えない文字だけでのやりとりは苦手」という、どこか男性的な女性が存在します。

このような考えを持つのは男性に多いのですが、女性の中にも一定数存在しているのです。

このタイプの女性は、LINE自体を惰性で登録している事も多く、「自分的には必要無いが、時代が時代なので仕方無く使っている」という女性がほとんどです。

このタイプの女性にとって、LINEの存在は面倒なものでしかない為、LINEが届いても「何て返信しよう」と考えているうちに、気付けば既読スルーをしてしまいます。

しかし、彼女達は「直接話をする事」や「電話で話をする事」は苦では無い為、「会って話す時は普通」「既読スルーされるけど、電話はかかってくる」という場合は、高確率でこのタイプであると言えます。