結婚に踏み切れない男性の理由とは?男性の心理を理解しよう!

結婚に踏み切れない男性の理由とは?男性の心理を理解しよう!

お付き合いが長くなると、女性は必然的に結婚を意識しますよね。

しかし、彼に結婚の話をちらつかせても、「まだ急がなくても良いんじゃない?」と言ってはぐらかされたり、何となく結婚の話を避けられたり。

「彼が結婚に対してハッキリしてくれない!」という女性は、多いのではないでしょうか。

早く結婚したいと願う女性に対して、何となく結婚を遠回しにしがちな男性。

そんな「結婚に踏み切れない男性」の心理は一体どうなっているのでしょうか?

結婚に踏み切れない男性の理由

まだまだ自由の身で居たい

「自由な独身の生活をまだまだ楽しみたい。結婚して自由を奪われるのは嫌だ。」と思っているタイプです。

結婚をすると、男性は家庭を持ち、一家の大黒柱となります。

子どもが生まれた場合、生涯を懸けて家族を守らなければいけません。

家庭を持つ=家族を守るという大きな責任を背負うという事です。

自由な独身時代とは違い、給料を自分の為だけに使う事は出来ません。

また、好きな時間に好きな事をする事も難しくなります。

そんな「既婚者としての生活」に対し、どこか不便さや面倒臭さを感じ、結婚に踏み切る事が出来ないのです。

自分で稼いだお金を好きな事に自由に使え、誰にも文句を言われない。

そんな独身生活の快適さから抜け出す事が出来ず、彼女から持ち出される結婚の話をうやむやにしてしまいます。

結婚に魅力を感じていない

「子どもの頃に育った環境が複雑だった」「両親の仲が悪かった」等、何らかのきっかけで結婚に魅力を感じなくなったというタイプです。

このような男性は「結婚=必ずしも幸せな事ではない」という考えが根本にあります。

その為、自分の人生設計の中に、最初から結婚を組み込んでいません。

特に、子どもの頃に過ごした環境が複雑だったという場合、一般的な家庭の温かさというものを知りません。

家庭を持ったところで、メリットは無いと考えています。

そんな価値観を持ったまま成人してしまった場合、結婚に対して相当なマイナスイメージを持っている為、スムーズに結婚する事は非常に難しいです。

彼女の事を純粋に愛していても、結婚となるとどうしても現実的に考える事が出来ません。

このような男性に結婚をせかしてしまった場合、逆効果となり、別れの原因となってしまいます。

長い時間が掛かるかもしれませんが、じっくりと向き合う覚悟が必要です。

もっと良い人が居るかもしれないと思っている

人々にとって、結婚は人生における大きなターニングポイントです。

結婚相手は一生を共に過ごし、支え合っていくパートナーとなります。

そんな「人生を左右する」と言っても過言ではない結婚相手。

そこで、「失敗はしたくない」「より良い相手を見つけたい」と、相手を念入りに選んでいるのがこのタイプです。

より良い条件の女性とは、年齢であったり容姿であったり、はたまた職業や家事スキルであったりと、人によって多種多様です。

このようなタイプの男性は、現在お付き合いしている彼女を品定めしつつ、他の女性にもしっかり目を当てています。

もっと上が居るかも、もっと良い人が居るかもと、常に目を光らせているのです。

出来るだけ良い物を手に入れたいという、一種の「狩り」の習性です。

いずれにせよ、お付き合いをしている彼女に失礼すぎる行動である事には間違いありません。

結婚せず沢山の女性と遊びたい

女性が大好きで、沢山の女性と関係を持つ事をステータスにしているタイプです。

このタイプの男性は、彼女が居ても他に特別な女性が居るという事は珍しくありません。

また、その「他の女性」が一人とは限らず、複数人居るという場合もあります。

このような男性は女性関係にだらしなく、女性と遊ぶ事を快楽としている為、結婚はまず視野に入れていません。

しかし、心から好きだと思える女性が出来た際、あっさりと結婚を決めるのもこのタイプの男性です。

普段から女性関係にだらしなく、いつまで経っても結婚を決めてくれないという場合は、この先も結婚してくれないと考えた方が吉です。

自分の幸せの為に、思い切って別れを選択する覚悟も必要かもしれません。

彼女を結婚相手として見る事が出来ない

彼女に対し、「彼女としてはまあ良いけど、妻としての姿はイメージ出来ない」と考えているタイプです。

彼女に対し、お付き合いをする上では不自由は無いものの、結婚するとなると何かが違うと感じています。

その原因は人それぞれですが、理想の結婚相手のタイプに対して実際にお付き合いしている彼女のタイプに相違がある場合に、発生しやすい現象かもしれません。

例えば、理想の結婚相手が「家事が出来る人」であるにも関わらず、彼女が掃除や料理が苦手であったりする場合。

彼女としては許せるとしても、結婚後の生活を共にする相手としては考えられないのです。

彼女は好きだけど、結婚は違う!と、モヤモヤしているのかもしれません。

貯金が無い

彼女と結婚する気はあるものの、いかんせん貯金が無いというタイプです。

プロポーズの際の婚約指輪から始まり、結婚指輪、結婚式の為の費用、新居の為の費用。

結婚するとなると、とにかく莫大なお金が必要となります。

しかし、彼女に「お金が無いからまだ結婚は無理!」なんて事は、口が裂けても言えないのです。

このような男性は少しプライドが高い為、彼女にお金を払わせたり、お金に関して気を遣われる事を嫌がります。

彼女にはいつでも男らしい姿を見せたいと考えているが故、お金が無いとはさすがに言えるはずがありません。

その為、結婚に踏み切る事が出来ず、やんわり結婚を先延ばしにしながらお金を貯めているのです。

このような男性とお付き合いしている場合、結婚までの道のりは少し長いかもしれませんね。

遠回しに共同貯金を提案してみるのも、一つの手かもしれません。

母親に止められている

いつの時代にも存在する、所謂「マザコン」タイプです。

息子を愛してやまない母親にとっては、息子の結婚相手は目の敵。

息子には出来ればいつまでも結婚してほしくないと思う心理が、息子の人生を縛り付けています。

そして、そんな息子もまた、母親を愛している為、母親の言う事は忠実に守ります。

母親にとって、百歩譲って彼女の存在は認めても、さすがに結婚はなかなか許せないもの。

なかなか結婚に踏み切ってくれない彼は、実は裏の顔はマザコンかもしれません。

普段から頻繁に母親の話をしたり、やけに母親の存在が目立つ場合は要注意です。

母親離れが出来ていない男性との結婚は、茨の道であると言っても過言ではありません。

自分の将来の為にも、しっかりと見極めが必要です。