才能がない人の特徴は?

才能がない人の特徴は?

世の中には「才能がある人」と「才能がない人」が存在しますが、人間であれば誰しもが「才能がある人」になりたいものですよね。

とは言っても、そう簡単にはいかないのが現実です。

また、どれだけ努力を重ねても、根本的な才能がない限りは、才能がある人になる事は出来ません。

では、そもそも「才能がない人」とは、一体どのような人の事を指すのでしょうか。

その特徴を7つに分けて紹介します。

才能がない人の特徴

努力の仕方を間違えている

いまいち才能を芽吹かせる事が出来ない人にありがちなのは、「努力の仕方を間違えている」という事です。

そもそも、才能がある人というのは、つまり「頭がいい人」という事でもあります。

また、才能がある人ほど自分の頭のよさを自覚していない事が多く、その無意識な頭のよさもまた、素晴らしい才能なのだと言えます。

反対に、才能がない人ほど要領や努力の仕方が悪い為、なかなか結果を出す事が出来ないのです。

どれほど努力家であったとしても、間違った方向に努力をしていれば、才能がある人になる事はほとんど難しいでしょう。

見返りを求める

才能がない人は、何かを達成させるにあたり、努力の見返りを求める事が非常に多いです。

その為、「こんなに頑張っているのに認められない」「もっと評価されるべきだ」という意識が強く、とにかく自分の努力が何かしらの評価に表れない事を嫌います。

しかし、才能がある人ほど見返りを求める事はなく、「自分が努力したいからする」「やりたい事をやりたいようにやっている」というスタンスなのです。

自分の行動に対し見返りばかりを求めていては、周囲から見ても滑稽である上、なかなか思うように結果を出す事は出来ないでしょう。

根気がない

才能がない人ほど、なぜか「早く結果を出したい」と焦っている事がほとんどです。

そして、そんな焦りゆえ、思うように結果が出ないと苛立ちを見せたり、途中で投げ出してしまう事も日常茶飯事です。

とは言っても、何事もおいても、それなりの結果を出す為には長い時間が必要です。

実際に、才能がある人ほど根気強く、何年もの時間をかけて努力している事がほとんどです。

「才能がある人」と聞くと、「生まれつき恵まれている人」と勘違いしがちですが、才能がある人ほど日頃から血のにじむような努力を重ねているのです。

その為、根気がなければないほど一つの事を極める事が出来ず、何をやっても才能を開花させる事は出来ません。

他人をやっかむ

何かで結果を出したいと考えた時、そこに現れるのは「大勢のライバル」です。

何事においても、優れた実力を持つ人は世界中に溢れるほど存在する為、嫌でもライバルの存在は目についてしまうものです。

しかし、そんなライバルを目の前にした時、「やっかむ」のか「素直に尊敬する」のか、そのどちらの行動を取るかで大きく明暗が分かれます。

そして、才能がない人ほどやりがちなのが、まさに「やっかむ」という事です。

ライバルを目の前にしては妬み、恨み、「どうしてあいつばかり…」と醜い感情を持ってしまうのです。

しかし、他人に気を取られてばかりいると、もちろん自分の事が手付かずになってしまい、結果など残す事も出来ません。

反対に、才能がある人ほど「人は人」という自由な価値観を持っている為、いい結果を残しやすいのです。

行動力がない

才能がある人の日頃の生活を観察してみると、「行動力がある」という大きな特徴に気付きます。

例えば、興味のある事に積極的に挑戦したり、目標の為に研究や投資を欠かさなかったりと、その姿は非常にバイタリティに溢れています。

しかし、そんな才能がある人の行動力とは正反対に、才能がない人は行動力がない事がほとんどです。

才能がない人ほど「お金がないから」「時間がないから」と言い訳をする事も日常茶飯事で、何かと理由をつけては行動を起こしません。

そんな性格をしていては、何かを成功させる事などほぼ不可能でしょう。

自慢が多い

才能がない人ほど、何かと自分の事を自慢する傾向にあります。

それは「自分を認めてほしい」「褒めてほしい」という承認欲求から来る言動であり、時には大げさな嘘をついたり、むやみやたらと自分を大きく見せようとします。

また、才能がない人にありがちなのが「人脈自慢」や「友達自慢」です。

本人には一切の実力がないにも関わらず、まるで自分の功績であるかのように「◯◯さんと繋がっている」「知り合いに大手企業の社長がいる」などと自慢し、周囲からの羨望の目を待っているのです。

しかし、周囲からすれば小物感しか感じられず、「才能がないのも頷ける」と感じてしまいます。

反対に、才能がある人ほど謙虚な性格である事が多く、自慢をする事はほとんどないのです。

目的の為に汚い手を使う

最後は、「目的の為に汚い手を使う」という事です。

才能がない人は、その様々な性格の難ゆえ、なかなか結果を出す事が出来ません。

そして、その結果どうするのかと言うと、「どんな手を使ってでも目的を達成させる」という行動に出るのです。

例えば、大金を使って八百長をしたり、女性であれば女の武器を使ったりと、とにかく手段を選ばない事が特徴です。

そもそも、才能がない人ほどコツコツと努力を重ねる事が出来ない為、才能がある人のように真面目に物事に取り組む事が出来ないのです。

その為、時には汚い手段によって才能がある人を蹴落とす事もあり、周囲からすれば目障りな存在でしかありません。