恋愛で苦しい思いをする瞬間と対処法は?

恋愛で苦しい思いをする瞬間と対処法は?

恋愛をするという事は、決して楽しい事ばかりではありません。

やはり、人を好きになるという事は、時に苦しい思いをする事もあるものです。

現在恋愛をしている方の中にも、「まさに今、苦しい思いをしている」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、そんな「恋愛で苦しい思いをする瞬間」と、そんな苦しい思いへの対処法を紹介します。

恋愛で苦しい思いをする瞬間

恋人との間に温度差がある

恋愛においては、「お互い同じくらい好き合っている」という形が最も理想的ですが、やはり何事もそう上手くはいきませんよね。

特に、「猛アピールの末によやく付き合ってもらえた」など、「明らかに自分の方が相手の事を好き」という事が目に見えている場合は、「相手は本当に自分の事を好きなのだろうか」と不安を感じてしまいます。

また、相手が比較的ドライな性格である場合は、自分ばかりが盛り上がっているような気がしてしまい、時に「何してるんだろう?」と我に返る瞬間があります。

実際には相手は何も考えていない場合が多いのですが、このように恋人との温度差に悩んでいる人は意外にも多く存在します。

恋人が浮気をしている気がする

恋愛において何よりも苦しさを感じる瞬間とは、「相手が浮気をしているかもしれないと悟った時」でしょう。

そこに決定的な証拠が無くとも、何となく異性の存在が見えたり、不思議と「他に好きな人が居るのかも」と察知してしまう瞬間が、ある日突然やってきます。

そんな曖昧な状況下での付き合いを続けていると、「はっきり問い正せないし、聞くのも怖い」という、非常に苦しい思いをする羽目となってしまいます。

このような状況は、恋愛をしていればいつ起こり得るか分からない事です。

「相手の浮気」とは、恋愛における最も脅威の存在であると言えるでしょう。

恋人との喧嘩の頻度が増えた

付き合いの長い恋人同士がどうしても避けて通れないのは、やはり「倦怠期」です。

倦怠期では、お互いの存在に慣れきってしまった事による態度の変化や、時には「本当に好きなのか分からなくなってきた」という感情をも引き起こします。

そしてそんな恐ろしい倦怠期に突入してしまうと、おのずと「喧嘩をする頻度」が増えていきます。

また、互いに慣れているからこそ激しい口論となったり、時には相手をひどく傷つけてしまう事も多々あるものです。

これが「互いに倦怠期に突入している」のであればまだ良いものの、「どちらか片方だけが倦怠期に入っている」という場合、それを受け止める側のストレスは計り知れません。

望んでもいない喧嘩を繰り返す毎日は、苦しい以外の何物でも無いでしょう。

恋人の態度が冷たくなったと感じる

付き合いが長くなればなるほど、「付き合いたての頃は優しかったのに、最近では冷たくされる事が増えた」「昔に比べて雑に扱われる事が増えた」と感じる瞬間に直面しやすくなります。

冷たい態度を取る相手の心理には、「単純に飽きた」「他に好きな人が出来た」「釣った魚に餌をやらない」など様々なものがありますが、いずれにせよ良い意味である事はほとんどありません。

しかし、相手の事が好きでたまらない場合、そんな相手の態度に言及する事はなかなか出来ないものです。

はっきりと「嫌いになった」などと言葉にされるのであればまだ良いものの、態度だけが日に日に変わっていくという事は、ある意味最も残酷であると言えます。

恋愛で苦しい思いをするときの対処法

相手に過度な期待をしない

以上4つの「恋愛で苦しい思いをする瞬間」を踏まえ、ここからは「苦しい思いへの対処法」を紹介します。

まず一つ目は、「相手に期待をしすぎない」という事です。

付き合っているからと言って、相手に自分の全てを委ねすぎてしまったり、過度に依存してしまってはいけません。

少し寂しい言い方をすれば、「恋人同士であっても、結局は他人」なのです。

「付き合っているんだから、もっと○○してほしい」「もっと自分だけを大切にしてほしい」という事を望みすぎると、相手は重荷に感じてしまいます。

この「相手への期待」が過度になればなるほど、相手はさらに逃げ出してしまうのです。

「しょせんは他人である」という気持ちを取り戻す事が出来れば、「冷静に考えたら、そんなに良い相手じゃないかも?」と、肩の力を抜いて相手へ接する事が出来るでしょう。

自分の時間も充実させる

何となく相手の態度がおかしかったり、浮気をしている予感がしたり。

はたまた、倦怠期で気まずい毎日が続いたり。

そんな時、多くの人は「その事ばかりに気を取られる」という状態に陥りがちです。

特に、相手との付き合いが長ければ長いほど、相手の存在こそが生活のほとんどを占めてしまっているものです。

しかし、だからと言って四六時中相手の事ばかり考えていると、その苦しい気持ちはさらに輪をかけ、ますます精神的にストレスを溜めてしまいます。

実は、恋愛をする上では「相手の存在に依存しすぎず、自分の時間も大切にする」という事が非常に大切なのです。

それは、自分の時間を充実させたり趣味に夢中になってみたりと、何かしらの形で自立する事によって「自分に余裕が生まれるから」です。

余裕を持った振る舞いが出来るからこそ、相手とより良い関係性を成り立させる事が出来るのです。

「毎日苦しい思いばかりしている」という方は、思い切って恋愛ばかりの生活から離れてみる事をおすすめします。

本来の自分を取り戻せば、不思議とお互いの関係性も変わってくるでしょう。

時には距離を置いてみる

「恋人との関係が上手くいかず、色々努力はしたけどもう駄目」「にっちもさっちも行かない」と感じ始めた場合、思い切って恋人との距離を置いてみるのも一つの手です。

そもそも、恋人に対してあまりにも強い愛情を持って寄りかかっているからこそ、恋人との間に気付かぬうちにズレが生じていたり、何かと上手く行かなくなってしまうのです。

そんな時は、恋人と元の関係性に戻ろうと躍起になるのではなく、「一旦冷静になって関係を見つめ直す事」こそが最も大切です。

大好きな恋人と距離を置く事はどうしても躊躇してしまいますが、相手とのより良い未来を築く為にも、お互いの関係を冷静に見つめ直してみる事も考えておきましょう。

「相手に浮気をされている気がする」「冷められた気がする」という場合は特に、「どうして?」と相手にすがるのではなく、勇気を出して距離を置く事を選びましょう。

もしその先に「別れ」という結末が待っていたとしても、時には別れを選ぶ事が幸せに繋がる場合もあるのです。

「恋愛に行き詰った時に大切なのは、一旦冷静になる事」という事を、常に忘れずに心に留めておきましょう。