30代で結婚できない女の共通点とは?当てはまったら危険!

30代で結婚できない女の共通点とは?当てはまったら危険!

昨今は晩婚化が進んでおり、初婚年齢も年々高齢化しています。

結婚願望のある人は、30代のうちに結婚したいという人が大半を閉めています。

しかし、結婚出来る人と出来ない人がいるのが現実です。

それでは30代で結婚出来ない女の共通点とはどんなものでしょうか。

30代で結婚できない女の共通点

理想が高すぎる

30代で結婚出来ない女の共通点として、理想が高すぎることがあげられます。

結婚相手に求める条件というのは人や時代によっても変化しますが、大きくは経済力、容姿、社会的地位などに分けられます。

もちろん、結婚というのは一生のことですから、こだわることも大切です。

しかし、あまり条件が厳しすぎたり、相手に細かい要求をしてしまったりと理想が高すぎると、なかなか相手が見つからなくなります。

結婚は夢や理想ではなく現実の出来事です。

相手への現実離れした高い理想を持ってしまうと、婚期をみすみす逃してしまうことに繋がります。

とは言え、中々自分では分かりにくいので、第三者に理想が高すぎないかチェックしてもらうのもおすすめです。

自分を客観視出来ていない

30代で結婚出来ない女の共通点として、自分を客観視出来ていないことがあげられます。

自分を客観視出来れば、自分の強みや欠点を理解してフォローすることも出来ます。

そうすれば、どのように行動すれば結婚しやすくなるかなども分かりやすくなるのです。

とは言え、自分のことを冷静に見ることはなかなか難しく、また勇気も要ります。

しかし、結婚は自分の希望だけで成立するものではなく、相手から自分を判断されるということです。

いったい自分がどのように見られているのかを考慮して行動しなければ、相手から選ばれることも難しくなってしまうのです。

仕事漬けになっている

結婚出来ない女の共通点として、仕事漬けになっていることがあげられます。

男女平等が叫ばれて久しいですが、仕事に関しては女性も睡眠時間を削り夜遅くまで働くなど、ハードな働き方をする人も少なくありません。

当然のように男性並の働き方をしている人も多くいるのです。

もちろん、労働基準法や働き方改革などで理不尽な労働時間や制約の強制などは減らされてきています。

しかし、女性も男性も仕事で結果を残さなければ評価は得られません。

やりがいや成果、評価のために仕事漬けになっている女性も多いのです。

そのため、休日は疲れはてて休息に充てざるを得なくなります。

そうなると恋人を作ったり、プライベートを充実させて結婚に繋がるようなことが出来なくなります。

これは特に都会で顕著な傾向があります。

結果として、婚期を逃してしまうことになるのです。

出会いの場にいかない

30代で結婚出来ない女の共通点として、出会いの場にいかないことがあげられます。

年齢に関係なく異性との出会いの少ない環境に身をおいていると、なかなか恋人も出来ない傾向があります。

30代で結婚出来ない人の中には、出会いがないために婚期を逃してしまうという人も多いのです。

もし出会いが少ないと感じる人や、なかなか恋人が出来ないと感じている場合は、積極的に出会いの場に赴く必要があります。

婚活パーティーや趣味での集まりなどに参加して、積極的に異性との出会いの場に訪れるなど、自らチャンスを増やす努力が必要です。

経済力が無い

30代で結婚出来ない女の共通点として、経済力が無いことがあげられます。

男性を立てる文化がある日本では、女性に経済力を求める男性は多くはないというイメージがあります。

しかし昨今の不景気や意識の変化により、女性に経済力を求める男性も増えているのです。

十数年前までは、適齢期に花嫁修行を兼ねて、仕事をせずに家事手伝いなどをする女性も少なくありませんでした。

しかし、景気や雇用の不安定化で、結婚を考えたときに家事だけでなく仕事をしてほしいという男性が増えてきました。

また、かつては自分よりも収入が多い女性は敬遠されました。

しかし、時代にともない男性の意識も変化し、収入が多い女性との結婚を希望する人も多くいます。

そのため、仕事をしていなかったり、収入が低い女性そのものを避けるケースが増加しているのです。

結婚を希望する30代の女性で経済力がないという場合は、結婚を遠ざけてしまう原因になっていることがあるのです。

実家暮らし

30代で結婚出来ない女の共通点として、実家暮らしということがあげられます。

実家暮らしは自立を妨げたり、居心地が良いために恋愛や結婚から遠ざかってしまうこともあります。

もちろん、これは人によっても違うため、実家暮らしが悪いことという訳ではありません。

ただし、真面目な人や親思いの人ほど実家での毎日の家事を担ったり、家族とのコミニュケーションもおろそかにはしないものです。

そのようなタイプは親に気を使ってしまい、家に帰らなかったり休日にデートで家を空けることを避けてしまいます。

しかし、男女付き合いを経て結婚するという場合は、相手のペースに合わせることも重要です。

実家で生活すると、親への甘え出て自立が遅れたり、真面目過ぎると自分のペースを保つことが難しくなります。

そうなると恋人となかなか距離が縮まらなかったり、そもそも恋人が出来なかったりと、結婚出来ない原因になってしまいます。

体力的に頼りない

30代で結婚出来ない女の共通点として、体力的に頼りないことがあげられます。

男性は特に体力が求められますが、結婚相手としては女性も健康で体力がある方が魅力的に見えるものです。

妊娠、出産後は仕事にも復帰し、子育てや家事を一任するとすれば、男性よりも明らかに負担が大きいのが女性の現状です。

もちろん、パートナーが家事や子育てを負担してくれるという家庭もありますから、一概には言えません。

しかし、それでも家事や仕事、妊娠や出産をするにはやはり相当な体力が必要です。

男性から見れば、もし健康でなかったり極端に体力がなければ、そういった負担に耐えられるかどうか心配になってしまいます。

もちろん相手のことを本当に思っていれば家事を分担したり支えてくれる男性も多いでしょう。

しかし、出会いの時点で体力的な懸念で結婚相手として対象から外されてしまえば、その先はありません。

30代で結婚出来ないという人は、体力的に頼りないために婚期を逃してしまうこともあるのです。