元彼のことが好きで会いたいときにどうするべきか?

元彼のことが好きで会いたいときにどうするべきか?

別れた元彼のことを今でも思い続けていると、どうしても「元彼に会いたいなあ」と感じることは日常茶飯事ですよね。

しかし、一度別れた関係である以上、もちろん簡単には元彼と会うことが出来なかったり、どこか一筋縄では行かないのが恋愛です。

とはいっても、「会いたい」という気持ちを止めることも難しい為、「どうすれば良いんだろう」と頭を抱えている女性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、そんな「元彼が好きで会いたいとき」にどうするべきか、その対処法を紹介します。

元彼のことが好きで会いたいときにどうするべきか

別れてすぐに会ってはいけない

元彼に未練がある場合、どうしても「もう一度やり直したい」「嫌わないでほしい」とすがってしまいますよね。

しかし、元彼から別れを告げられて破局に至った場合は、別れた後にも連絡を取り続けるのは鬼門なのです。

やはり、元彼はそれなりの理由があって別れ話を切り出してきている為、別れたそばから連絡をしてしまうと、元彼は「しつこい」と感じてしまいます。

その為、どうしても元彼に会いたいのであれば、別れてから最低でも数ヶ月以上空けてから行動に出た方が良いでしょう。

「会いたい」と自分から言いすぎない

「元彼と別れてしばらく経ったし、そろそろ復縁の為のアプローチをしたい」と決意したときは、「自分から会いたいと迫りすぎない」ということも重要です。

やはり、しつこく連絡をしたり、執拗に会うことを迫ってしまうと、元彼は「鬱陶しい」「もう別れたんだから放っておいてほしい」と苛立ちを感じてしまいます。

その為、元彼に会いたい気持ちがどれほど募っていても、自分からは会いたいと言いすぎないようにしましょう。

では、どのようにして会う口実を作れば良いのかというと、「元彼と友達の関係に戻り、そこから自然に会う流れを作る」ということです。

元彼を困らせてしまわないためにも、少しでも復縁のチャンスを高めるためにも、細心の注意を払った行動を取る事が大切です。

それなりの口実を作る

元彼が淡白な性格である場合、「別れた彼女と会う意味が分からない」という価値観を持っている可能性もあります。

その為、曖昧な口実で元彼と会おうとしてしまうと、元彼は「何で会わないといけないの?」と警戒することもあるでしょう。

だからこそ、元彼となるべく自然に会う約束を取り付けるためには、それなりの口実を作る必要があります。

例えば、「〇〇の集まりがあるんだけど、来ない?」など、元彼が「行っても良いかも」と感じるような口実を作ることがポイントです。

まずは二人きりでは会わない

「元彼に会いたい」と強く思ってしまう気持ちはやまやまですが、いきなり二人きりで会うことは避けた方がいい場合もあります。

特に、元彼が「別れた彼女は他人」というドライな価値観を持っている場合ほど、「何で二人で会わないといけないの?」「面倒臭い」と、ネガティブな感情を持たせてしまいます。

その為、元彼が警戒心が強い性格であったり、ドライな性格である場合は、まずは二人きりではなく共通の友達などを介して会う方が無難です。

また、そうして第三者を呼んでおくことで、二人きりで会うよりもその場の雰囲気が和やかになる為、「会話が途切れない」「気まずくならない」などのメリットもあります。

出来る限りの努力をしてから会う

努力の末にいざ元彼と会う約束を取り付けられた際は、元彼と会う日までに出来る限りの努力をしておくことも大切です。

女性であれば、誰しも「好きな人の前では可愛く痛い」という心理を持つものですが、元彼に会う場合はより一層可愛い自分で居る必要があるでしょう。

特に、「別れてからは初めて会う」「1年以上ぶりに会う」という場合ほど、元彼は綺麗になったあなたを目の前にし、「何で別れたんだろう」と強く後悔する可能性もあります。

このように少しでも元彼に好印象を与えられるよう、出来ることは全てやりつくしておくことも大切でしょう。

今彼が居るなら浮気はしない

いくら元彼に会いたいからといって、今彼が居るのであれば安易に会うことは出来ません。

この場合、今彼が居るにも関わらず元彼に会いに行ってしまうと、それは今彼からすれば大きな裏切りになってしまいます。

その為、どうしても元彼に会いたいのであれば、今彼とはきっぱりとケジメを付ける必要があるでしょう。

曖昧でどっち付かずな行動は多くの人を傷付けてしまう為、一時的な感情に任せて行動してしまうことはおすすめ出来ません。

元彼に今カノが居るなら会わない

自分に今彼が居なかったとしても、元彼にはすでに新しい彼女が居る可能性もあります。

この場合、「結婚しているわけではないし、会うぐらい良いでしょ?」という安易な気持ちで会ってしまうと、元彼の今カノから痛烈な反感を買ってしまいます。

それでなくとも、ただでさえ元彼に今カノが出来ている以上、元彼からすれば「元カノのことなんて考える暇もない」というのが現実なのです。

その為、元彼がすでに新しい恋愛に踏み出しているのであれば、会いたい気持ちはグッと堪える必要があるでしょう。