結婚に踏み切れないときの心理と対処法とは?失敗しないために焦らず決断しよう!

結婚に踏み切れないときの心理と対処法とは?失敗しないために焦らず決断しよう!

今も昔も結婚は大変喜ばしいことであり、人生の節目になる出来事です。

しかし昨今は相手の有無に関わらず結婚を躊躇ったり、踏み切れないとい悩む人が増えています。

結婚に踏み切れないことに悩む心理と対処法とはどのようなものなのでしょうか。

結婚に踏み切れない悩みを持つ心理

新しい環境への不安

結婚に踏み切れない悩みを持つ心理として、新しい環境への不安があげられます。

結婚すると習慣や経済的な環境、人によっては仕事、女性は出産で訪れる体調の変化と生活が一変します。

そのため、もし今の生活から離れたくない場合や、現状でも余裕がないという場合は特に結婚に対して不安になってしまいます。

しかし、実際に結婚してみなければ本当のことは分からないものです。

新しい環境がどんなものになるか予測しておくことは、とても大切なことではあります。

しかし、いたずらに自分の不安をあおると結婚に踏み切れなくなってしまいます。

経済的な問題

結婚に踏み切れない悩みを持つ心理として、経済的な問題があげられます。

結婚というのは人生で最も幸せで祝うべきことと言えますが、単なる出来事ではなくその後の生活がかかっています。

もちろん共働きなら自分だけの生活と比べると、二人での方が収入が増える場合もあります。

しかし、出産したりお互いの実家などに対して出費が発生する場合もあります。

結婚というのは自分の家族の生活を守る責任が生まれたり、親族が増えれば介護などを含めてお金がかかるようになるものです。

また、パートナーが金銭トラブルを抱えているというケースもあります。

不景気が30年近く続く現代においては、自分の生活だけでも大変です。

そのため、パートナーのことを考えた時に不安になってしまう人も少なくありません。

このような経済的な問題のせいで、結婚に踏み切れずに悩んでしまうのです。

パートナーへの不満や心配

結婚に踏み切れない悩みを持つ心理として、パートナーへの不満や心配があげられます。

当たり前ですが、結婚は一人で出来るものではありません。

二人で共に生きていくということは、お互いにサポートしあう必要があるということです。

それはとても心強いことでもあります。

しかし相手に不満を抱えていたり心配事があれば、お互いに支え合うというのは難しくなります。

そうなると、一人で大きな負担を抱えることになります。

このように、結婚前の段階で相手に対して不満や心配があると、本当に結婚しても大丈夫なのかと心細く感じて踏み切れなくなってしまうのです。

将来への漠然とした不安

結婚に踏み切れない悩みを持つ心理として、将来への漠然とした不安があげられます。

本来、結婚は愛する人との未来を紡ぎ、出産や子育てなどを含め様々な希望があります。

しかし、独身時代のような自由はなくなる上に、希望のぶんだけ様々な困難も生じるものです。

そのため将来について漠然と不安に思ったり、心配したりすることは誰にでも起こり得ます。

しかし将来を予測したり何となく想像することは出来ても、本当にどうなるかは誰にも分からないのです。

必要以上に心配してしまい将来への不安が強くなると、結婚に希望を持てなくなります。

その結果、なかなか結婚に踏み切れなくなってしまうのです。

体力的な不安

結婚に踏み切れない悩みをもつ心理として、体力的な不安があげられます。

結婚はお金がかかるだけではなく、出産や子育て、仕事や家事などの負担が増えます。

また、初婚年齢も高まっており、年齢的にも体力面が心配になる場合もあります。

そのため、体力的に不安だという人は、結婚することを躊躇うことがあります。

特に、持病や体質の問題であまり無理がきかない人などは、不安を感じてなかなか結婚に踏み切れないという人も多いのです。

さらに、パートナーの実家で同居したり農業などの家業を手伝うとすれば、結婚後に負担が大幅に増えてしまいます。

結婚には様々な不安がある中で、こういった体力的な心配が加わることで、結婚に踏み切れないと悩んでしまうのです。

生活への不満

結婚に踏み切れない悩みをもつ心理として、生活への不満があげられます。

結婚は幸せなことでもありますが、独身時代のように自分のことだけをしていればいいという訳ではありません。

結婚すれば相手のことや家族に対して、様々な責任や制約が増えるものです。

自分の時間や自由、お金も自分の好きには出来なくなります。

そうなると、誰でも多少は生活に不満を持ったりストレスを感じます。

結婚前の段階で生活に不満がある場合、結婚後には更なる不満をもつことになるのは明らかです。

そうなると、なかなか結婚に踏み切れないと悩んでしまうことになります。

責任への重圧

結婚に踏み切れない悩身をもつ心理として、責任への重圧があげられます。

結婚すると大人としても、パートナーとしても、様々な責任が発生するものです。

もちろん、果たすべき責任を負うのは当然のことではあります。

しかし結婚する前にあまり深刻に捉えすぎて、結婚に尻込みしてしまう場合があります。

結婚はパートナーとの契約ということでもありますが、人間はロボットのように何時でもすべてを完璧にこなすことは出来ません。

ましてや、未来のことは誰も分からないのですから、結婚前から責任の重圧を感じる必要はないはずです。

しかし、真面目で責任感が強い人ほど深刻になりやすい傾向があります。

もちろん責任を負う覚悟は必要であり、無責任になることは決して良いことではありません。

しかし必要以上に責任の重圧を感じすぎると、結婚に踏み切れないと悩んでしまうことになります。

結婚に踏み切れないときの対処法

結婚は人生の節目にもなる大切な出来事です。

結婚は祝うべき幸せな事ではありますが、責任や負担が増すため、尻込みしてしまうという人も少なくありません。

また、恋人はいるけれど結婚は躊躇ってしまうというケースも多々あります。

このように、結婚に踏み切れないときの対処法とは、どんなものがあげられるでしょうか。

適齢期を今一度考える

結婚に踏み切れないときの対処法として、適齢期を今一度考えることがあげられます。

結婚そのものは、年齢を満たせばいつでも出来ますが、出産や子育て、老後のことを考えるなら、やはり適齢期というものがあります。

もし一般的なライフプランを思い描くのであれば、適齢期に結婚することをしっかり考える必要があります。

もし今のパートナーといつまでも結婚出来ずに適齢期が過ぎてしまうと、妊娠や出産などのリミットがある事に関しては取り返しがつきません。

しっかり考えた上で、もし適齢期に結婚した方が良いという結論に至ったら、パートナーを説得したり、他の人と結婚するという選択肢も考慮する必要があります。

あれこれと考えて結婚に踏み切れないときは、適齢期について一度よく考えてみることが効果的なのです。

自分の将来を考える

結婚に踏み切れないときの対処法として、自分の将来を考えることがあげられます

結婚はパートナーと二人で決めることです。

しかし、相手の思いやペースを大切にするあまり、貴重な時間や結婚のタイミングを逃してしまうこともあるのです。

そのため、自分の将来についてもしっかりと考えることが大切なのです。

このままいたずらに時間を無駄にしてしまったら将来どんな影響が出るか考えてみましょう。

あまり結婚が遅れると、男女共に妊娠にまつわる能力が低下し、体力的に大変な思いをすることは明らかです。

反対に、様々な困難や不満を飲み込んで結婚に踏み切ったら、自分の将来にどんな影響があるかも考えてみましょう。

結婚には良いことも大変なこともどちらもあります。

そのため、自分が納得したり覚悟が出来るように、自分の将来についてしっかり考えておくことが大切です。

相手に合わせるだけではなく、自分の将来について良く考えることで、覚悟が出来たり結婚に踏み切るきっかけになります。

パートナーの将来を考える

結婚に踏み切れないときの対処法として、パートナーの将来を考えることがあげられます。

結婚はパートナーだけのことを考えるだけでも、自分のことだけを考えるだけでも上手くはいきません。

しかし、結婚に踏み切れないというのは、自分の覚悟のなさや不安といった精神的な要素も大きいものです。

もし自分の内面に結婚に踏み切れない原因があると感じた場合は、相手の将来のことを考えましょう。

このまま結婚に踏み切れない場合、相手の将来にどのような影響が生じるのか冷静に考えることで、自分を奮い立たせるきっかけになります。

その影響の重みがどんなものかを考えることで、結婚に踏み切る覚悟が出来ることもあるのです。

家庭を築いたときのことを考える

結婚に踏み切れないときの対処法として、家庭を築いたときのことを考えるというものがあげられます。

結婚は愛する人と未来を共にするだけでなく、家庭を築いていくということでもあります。

結婚生活は新婚生活や妊娠や出産、子育てや老いたときの生活までずっと続いていくのです。

もちろん、ライフプランは十人十色です。

しかし、流れに任せるだけでなく具体的に考えてみることで、自分の希望や責任を確認できたり、新たな発見をすることもあります。

家族構成などを含め、将来どのような選択をしてどのような家庭を築いていくかを考えてみることで、結婚に踏み切るきっかけにもなるのです。

結婚のメリットを考える

結婚に踏み切れないときの対処法として、結婚のメリットを考えることがあげられます。

メリットというとあまりにも打算的な響きがありますが、迷ってしまうときにはこれはとても効果的な方法なのです。

強い愛があれば結婚に踏み切れるというケースも多いのですが、不安になったり心細くなってしまうと躊躇ったり憂鬱な気持ちになってしまいます。

愛という精神面の充足のみにとらわれると、結婚という重大な契約を気分任せに結んでしまうことにもなります。

このようなときに、精神面だけで考慮するのではなく、具体的に結婚のメリットを考えることで、結婚について冷静に考えることが出来るようになるのです。

冷静に考えてメリットをはっきりさせることが出来れば、結婚に踏み切るきっかけにもなるのです。

新たなパートナーを探す

結婚に踏み切れないときの対処法として、新たなパートナーを探すということがあげられます。

結婚に踏み切れない理由が自分にあるという場合は対処のしようがありますが、相手に理由がある場合は難しいといえます。

特に、女性の場合は結婚のタイミングがパートナー次第になってしまうこともあります。

相手のタイミングに合わせるということも必要ですが、結婚まであまりにも長い時間待たされると妊娠や出産にも強く影響してしまいます。

特に、相手に結婚の意思がないという場合は、結婚だけではなく妊娠や出産のチャンスを失ってしまいかねないのです。

このように、もし相手に結婚に踏み切れない理由があるという場合は、新たなパートナーを探すという方法も大切になってきます。

もちろん、問題が解決される目処がたっている場合はこの限りではありません。

しかし、相手に結婚に踏み切れない理由がある場合は、見切りをつけて新たなパートナーを探すということも視野に入れましょう。

解決すべき問題にすぐ取りかかる

結婚に踏み切れないときの対処法として、解決すべき問題にすぐに取りかかることがあげられます。

結婚に踏み切れない理由は様々なものが考えられます。

原因や問題がはっきりしている場合、それらを放置してしまうと、いたずら不安と不満をあおるだけでなく、時間も無駄にしてしまいます。

もしお互いに結婚の意思があるのなら、解決すべき問題にすぐに取りかかりましょう。

問題解決のために動き出すと、お互いに強い意思や問題解決能力を養うことにも繋がります。

また、解決のために積極的にアプローチするということは、将来結婚生活で困難に見舞われたときのシミュレーションにもなります。

もし問題が解決されれば、お互いに頼りがいを感じて生活を共にしていく自信もつき、結婚に踏み切るきっかけにもなるのです。

そのため、結婚に踏み切れなくさせている問題があるという場合は、解決に向けてすぐに動き出しましょう。