仕事人間な彼氏の心理は?

仕事人間な彼氏の心理は?

仕事人間な彼氏を持つと、彼氏のあまりの仕事への熱意に「私よりも仕事が好きなの?」と疑問に感じる事もありますよね。

また、そんな彼氏の「時には恋愛よりも仕事を優先する」という姿勢に対しては、心底ウンザリしてしまう時もあるでしょう。

その為、仕事人間な彼氏を持ってしまうと、何となく「私の事なんてどうでも良いのかな?」と、モヤモヤしながら日々を過ごす羽目となってしまいます。

では、そんな「仕事人間な彼氏」には、一体どのような心理があるのでしょうか。

彼らの心理を理解する事が出来れば、「それなら仕方ないよね」と納得出来るかもしれません。

仕事人間な彼氏の心理

仕事も彼女も大切

仕事ばかりを優先させる彼氏には、つい「どうせ私の事なんてどうでも良いんでしょ!」と感じてしまいますが、ほとんどの場合はきちんと彼女の事を愛しています。

しかし、まだまだ男性が中心となって働いている日本社会においては、男性と女性の働き方や責任の重さには大きな差があります。

その為、女性からすれば「仕事の為にそこまでする必要あるの?」と感じるような事でも、男性は社会で生き抜いていく為に必死に身を削っているのです。

いくら時代の変化により男女平等社会になりつつあるとはいえ、女性の想像以上に男性の心身の負担は大きいままという事を理解しましょう。

愛情表現が下手

「仕事ばかりに夢中で何を考えているか分からない」という彼氏の態度の裏側には、「愛情表現を上手く出来ない」という心理が隠れている場合もあります。

実は、そんなどこか古風で頭の固い男性は、現代にも一定数存在するのです。

このタイプの男性の場合、彼女の事を愛してはいるものの、どこか照れくささが拭えない為、それを誤魔化す為にあえて仕事に逃げているのです。

その為、彼女からしてみれば「仕事ばかりじゃん!」と感じるものの、彼氏にとっては「愛情表現が分からないから仕事に逃げておこう」と感じているのです。

このタイプの男性を彼氏に持ってしまうと、そんな回りくどい態度で振り回される事も多い為、なかなか手ごわいタイプであると言えます。

心の底では仕事が大事

いくら仕事人間な男性だからといって、決して人の心が無いわけではなく、「仕事も好きだけど、もちろん彼女の事も好き」という男性は多く存在しています。

しかし、そんな男性が大多数を占める中、残念ながら「本当の所は仕事の方が大事」という男性も少なからず存在しているのです。

このタイプの男性の場合、彼女に何かを責められた時、口では上手く言い訳をするものの、心の中では「面倒くさい」「仕事に集中していたい」と考えています。

その為、表面上では「仕事もお前も好きだよ」と言いつつも、実は「仕事の事には口出しするなよ!」とイライラしている事もあるのです。

複数の事を上手く両立出来ない

こちらは、「仕事も彼女も大切だけど、同時進行するのが苦手」というタイプの男性です。

このタイプの場合、「仕事は仕事、恋愛は恋愛、趣味は趣味」というように、一つの事に集中している時はそれ以外の事に目を当てる事が出来ません。

その為、頭が仕事モードの際は仕事以外の事を考える事が出来ず、彼女の事はどうしても後回しにしてしまうのです。

とはいっても、日常生活ではもちろん仕事をする時間の方が長い為、必然的に彼女に向き合う時間が少なくなってしまい、彼女から「この仕事人間が!」と言われてしまうのです。

彼女に文句を言われると疲れる

彼氏に連絡をしても返信が少なかったり、デートに誘っても「仕事が忙しい」と断られる事が続いたりすると、女性は「どれだけ仕事に夢中なの?」と苛立ちを覚えてしまいます。

しかし、男性は複数の事を同時進行出来なかったり、女性に比べて社会での責任が重い為、どうしても仕事中心の生活を送ってしまいます。

とはいっても、女性からすればそんな男性の事情は理解に苦しみ、時には「そんなに仕事が大事なら別れる!」などと彼氏を責めてしまう事もありますよね。

ところが、そんな彼女の言動が面倒に感じてしまう男性も多く、「理解出来ないなら別れても良い」とすら感じる場合もあるのです。

いくら彼氏が仕事人間だからと言って、むやみに責め立てる事はやめておきましょう。

「彼女なら許してくれる」と高をくくっている

こちらは、「仕事もそこそこに彼女を構ってあげないといけない事は分かってはいるが、ついつい仕事を優先させてしまう」という優柔不断なタイプです。

このタイプの男性の場合、そもそも心の底で彼女の事を「話せば許してくれるだろう」と高をくくっているのです。

そんな姿勢は、彼女からすれば「なめている」とも受け取れますが、男性はあくまでも彼女に「安心感」を抱いているのです。

とはいっても、そんな姿勢で交際を続けられては、彼女の心労は溜まり続けるばかりです。

上層思考が強い

「彼女は彼女できちんと愛しているが、それと同じくらい仕事が好き」という男性は非常に多く存在します。

このタイプの男性の場合、そもそも仕事に強いやりがいを感じていたり、働く上での上層思考が非常に強いのです。

その為、彼らにとっては仕事は生きがいと言っても過言ではなく、仕事と彼女を比べる事など出来ません。

世間には「仕事なんて辞めたい」と口々に呟く人も多く存在する中で、このように積極的に仕事に向き合う男性は非常に貴重な存在です。

彼らのような男性を彼氏にすると、「仕事ばかりして構ってくれない」と不満に感じる事も頻繁にありますが、その真面目さや誠実さはしっかりと評価してあげる事が大切です。