勘違い男子のあるあるな特徴7つ

勘違い男子のあるあるな特徴7つ

若い男性は、自分を勘違いしていることも多々あります。

それも、失敗を繰り返したら、徐々に治っていくはずです。数少ない男性が、いつまでも勘違いをしたままです。

周りの方がなぜか恥ずかしかったり、苦い思いをすることがあります。

その行動に対する善意からのアドバイスは、聞きやすいものばかりではないです。

でも、勘違いをしたままの男性は、自分に対する妬みの表れかと、明るく解釈して、自分が変わろうとはしません。

勘違い男子のあるあるな特徴

自分のことを過大評価

勘違い男子は、根拠もなく、自分のことを過大評価します。

傍にいる人の気持ちをちゃんと考えている訳ではありません。

チームで成果をあげたとしても、全部自分の功績だと思ってご満悦です。

彼が愛しているのは、自分のことだけです。

周りに対しては、上から目線で接することもあるかもしれません。

自分がすごくて、何かと偉いけれども、親しみやすく接することのできる器の大きい人物だと演出をしているのでしょう。

思い込みが激しく、自分にとって良い方向にモノを考えて、行動するので、周りの人を振り回しながら突き進むでしょう。

好意を勘違い

女性と目が合ったら、相手は自分に惚れたと言うのも、彼にとっては本気です。

仕事面や、付き合いの最低限のやり取りでさえ、自分に対する好意と受け止めてしまいます。

他の人と同じように女性が接していても、自分だけは特別だと考えられるのは不思議なくらいです。

相手のことを意識しているのは、実は自分が人を求めているのです。

多くの女性に愛されていると信じているのは、多くの女性に愛されたいという願望に過ぎないでしょう。

愛されたいのなら、自分から人助けをしたり、優しくしてあげて、気持ちを与えるようにしたら良いです。

キツイ言葉も照れているから

周りの人にキツイことを言われたり、冷たい反応をされると、それも勘違いの対象です。

自分のカッコよさに照れて、素直な反応ができないのだろうと考えたり、妬みからキツイことを言ってくるのだろうと解釈します。

元気なときのメンタルは、驚くほど強いです。

心から傷つくことがあるなら、彼にとって人生を揺るがす大きなことが起こったときでしょう。

それまでは、周りの人に面倒と思われていることも気にせずに、ワガママで気楽に過ごしているかもしれません。

何を言われても自分の良いようにしか解釈しないので、話しているとストレスが溜まるでしょう。

近くにいても、なるべく関わらない方が無難です。

成長する気がない

勘違い男子は「自分が最高」と思っているので、自分を変える気がありません。

自分が違うのではなく、他の人が間違っているという思い込みがあります。

その方が、自分にとって気分が良いのでしょう。

仕事のやり方や、人付き合いの方法など、自分より長く続けている人からの言葉もバカにしている時があるのではないでしょうか。

「今は時代が違うから」と言ったり、「自分なら特別だから大丈夫」という風に、人の言葉を否定します。

そんな態度を取られたら、だんだん彼に忠告してくれる人も少なくなるでしょう。

増長した彼がつまずいて、周りに助けを求めたとしても、助けてくれる人も少ないでしょう。

思い出を美化する

恋愛では、良くこう言われます。

「女性は恋を上書き保存して、男性は新規保存する」という内容です。

でも、勘違い男子は保存して、さらに思い出を補正しています。

恋愛に限らず、人間関係の破たんや、自分の失敗についても、本当の理由ではなく、彼の心に優しい理由になります。

勝手なところが嫌いと言われて振られたとしても、違う理由で離れて、きっと彼女は後悔している。

でも、また受け止めてあげる自分に彼女は惚れ直す・・・と言った、都合の良いストーリーにして楽しんでいます。

失敗の本当の原因に向きあうことはありません。

大げさ

何かと大きい反応をするのは、注目されたいという心理があるのでしょう。

大きい声で話していると、自然に誰かの視線を集めることもありますが、それを「自分に好意があるから」と勘違いするのは、彼ならではです。

周りの人の本心は気にしないので、迷惑なことがわからなかったり、ルールを曲げてしまうこともあります。

一緒にいると、彼が騒いだままだと恥ずかしいですね。

少し静かにしてもらうために、相手の要求を受け入れてしまうこともあるでしょう。

誰かを自分のために行動させたり、注目して欲しいと感じるのは、子供と同じようで、幼稚な行動ですね。

プライドが高い

勘違い男子は、なぜかプライドが高いです。

自分に対する非難を受け入れることがありません。

自分を間違っていると感じたこともないでしょう。

自分のやり方を守るばかりで、進歩も少ないです。

自己主張が強くて、誰かに自分の考えを押し付けることがあります。

彼のセンスを取り入れたものではなくても、「自分の素晴らしさを取り入れている」と思われ、しつこく言ってくることもあるでしょう。

真面目に相手をしても、話は平行線のままです。

適度に相手をして、後は放置するのがよさそうです。