異性が苦手な女性の特徴7つ

異性が苦手な女性の特徴7つ

日頃からどれくらい異性の方と話をしますか。

仕事を通して毎日話す人も多いはずです。

男性と会ってたくさん話が出来る人もいる一方で、男性と上手く話すことが出来ない人もいます。

男性に対して苦手意識を持っている女性もいます。

男性に対して苦手意識を持っている女性はどのような特徴があるでしょうか。

異性が苦手な女性の特徴

意識しすぎる

男性と話す時に男性であることを意識しすぎると苦手と感じてしまう女性もいます。

何気ない話であれば男性、女性関わらず話すことが出来る人が多いですが、中には男性であることに対して過剰に意識を向けてしまい人もいます。

そして、異性と言うことを自分の中でとても意識をしてしまい、目の前にして話をする際には何を話して良いか分からなくなってしまいます。

特に恋愛感情では無くても、異性と言うことだけ気にしてしまい、自分の中でどうすればいいのかが分からなくなっている状況です。

そしてその結果、男性を苦手対象としてしまいます。

虐められた

過去に男性、小学校などなら男子に虐められた経験があれば、男性に対して苦手意識としている人が多いです。

そして、その記憶がずっと残っていれば男は皆そのようなことをすると言う意識が出てしまい、過去の恐怖感と共に男性を苦手意識としています。

虐めは女性でも行うことなので男性だから虐めると言うわけではありませんが、その人の中には男性=恐怖と言うことが根底にあります。

そのような事があると、なかなかその過去の記憶から抜け出すことが出来ません。

そしてその怖い思い出をずっと引きずっている状態です。

それが、大人になっても残っており、結果男性に対して苦手としてしまいます。

失恋をした

大きな失恋を経験していればその経験から男性に苦手意識を感じてしまうこともあります。

例えば、大好きで信用していた彼氏に浮気などで裏切られたなど経験があれば、それ以降の男性と接することを苦手としてしまいます。

そして男性に対して不安感や不信感を抱いてしまっています。

失恋をしたと言うことは、それまでは男性に対しては苦手意識もなく普通に接していたはずです。

しかし、失恋はとても心を痛める記憶です。

その為、失恋以降、男性とお付き合いすることをから遠ざけてしている女性も多くいます。

そして恋愛だけならず、一般的に男性に対して苦手としてしまいます。

免疫がない

今まで男性とあまり関わることがなかった女性であれば男性に対する免疫がなく、苦手意識としています。

例えば中学や高校が女子校であれば男性に対する免疫がありません。

世の中にはたくさんの男性がいますが、実際に直接深く関わる事が環境によって全くない場合もあります。

特に学生ならば、学校で出会わなければあまり男性と話す機会は多くはありません。

習い事などをしていなければ、出会う機会もありません。

その為、女子校で育った人は男性に対する免疫がない場合も多くあります。

その後に共学へ行った場合、社会に出た場合に男性に会う機会が多くなります。

直接話す機会が増えたばかりの時期は男性に苦手意識を持つ人が多くいます。

男のノリが嫌い

男性のノリが嫌いと言うことで苦手意識を持っている人も多いと思います。

男性は男同士であれば、下品なことを言う事や思いっきりふざけあったりしています。

そのような事を目にした際に今まであまりそのような事に触れていない人であれば、そこで苦手意識を持ってしまいます。

年齢が上がるにつれて場を弁えてそのような発言をしなくなりますが、飲み会などでお酒が入れば違います。

女性が居ても女性が苦手とするような発言をする場合もあります。

その為、そのような男のノリ嫌いで、男性に苦手意識を持つ人もいます。

堂々と話せない

今の自分に対して自信が全く持てなければ男性に対して苦手としてしまう事もあります。

男性が常に女性を恋愛対象として見ているわけではありません。

しかしながら、女性側の頭には男性を異性として見ており、自分に自信がないが故に結果、男性と話すことに苦手としてしまいます。

そして自分に自信がない為に自分のことをあまり話すことが出来ずに当たり障りのない会話のみで話を終了してしまいます。

また相手の目を見て話すことが出来ない為、会話もなかなか続くことができません。

そしてすぐに男性との話を自ら終わらせようとしてしまいます。

周りの目を気にする

周りの人の目を気にしすぎて、話すこと出来ない人もいます。

自分の中で目の前にいる人を異性として見ており、自分が話していることを周りがどう思っているか不安に思ってしまい、なかなか男性と話すことが出来ない人もいます。

小学校や中学校の頃などは異性と話していると変な噂がすぐに流れた経験をしたことありませか。

そのような事が過去の経験にあり、自分が異性と話すことを誰かに見られていると意識してしまっています。

実際、周りがそのような事は全く気にしていませんが、自分の中では見られていると思ってしまっているのです。

また学生時代の時に噂が流れていなくても、例えば憧れの的である男性と話している際に周りの女性から対抗意識などを持たれて大変な経験があれば、そのことがきっかけとなり、それ以降苦手となることもあります。