好きな人からのLINEで返信に困るときの対処法

好きな人からのLINEで返信に困るときの対処法

好きな人からのLINEの返信に困った経験をしたことがある人はたくさんあるでしょう。

しかし、残念ながらそのほとんどの人が適切な対処方を知りません。

ちゃんと対処すればあなたも困ることはありませんし!相手も察してそのようなLINEを送ってこなくなるはずです。

そこで今回は、好きな人からのLINEで返信に困った時の対処法についてご紹介します。

好きな人からのLINEで返信に困ったときの対処法

数分空けてから話題を変える

返信をせずに数分置きましょう。

頭をリフレッシュしたら、話題を変えてみましょう。

無理に答えなくてもいいです。

既読がついた瞬間に相手も読んでいることがわかるので、ワザと返信をせずにいると相手も困っているのに気づくはずです。

話題を変えて返信してもわかってくれるでしょう。

直接「返信に困る」と伝える

ストレートに「返信が困る」と言ってみるのもいいでしょう。

ちょっと調子に乗っていた相手が急に真剣モードになります。

好きな人だからと言って何でもかんでも許してしまっていると、どんどんエスカレートしていくのは間違いありません。

苦しくなるのはあなたです。

だからこそ、ここは触れられたくないポイントだということを明確にするために、時にははっきりと伝えるべきでしょう。

きっと相手も調子に乗りすぎたと反省するはずですし、次回から気をつけるようになるはずです。

そうするとさらにより関係になれるので、あまりにも行きすぎた部分があったら冗談っぽくではなく、伝えてみてください。

無難な返事をする

好きな人からの内容で返事に困った時は、同意できる内容であれば、そうだよね、わかるよなどと無難な感じで返すのもいいでしょう。

人は自分の言った事を肯定されるのは嫌な気持ちにはならないものです。

そして、逆にあなたならどう?と質問返しするのも良い方法です。

そうする事によって、質問の答えが返ってきて続きやすくなります。

その後はコンビニなどで見つけた美味しい食べ物の話や話題のテレビの話しなどに話題を変えて会話を広げていきましょう。

スタンプだけで返信する

そんな時は、LINEだからこそ使えるLINEスタンプを送ってみるのも一つの方法です。

相手に反応してあげたいと思うのに、文章だとなかなかうまく表現できないその想いも、スタンプであればうまく表現できるはず。

LINEのスタンプには無料でも面白いもの、可愛いものがたくさんあるので、相手が興味を引きそうなスタンプを選んで、送ってみてください。

話題も変えることができますし、相手の興味があるスタンプだと盛り上がりやすくもなります。

また、よくわからないおふざけスタンプを送ってみるのもいいかもしれませんね。

そこで笑いが生まれたりすれば、返信に困ると話題をうまく流すことができます。

次の日に返信する

次の日に返信するのもかなり効果的です。

一晩時間を置くことで違う観点から良い返信が思いつくかも知れません。

早く返信しなきゃと焦るあまり余計に何も思い付かなくなってしまう事がよくあります。

今までラリーが続いていたのに、急に返信がなくなったとしたら、相手もある程度気づくはずです。

また、あなたに対して好意を持っているのであれば、冗談だった、気にしないで、などのフォローする言葉が来る可能性も高いです。

このように一晩置くだけで、相手が理解のある方なら察してくれることが圧倒的に多いでしょう。

とにかく自分を追い込まずに無理をしないことが大切です。

好きな人からのLINEで返信に困るときの対処法のまとめ

好きな人からのLINEで困ってもしっかりとした対処法を理解しておけば何も怖くありません。

基本的なパターンは3つぐらいに分けられるので、状況に応じて使い分けましょう。

一つは、時間を置くパターン。

時間を置くことで、適した返信が思いつくかもしれませんし、相手からフォローするメッセージが届くかもしれません。

焦って返信することでさらに空気がおかしくなってしまうので、時間を置くことはかなりおススメです。

次にスタンプだけなどで、遠回しに話題をそらしたいと意思表示をするパターンです。

これも手軽にできるので、使える時は存分に使いましょう。

そして最後の、はっきり伝えるパターンです。

これはなかなか勇気がいります。

嫌われることを恐れて、ストレートに伝えることができない人が大半でしょう。

しかし、相手には伝えないとわからないですし、悪気がないメッセージほど残酷なものです。

そこであなただけが嫌な気持ちになって関係がギクシャクしてしまうのも変な話ですよね。

だからこそ思い切って伝えることで、さらにより良い関係を目指すというわけです。

これらのパターンさえ覚えておけば、返信に困ったとしても焦らずに対処することができるでしょう。