バツイチ子持ちの彼氏との上手な付き合い方は?

バツイチ子持ちの彼氏との上手な付き合い方は?

人を好きになる気持ちは理屈では表現出来ない為、時には「好きになった人がバツイチ子持ちだった」という事もあるでしょう。

しかし、もちろんバツイチ子持ちの彼氏との交際は、決して順風満帆ではありません。

彼にそれなりの事情がある以上、あなたがどれほど彼と上手く付き合っていけるかが明暗を大きく分けるのです。

そこで今回は、バツイチ子持ちの彼氏との上手な付き合い方を7つ紹介します。

バツイチ子持ちの彼氏との上手な付き合い方

子どもの事を第一に考える

バツイチ子持ちの彼氏と交際をする上で、最もデリケートなのは彼の子どもの存在です。

特に、子どもの年齢が思春期真っ只中であったり、多感な時期である場合ほど要注意が必要です。

やはり、彼はあなたから見れば大好きな彼氏でも、子どもにとってはたった一人の父親なのです。

その為、あなたという存在が現れた事により、場合によっては「父親を取られた」と感じさせてしまう事もあるでしょう。

大切な彼の子どもの心を傷付けてしまわない為にも、彼との交際の上では子どもの事を第一に考えた行動を取りましょう。

執拗に「会いたい」と言わない

彼の子どもの事を第一に優先する上で大切なのは、「彼に執拗に会いたいと言わない」という事です。

それは、子どもから父親を奪ってしまうだけでなく、そもそも彼はシングルファザーとして目まぐるしい日々を送っている為です。

彼は独身のあなたにとっては想像も出来ないほど忙しい生活を過ごし、計り知れないほどのストレスを溜めている事も少なくありません。

そして、いくらあなたという彼女を作ったからといって、彼にとって最も大切なものは家庭です。

その事を理解せずに彼を振り回してしまうと、「何で理解してくれないの?」と不満を抱かせてしまうでしょう。

結婚を急かさない

普通の女性であれば、彼氏が出来た時に考える事は、やはり「結婚」ですよね。

特に、結婚適齢期であったりそれなりの年齢に差し掛かっているほど、結婚はデリケートな問題でしょう。

しかし、その感情はバツイチ子持ちの彼氏には通用しない事の方が多いです。

やはり、バツイチかつ子持ちという事情がある以上、どうしても簡単には再婚出来ないのが現実なのです。

その為、彼に「結婚の事ちゃんと考えてる?」「私との将来の事どう思ってる?」と急かす事は厳禁です。

バツイチ子持ちである事に口出しをしない

何かと深い事情を抱える彼と交際をする以上、時には喧嘩になったり、ぶつかり合ったりする事もあるでしょう。

そして、そんな時に女性側が発言しがちなのが、「私はこんなに我慢している」「あなたの事情だって理解しているのに」という文句です。

確かに、普段から複雑な事情を持つ彼を賢明にサポートしているのはあなたですが、それに対して見返りを求めてはいけません。

日頃からあまりにも無理をしすぎていると、彼と揉め事があった際、うっかり彼の事情に対して文句や愚痴が漏れてしまいます。

しかし、そんな発言をしてしまっては「事情があるのを分かって付き合ったんだろ!」と彼の怒りを買ってしまう為、彼の事情に口出しをする事は厳禁です。

普通の幸せは望まない

バツイチかつ子持ちという彼の事情は、独身のあなたの人生にも大きな影響を与えます。

周囲の友人が次々と幸せな結婚を決めていく中、あなたは場合によっては婚期を逃してしまう可能性もあります。

やはり、彼に複雑な事情がある以上、普通の幸せを掴む事は決して簡単ではありません。

その為、「友人は普通に結婚していくのに、何で私は…」と卑屈になってしまう事もあるでしょう。

しかし、彼と交際する事を決めた以上、何かと障害が付きまとう事はしっかりと覚悟しておく必要があるのです。

深い事情を持つ彼に寄り添う人生を選ぶのであれば、「普通に彼氏を作って、普通に結婚して幸せになりたい」という望みは捨てておきましょう。

ワガママを言って困らせない

シングルファザーとして家事や子育てに勤しんでいる彼は、毎日その忙しさから心身が疲労している状態です。

さらには家庭を守る為に仕事にも打ち込んでいるともなれば、想像も出来ないほどのストレスが溜まっているでしょう。

そんな彼のストレスは独身の身からすれば想像を絶するものであり、いかにバツイチ子持ちという事情が大変なものであるかが分かります。

その為、ただでさえ疲れ切っている彼にワガママを言いすぎてしまうと、余計に彼の負担を増やしてしまいます。

だからこそ、必死で毎日を過ごしている彼に最も必要なのは、ワガママではなく癒しです。

彼にとって必要なものは何か、その為に自分が取るべき行動は何か、それを十分に理解する事が大切なのです。

前の奥さんの事を嗅ぎ回らない

彼がバツイチかつ子持ちである以上、どうしても脳裏に浮かんでしまうのは「前の奥さんの事」ですよね。

前の奥さんは一体どんな人だったのか、そしてどんな家庭を築いていたのか、どうして離婚をする事になったのか…そんな疑問を持ってしまう事は当然の事です。

また、前の奥さんとの間に子どもまで作っている以上、そこに確実な愛があった事は間違いありません。

だからこそ、そんな彼と子どもの事を見ていると、「私なんか釣り合わない」「前の奥さんと居る方が幸せだったんじゃないか」と落ち込んでしまう事もあるでしょう。

しかし、だからといって前の奥さんの事を嗅ぎ回ったり、執拗にデリケートな質問ばかりをぶつける事は厳禁です。

彼があなたとの「今」と「未来」を見据えてくれている以上、過去の事はむやみやたらに掘り返さない事が大切なのです。

その為にも、前の奥さんの事で気に病みすぎる事はやめましょう。