インドア派の彼氏との付き合い方7選

インドア派の彼氏との付き合い方7選

大好きな彼とのお付き合いは気分が高くなり、ワクワク感があります。

しかし、大好きな彼でも、考え方や趣味は異なります。

自分は外でたくさんデートをしたいと思っていても、彼は外に出ることを嫌うインドア派の場合もあります。

そのようにインドア派である彼の場合にはどのようにお付き合いをすることが良いのでしょうか。

関連記事

インドア派な男性の特徴7つ インドア派な男性の特徴7つ

インドア派の彼氏との付き合い方

お互いの希望は半分

インドア派の人は外に出ることを面倒臭いと思っている人がいます。

しかし、せっかくお付き合いをしているため、アウトドア派の女性は色々な場所に行きたい思いもあります。

思いの違いがありますが、そこで彼に対して無理をさせてはいけません。

自分が外でデートをしたいからとデート毎に外に連れ出していたら、それは彼の負担になってしまいます。

しかし、だからと言って女性側がずっと我慢していればそれは女性の負担になります。

お互いの希望を半分ずつにしてデートを計画するのがお互いにとって負担がなく、良い関係を築けて行くことが出来ます。

家での楽しみを見つける

アウトドア派の人からしてみれば、家の中でのデートはやることがなく、つまらないと感じてしまいます。

家で出来ることは限られてしまいます。

しかし、そのような中でもインドア派の彼と家で楽しく過ごすにはやはり家で出来ることを自分たちで見つける必要があります。

映画のシリーズを決めてそのシリーズのDVDを初めから観るのも良し、または外に出かけたときの思い出のアルバムを作るも良し、2人で出来ることを探すことが大切です。

2人一緒に居て、お互いが自分の好きなことをやってしまうこともあるかもしれません。

夫婦間なら、そのような状態でも仕方ありませんが、せっかくまだお付き合いの段階です。

自分の世界に入って自分のことをやることも良いですが、やはり2人でいる時間を一緒に楽しむことが必要です。

料理を作る

せっかく家にいるのであれば、大好きな彼にたくさん料理を作ってあげる良い機会となります。

一人暮らしの男性の場合、普段は面倒臭くてなかなか料理を作らない人もたくさんいます。

栄養もなかなか気にせずに簡単なものばかり食べます。

そのような時、料理を作ってくれれば彼女へより、愛する気持ちが高まります。

もし、彼女が料理を苦手と思っているのであれば2人で作り、一緒に作ることを楽しみます。

ラブラブな2人であれば、何をしても楽しく時間が過ごせます。

そして、一緒に作ることで料理をすることが嫌いな女性でも料理を嫌と思いません。

気遣いをする

たまには外にお出かけもして、楽しむことも大切です。

彼に合わせてばかりでは不満も溜まります。

しかし、お出かけする際にはあまり彼に疲れさせないように気遣いをすることも大切です。

例えば、遊園地やテーマパークなどへ行き、彼女が一日中休憩もせずに遊んでしまってはインドア派の彼は疲れます。

体調を気遣いながら、休みつつ遊ぶことも大切です。

例えば、翌日が仕事であるのであれば、尚更休憩は重要です。

たくさん遊び、疲れがまだある状態で仕事に行けば、やはり外でデートをしたくないと感じさせてしまいます。

彼に合わせた動きが大切です。

運転は交代

外でのデートをする上で、多くの方がドライブを楽しみます。

目的地に行くまでの手段でもありつつ、車を走らせてその時間を楽しみます。

せっかくの二人だけの空間です。

しかし、ドライブデートを全て彼にお願いしては彼の負担になります。

やはり、女性側は基本運転を男性してもらいたいと思います。

しかし、運転が好きでない人であれば、ずっと自分が運転していることに対して不満を抱いてしまいます。

彼の車であれば、彼しか運転が出来ないこともあります。

それならば、次回行くときは彼女側が車を出して運転する約束をしておくのも良いです。

また、もし彼女が運転出来なければ、せめて運転している彼に対して当然と思うのではなく、有難うと言う気持ちを伝えてあげてください。

比較はしない

周りの友人と比較しないことが大切です。

2人共がアウトドア派である場合には家でのデートはあまりしなく、デートの度に色々な場所に行きます。

そして友人と話している際に話のネタでデートの話になることもあります。

恋愛話は盛り上がって楽しく話せます。

しかし、アウトドアのカップルからデートで色々な場所へ行ったデート話を聞くことがあります。

インドア派の彼を持っている女性は友人のように自分もたくさんお出かけをしたいと思うかもしれません。

しかし、それぞれカップル毎に付き合い方はあります。

友人のことが良いと思ってしまうだけです。

比較をして自分にメリットありません。

その為、自分たちは自分たちの付き合い方があり、それを大切にする必要があります。

文句を言わない

自分がたくさん外に行きたいと思っているにも関わらず、相手が違うことに対して、文句を言わないことが大切です。

インドア派の人でも彼女が行きたいからと、デートで色々な場所に行く人もいます。

しかし、外に出ることを拒否する人、または面倒臭そうにする人もいます。

デートの仕方はお互いの話し合いで決めれば良いですが、相手が違うことに対して文句ばかり言うようでは喧嘩になります。

相手が違う考え方であっても、快く理解してあげることが大切です。

そして、お互いが納得出来る方法を探り合って行くことがとても重要です。