キラキラ女子の特徴7つ

キラキラ女子の特徴7つ

近年、「インスタ映え」に並んでよく耳にするのが、「キラキラ女子」という言葉。

ネットニュースやテレビ番組などで、一度は耳にした事があるのではないでしょうか。

キラキラ女子とは、主にインスタグラムやツイッターなど、ネット上に多く生息している女性達を指しています。

「キラキラ女子」と聞くと、一見「今時の女の子の事?」という印象を受けますが、実際には皮肉として使用される事も多い言葉です。

では、そんな「キラキラ女子」には一体どのような特徴があるのでしょうか。

キラキラ女子の特徴

流行に敏感でおしゃれ

「あの子ってキラキラ女子だよね~!」と評される女性を観察してみると、必ず「見た目が華やかで今時の女子である」という事に気付きます。

彼女達は流行に非常に敏感で、常に最先端のファッションを取り入れようと意識しています。

また、彼女達は自らを着飾る事が大好きな為、ネイルや髪型、メイクにも余念がありません。

さらに、流行への敏感さは見た目だけに留まらず、iphoneやバッグ、財布など、持ち物に関しても常に気を抜かずに生活しています。

しかし、流行に敏感でおしゃれな女性はキラキラ女子以外にも多く存在する為、一概に「おしゃれだからキラキラ女子」というわけでもありません。

インスタがピンク基調

キラキラ女子にも様々なタイプの女性が存在しますが、最もキラキラ女子が多いのは「女子大生」です。

そして、女子大生は「女子アナ系」や「アイドル系」など、いかにも可愛しい容姿の女子を目指す傾向にあります。

そんな女子大生キラキラ女子のインスタグラムを見てみると、「やたらピンク基調」という事に気付きます。

そもそもキラキラ女子はiphoneやアプリに強い為、画像加工はお手の物な事がほとんどです。

年齢層が若いキラキラ女子ほどピンク加工を好む傾向があり、メルヘンちっくな加工やキラキラ加工をした写真でインスタグラムを彩るのです。

見栄を張りまくる

キラキラ女子の特徴の一つとして、「見栄を張る」という事があります。

インスタグラムを見ていると、「やたら海外旅行に行っている女性」「やたらブランド物をアップしている女性」が多く存在しますよね。

これこそが、「キラキラ女子の闇」と言っても過言ではない彼女達の側面です。

彼女達は、「キラキラした日常を送っている自分」をアピールしたいが為に、見栄を張る事に余念がありません。

そして、周囲に「いいな~!」「羨ましい!」と羨望の目を向けられる事により、自らの自己顕示欲を満たしているのです。

マウンティングが趣味

見栄を張りまくる事は趣味の彼女達は、どこから湧いているのか分からない大金をはたき、裕福な生活を偽造しています。

そんな彼女達は、「同性をマウンティングする事」が一つの趣味と化しています。

マウンティングとは、「私はあなたよりも優れているのよ」という事を遠回しにアピールする事。

そして、このタイプの女性に最も多いのは、「彼氏の肩書や年収を武器にする」という事です。

自分の功績でないにも関わらず、恥ずかしげもなく「うちの彼氏って商社マンなんだよね~!」「年収〇千万だから、将来は玉の輿かも!」などという発言を繰り広げます。

常に同性を蹴落としては「私が一番!」と息を荒げている為、その姿は「キラキラ女子」という言葉からは遠くかけ離れて見えます。

自分の肩書をやたら協調する

「この子ってキラキラ女子だな」と感じる女性のインスタグラムやツイッターのプロフィールを見ると、「丸の内OLです!」「港区勤務受付嬢です!」など、華やかな肩書が並んでいます。

しかし、普通の人からすれば、「丸の内で働いてる事をわざわざアピールする必要ある?」「いちいち自慢するなよ!」と感じてしまいますよね。

普段から自慢や見栄を張る事が大好きな彼女達は、自らの肩書も最大限に利用し、周囲からの「すごいね!」「羨ましい!」という言葉を待っているのです。

そんな彼女達を見ていると、「キラキラ女子ってすごい人ばかりなんだな~」と感じてしまいますよね。

しかし、キラキラ女子の闇の一つには、驚く事に「キラキラ女子である事を偽造している」という恐ろしい側面があるという事です。

「実はただの事務員」「実は都心から離れた場所に住んでいる」、そんな女性が嘘に嘘を塗り固めてキラキラ女子のポジションを偽装している事も多いのです。

女子会や飲み会が大好き

SNSにおいて、「やたら誰かと集まった日の写真をアップする」「やたら飲み会ばかり行っている」と感じる女性が存在しますよね。

そして、そんな写真達のコメント欄は、必ずと言って良いほど長文であり、賑やかでカラフルな絵文字が並んでいます。

キラキラ女子は、「いかに毎日を楽しく過ごすか」「いかに毎日充実させるか」という事に重きを置いている為、暇さえあれば女子会や飲み会に出向くのです。

そして、SNSに「今日も楽しかった☆」とアップするまでがセットなのです。

しかし、彼女達は「とりあえず生活が充実している事をアピール出来れば良い」と考えている為、「今日は女子会!仲良しすぎる!」とコメントをしつつも、「実は大して仲が良くない」という事も珍しくありません。

意識高い系の発言が目立つ

「今日は異文化交流会に行って刺激を受けてきました!」「今日はセミナーに行って、帰りは習い事でした!」など、何かと「意識が高いなあ」と感じる投稿をする女性が存在しますよね。

このタイプの女性は、「私はこんなに努力してるんです」「私はこんなに偉いんです」という事をアピールしたいがゆえ、意識の高い発言ばかりを口にするのです。

これは、キラキラ女子特有の「自己顕示欲を満たしたい」「人に一目置かれたい」という心理が働いています。

実際には大した事をしていなくても、SNS上では自分を偽造する事が出来る為、ほとんど「言ったもの勝ち」状態なのです。

キラキラ女子は、このような言動からも「痛々しい」「嫌い」と反感を買う事が多い為、「キラキラ女子」という言葉に反して闇が深すぎる事が分かります。