結婚を意識しすぎている女性の特徴とは?ちょっとした言動で丸わかり!

結婚を意識しすぎている女性の特徴とは?ちょっとした言動で丸わかり!

結婚を意識するのは、悪いことではありません。

愛する人を見つけて、そのお相手も自分を見つめてくれて、2人で幸せな人生を送るというのは素敵な目標です。

出会いは、力んでいるよりも、ふっとしたタイミングで訪れるものですが、不思議とその人にベストなタイミングであるものです。

できれば運命や、自然な時間の流れに任せたいところですが、結婚への憧れが強くて、意識している人もいます。

繰り返し言いますが、結婚への意識は良いものですが、自分本位になっていないかだけ注意しましょう。

結婚を意識しすぎている女性の特徴

年齢にこだわる

一生懸命を通り越して、結婚に対して必死な人はいます。

こだわることも多いですが、年齢に対する気持ちが強いのではないでしょうか。

30歳になる前にしたかったり、できるだけ早く結婚したかったりするでしょう。

女性は妊娠・出産を考えると、本能的に焦る気持ちが湧きます。だからと言って、年齢にこだわりすぎるといろいろなことを見落としてしまいます。

問題なのは、結婚の目的を間違って考えてしまって、自分ではそれに気が付かない時です。

いつか自分も子供を産みたいから結婚を考えているなら自然ですが、結婚が遅れると周りに劣等感を持つという気持ちなら、自分の幸せが見えていません。

目の前の時間を楽しめない

結婚に対する意識が強すぎると、周りの出来事を結婚に結びつけて考えてしまいます。

自分の判断で、結婚に近づけるものかそうではないか判断するので、純粋に今の時間を楽しめなくなります。

実際に何が結婚に結びついていたのかは、後になってみないとわかりません。

一緒にいる人たちと、今できることを楽しんで過ごした方が気持ち良いはずです。

今の時間を楽しんでいない人は、将来も同じようにマイナスの感情を持って過ごす可能性があります。

物事を悪く考えたり、結婚に繋がらなさそうだから狭く考えるクセがついてしまうのです。

人の評価が厳しい

結婚を意識している人は、自分意外の他人に対して目線が厳しいです。

将来の旦那さんにふさわしくないと思えたり、男性を紹介してくれなさそうな人間関係を切ってしまったり、好き嫌いを超えて厳しくなりがちです。

そんな人は、周りから見て魅力的とは言えません。

他の人のことをそんなに上から判断できるなら、自分が素敵だという自信があるのでしょうか。

きっとそうではないはずです。

自分のことは脇に置いておいて、相手にばかり何かを求めるなんて都合が良すぎるのですが、自分に余裕のない人は、自分が変わろうとはしないようです。

結婚に対して損得勘定がある

どうしても結婚したいと考えている人は、結婚から得られるものを考えています。

素敵な家と、周りに羨ましがられる旦那さんと、良い仕事と、裕福な生活など、夢は膨らみます。

でも、損得勘定が大きすぎると人付き合いの幅が狭くなります。

よくある話では、お金がないとわかった男性とは付き合わないという女性。

彼が将来出世してお金持ちになったときにまた会いに行っても、恋愛には発展しないでしょう。

自分に対するメリットを重視していたので、彼を支えてあげたいという自分から与える気持ちがなかったのですね。

その結果、彼は成功したのかもしれません。

幸せを目指すなら、損得勘定抜きに相手に対する優しさを持つのが大切ですね。

愚痴っぽい

会えば愚痴っぽい人、周りにいませんか?

その人達は自分の話ばかりして、時間とエネルギーを奪っていきます。

何か相談してきて状況を変えたいのかと思って、こちらからアドバイスしても、それができない理由を言ってきたりします。

最初は話を聞いても、そのうち相手にしたくなくなってしまいます。

いくら真剣に向き合っても、まるで相手は暇つぶしをしているようで、こちらの意見も否定するので、疲れる相手です。

もちろん、毎日生活していると誰でもちょっとしたイヤなことに出くわしたり、悩むこともあります。

自分が愚痴ったなら、相手の話も代わりに聞いてあげると良いでしょう。

彼氏に求めることが多い

結婚願望が強すぎる女性に彼氏がいたとしても、彼女は良く腹を立てているのではないでしょうか。

相手を自分の思い通りに変えようとして。

怒ることや注意することが彼の成長に役立つことなら良いのですが、自分にとって都合の良いことだけを相手に求めているなら、彼は疲れてしまいます。

相手に求めることは、あくまでもそれが当然だと「自分が」信じていることなので、思い通りではないことに怒るのは、相手の気持ちを無視していることでもあります。

その人が当たり前だと思っている事があるように、相手にも当たり前だと思っていることはあるのではないでしょうか。

好きだからお付き合いを始めた相手に、いつの間にか怒りをぶつける関係にならないように、お互い歩み寄って過ごしたいものです。

自分を振り返らない

当たり前のことなのですが、結婚は2人の人間がいないとできません。

あなたが相手に何か望むように、相手も何か望んでいるはずです。

あなたが相手を選ぶように、周りの人もそれぞれの判断基準であなたを選んでいます。

2人の人間がお互いに感じることなど、価値観が合った時に、結婚も視野に入ります。

結婚をしたい人ほど、多くの人に選ばれるように自分を磨くことが必要です。

外見を磨き、心と言葉を磨きましょう。

自分を一度も振り返らずに、自分の気持ちだけ押し付ける姿勢が変わらないうちは、残念ながら結婚は遠いかもしれません。