年上の彼氏をかわいいと思う瞬間は?

年上の彼氏をかわいいと思う瞬間は?

「かわいい彼氏」と聞くと、一見「年下」を思い浮かべますよね。

しかし、年上の彼氏が居る女性でも、彼氏のことを「かわいい」と思う瞬間は多々あります。

また、年上の彼氏が見せるかわいさだからこそ、より母性本能をキュンとくすぐられるものです。

では、そんな「年上の彼氏をかわいいと思う瞬間」とは、一体どのような瞬間なのでしょうか。

年上の彼氏をかわいいと思う瞬間

甘えてくる瞬間

「年上の彼氏」と聞くと、何となく「しっかりしてそう」「リードしてくれそう」「頼りになる」というイメージを持ちますよね。

だからこそ、「付き合うなら年上で大人な男性が良い」という女性も多いでしょう。

しかし、そんな頼りがいのある年上の彼氏だからこそ、時たま自分に甘えてくると、「かわいすぎる!」と母性本能をくすぐられます。

普段のしっかりした姿とのギャップがあるからこそ、甘えてくる姿にかわいさを感じてしまうのでしょう。

恥ずかしがっている瞬間

年上の男性には落ち着きがあり、何となくいつでも余裕があるイメージですよね。

その為、年上の彼氏と一緒に居ると何かとリードをしてくれたり、甘えさせてくれたりする事も多いものです。

しかし、そうして自分の方が彼氏に頼る形でお付き合いをしていると、「彼氏に余裕がありすぎてムカつく」と感じてしまう事もあります。

そんな時ほど彼氏をかわいいと感じるのは、「彼氏が恥ずかしがっている時」です。

普段は余裕を見せている彼氏だからこそ、時たま見せる恥ずかしそうな表情には、どんな女性でもドキドキしてしまいます。

たまに天然な瞬間

どんな時でも様々な事を教えてくれる年上の彼氏と一緒に居ると、何となく自分も成長出来る気がしますよね。

特に、頭が良く博識な彼氏を持つと、知らなかった事を教えてくれたり、勉強や仕事を教えてくれたりもする為、非常に頼りになる存在です。

しかし、どんなに頭の良い男性でも、中には「性格は天然」という意外性のあるタイプも存在します。

彼氏がこのタイプの男性である場合、ふとした瞬間に見せる天然な行動が可笑しくも愛おしく感じ、普段のギャップとも相まって「かわいい」と感じるのです。

「博識なのに天然」という大きなギャップがあるからこそ、よりかわいさを感じてしまうのでしょう。

寝顔に癒された瞬間

年上の彼氏を持つ女性が「彼氏は頼りになる」「甘えさせてくれる」と感じているように、彼氏は彼氏で「彼女を守らなくちゃ」「リードしてあげなくちゃ」と感じています。

その為、普段から「俺の方が年上だからしっかりしなくちゃ」と気合いを入れていたり、張り切ってデートの計画を立てたりと、実は彼らは彼らなりの努力をしています。

しかし、そうして常に肩に力が入っている彼らでも、唯一素の姿になるのが「寝ている時」です。

その寝顔がかわいければかわいいほど、女性は「癒される」「かわいい」と感じ、その気の抜けた表情に心が満たされるのです。

子どもっぽい所を見た瞬間

「男性はいくつになっても子どもっぽさが共存している」と言われているように、どんな男性にもどこかしらに子どもっぽさがあるものです。

それは「一緒にゲームをしているとムキになる」「子どものようなワガママをい言う」など様々ですが、そうしてふとした瞬間に子どもっぽさが見え隠れするからこそ、女性は「かわいいなあ」と感じます。

常に子どもっぽい彼氏にはほとほと疲れ切ってしまいますが、普段はしっかり者の年上の彼氏が見せる子どもっぽさだからこそ、「鬱陶しい」ではなく「かわいい」と感じるのでしょう。

笑顔が眩しい瞬間

一言に「年上の彼氏」と言っても、その男性がどんな人柄をしているかは人それぞれです。

しかし、中でも「かわいい)と感じやすいのは、「笑顔をよく見せる男性」「笑顔が眩しい男性」です。

やはり、男性だけでなく女性にも言える事ですが、笑顔はその人の魅力を何倍にも引き出し、人の目を惹きつけてしまうものです。

だからこそ、いつもニコニコと機嫌が良い彼氏や、ふとした時に見せる笑顔が眩しすぎる彼氏を持つと、「かわいい」「癒される」と感じるのです。

そして、それが年上の男性だからこそ、女性は「頼りになる彼氏だけど、笑顔は無邪気でかわいい」「いつもニコニコしていて、子どもみたい」と母性本能をくすぐられてしまうのでしょう。

美味しそうにご飯を食べている瞬間

年上の彼氏をかわいいと思う瞬間には、「美味しそうにご飯を食べている瞬間」もあります。

やはり、無表情で食事をするよりも、嬉しそうに食事をする男性の方が魅力的に見えてしまうのは当然の事ですよね。

また、「美味しいものが好き」「食べる事が好き」という男性ほど、食事という行為を心から楽しんでいる為、見ているこちらまで幸せを感じるものです。

そんな彼氏の姿を目の前にするからこそ、「この人ってかわいいなあ」「一緒に居ると幸せだなあ」と感じ、「年上じゃないみたい」という安心感を抱くのです。