女性が冷める男の行動は?

女性が冷める男の行動は?

気になる男性がいたら、彼のことをもっと知りたくなって当然です。

でも、最初の印象が良いほど、悪い面が見えたら気持ちが冷めるのも早いです。

女性が冷めるポイントは、人として尊敬できないことが多いです。

自分が意識していない時も誰かに見られているつもりで、大人としてしっかりしたいですね。

女性が冷める男の行動

人によって冷たい態度

好きな人や尊敬している人には、明るく気持ちよく接することは簡単です。

嫌いな人がいてもいいですが、それを態度に表さないのが大人です。

なぜなら、そんな態度をされたら相手が傷つくことさえ思いやりを持てない証拠だからです。

裏の顔があるのだと感じられます。

自分の好き嫌いがあっても、自分より上の立場の人には不快感を露わにできません。

絶対反論してこない人や、自分より下に感じている人に、思いっきり高圧的な態度を取ることがあるでしょう。

そんな面を男性に見てしまったら、ちょっと良いなと感じていたとしても、気持ちが冷めます。

恋愛感情を感じていなかった相手なら、イヤだなと思うようになるかもしれません。

悪口を言う

人と会っている時はニコニコしていても、その人と離れると悪口を言い出す男性もいます。

相手によって態度を変える人もそうですが、いつもと違う顔を見せる男性は怖いです。

そんな人と仲良くしても、離れた途端に悪口を言われるかもしれないと思うと、一緒にいたいと感じる人はいませんね。

本人は自分は毒舌キャラだから、と開き直るかもしれません。

でも、悪口を言う人は面白がられても、好きと思われている訳ではありません。

会ったら、悪いところを探されるような気がするので、緊張感もありますし、本当に心を開ける相手ではないです。

ポイ捨て

自分が吸ったタバコの吸い殻や、中身を飲み終えた缶をポイ捨てする人がいます。

一緒にいる人が注意するタイミングを失うほど、平然と捨てます。

それを別の誰かが片づけなければいけないとか、環境に悪いなど、何も考えていないのでしょう。

自分が持って帰るのも、それほど手間がかかることではないと思います。

それさえ面倒だったり、自分のことしか考えていないのがわかるようです。

注意した時に、屁理屈を言われたり、不機嫌になられると怖いなと思って、苦々しく思いながら、何も言わない人が多いでしょう。

今まで注意されてこなかったから、そんな男性は増長しているのでしょう。

ケチ

ケチな男性には、冷めるという女性が多いでしょう。

結果的に同じでも、言い方や態度で相手に冷めることがありますね。

例えば、食事をして割り勘にしても、二人で出し合う前に、金額を要求してくる男性は懐が小さい感じがします。

自分が損をするのがイヤだと言っているように感じられます。

ケチな男性は、金銭面だけではなくて、行動してエネルギーを損することも避けようとします。

一緒にいる女性のことを守ろうとする態度もなく、包容力が感じられません。

友達付き合いも気持ちよくできないので、人間的に魅力が感じられません。

約束を破る

せっかくした約束を、軽い気持ちで破る男性にも気持ちが冷めます。

相手や周りの都合を全く考えていなくて、人を振り回すことになります。

自分の気が乗らなくなったからと言って、約束をすぐキャンセルする相手は信用できません。

その都度、もっともらしい理由をつけて断るのかもしれませんが、相手はもうそれを信じていないでしょう。

何も言わずに約束をすっぽかすなら、さらに悪いです。

信じられない男性とは、友達としてのお付き合いも続けたくなくなりますね。

悪気なく約束を破ることがよくあるなら、要注意です。

不衛生

歯を磨いたり、シャワーに入るのは面倒なことでしょうか?

身綺麗にしていても、仲良くなったら不潔、不衛生だったなら、彼には冷めてしまいますよね。

自分の外見さえ整えられないという男性は、ルーズに感じてしまいますね。

その理由を聞いても、きょとんとしている男性は、いろいろなことに無頓着なのかもしれません。

もし親しくなって、恋人としてお付き合いするようになったら、彼の衛生面まで面倒を見てあげないといけなくなります。

そんな男性は、考えるだけでも面倒ですね。

ただ、不衛生なところがあるなら、一緒に過ごしているうちに、徐々に素の彼の姿が見えてくるはずなので、見逃さないようにしましょう。

金遣いが荒い

男性がケチなのもそうですが、金遣いが荒いのも冷めます。

ケチな彼は、倹約して欲しいものがあるのではないでしょう。

損をしたくないから、漠然とお金を守っています。

金遣いが荒い彼は、欲しくなったものにすぐ手を出します。

どちらも、自分をきちんとコントロールしていない男性です。

金遣いが荒い彼は、特に欲しいものがありません。

手に入れたとしても、すぐに興味が失われてしまいます。

モノやお金を大切にしない人間は、他の人のことも大切にできません。

欲しいものを手に入れる割に、幸せそうな顔もしていないでしょう。