結婚したいのにできない男と女の特徴と結婚相手との出会い方とは?

結婚したいのにできない男と女の特徴と結婚相手との出会い方とは?

結婚したいと思っているのに結婚できない人は数え切れないほどにいます。

そして残念ながら、なぜ結婚できないのかその理由いまいち把握しきれていません。

これはかなり由々しき問題です。

なぜなら改善しようにも改善方法がわからず、その原因すらわかっていないからです。

そこで今回は男女別に結婚したいけどできない人の特徴や理由についてご紹介しますので、あなたに当てはまるものがあるかどうか確認し、もし図星なものがあればすぐに解消するようにしましょう。

そして結婚相手と出会うにはその出会い方も重要ですので、その方法ややるべきことについても触れていますので最後までご覧ください。

結婚したいのにできない男の特徴とは

自分のことを過大評価している

結婚したいのにできない男性は、自分のことを過大評価しています。

収入が少ない、背が低い、女性とのコミュニケーション能力が低い、すぐにカッとなる短気な性格、ギャンブルが好きなど、自分のマイナス面を棚に上げて、でも俺はハゲてない、女性に優しい、次男だから長男よりポイントが高いはずと、些細なことで自分のことを過大評価して、自分に合った高スペックの結婚相手を探そうとします。

世の中の女性が、何を求めているかを考えようとせずに、自分の悪い面を見ずに良い面だけを見ようとします。

そのため、自分のことをとても価値のある人間だと勘違いしてしまい、自分に合った女性が現れても「あの程度の女性では、自分とは釣り合わない」とせっかくの結婚チャンスを無駄にしてしまいます。

自分に合う女性は、とてもスペックの高い女性だと信じているのですか、もちろんそんな女性からすると、自分のことを過大評価している男性なんて眼中にありません。

そのため、何歳になっても「俺はそこそこの男なのに、なぜか結婚できない。世の中の女性はおかしい」と、女性に対して愚痴ばかり言う結婚できない男性になってしまうのです。

母親が過干渉

結婚したいのにできない男性には、過干渉な母親がいる可能性が高いです。

母親自体も早く息子に結婚してほしいと思ってはいますが、自分の息子の嫁に対して実現不可なはどの高いスペックを要求します。

また、過干渉な母親は、男性が成人していても同居を希望したり、身の回りの世話を完璧にこなそうとします。

掃除や洗濯、料理などの家事を男性本人にさせずに、「お嫁さんが来るまでは私がしてあげなくては」と間違った方向で張り切ってしまいます。

今の時代、家事能力がゼロの男性、しかも母親とずっと同居している男性は、女性にとってはなかなか結婚したいと思えない相手です。

その上、何をするにもいちいち母親の影が見えるとなると、例え男性本人が魅力的だったとしても、女性が結婚に躊躇してしまうのも当然です。

パッと見て、素敵な男性なのになかなか結婚できない場合、このように影響力が強く、過干渉な母親の姿が隠れている可能性が高いです。

神経質で完璧主義

結婚したいのにできない男性は、自分では普通と思っている毎日の行動が、とても神経質で完璧主義なことが多いです。

例えば、タオルは〇〇産の〇〇タオルじゃないと嫌だ、洗剤は〇〇、柔軟剤は〇〇、タオルは色事に洗顔用、体用、手拭き用で分けて、洗うのも別々にすること、こんな調子で家にある様々な物に決まりがあったりします。

タオルだけ、飲み物だけ、シャンプーだけなど、何か1つぐらい強いこだわりがある人は少なくありませんが、毎日の生活の中で複数のこだわりがある男性は、付き合っている時点で女性が合わせることに疲れてしまっって、その先の結婚生活まで思い浮かべることができずに破局してしまうのです。

一見とてもスペックが高くて、仕事もバリバリこなす男性だったとしても、仕事ぶりからも神経質で完璧主義なことがうかがえると、結婚相手どころか付き合いたいとも思えない女性は少なくありません。

「何をしても完璧で、非の打ち所がないのになぜか結婚できない」そんな男性の場合、このように完璧さゆえに女性から敬遠されているのです。

家事を苦だと思っていない

男性にとって結婚することで得られるメリットの一つに、身の回りのことをしてもらえる、という点があると思います。

食事の用意や洗濯、部屋の掃除など、結婚すれば大抵の場合は奥様がしてくれます。

ではそういったこと、所謂家事が好きであったり、苦にならない男性にとって、それはメリットではなくなることがあります。

食事をたまに自分で作りたいと思っても、結婚してしまえばキッチンは奥様の城です。

理解を得られない相手を選んでしまえば料理を作らせてくれないばかりか、キッチンに入ることすら許されないかもしれません。

そんなふうになるくらいならやりたい時に料理が作れる方がいいなぁと思ってしまいますよね。

洗濯にしてもそうです。
苦にならない人の中には自分なりのやり方を持っている人もいます。

自分でやりたいし、やれる。

自分の身の回りの事をやるのが苦にならない人は、結婚したいと口では言っても、特に不便もなく、下手をすればやりたいようにやれないかもしれないというリスクをどこかで考えてしまいます。

そのため結婚への最後の一歩を踏み出せずにチャンスを逃してしまったりするのです。

思いやりに欠けている

結婚というのは、ただお付き合いするのとは違い、生活が伴います。

他人同士の二人が一緒に生活する上で、思いやりは何よりも大切なことです。

困っている時にさり気なく手を貸してくれたり、声をかけてくれる。

何かしてあげた時に自然に『ありがとう』と口に出せる。

そういった行動を目の当たりにすると女性はこの人のために何かをしてあげたい、助けてあげたいと思います。

それは自然と一緒に人生を歩いていきたいという気持ちに繋がっていくのです。

では思いやりに欠ける行動が目に付く相手だとどうでしょうか?

どんなに男性が結婚したくて猛アタックをしても、ありがとうも言えない、協力的な姿勢も見えない、そんな人とは一緒に生きていきたいとは思えません。

お互いに思いやれないと感じる相手と結婚に踏み切れる、そんな奇特な女性はなかなか見つからないでしょう。

働くことに意欲的でない

愛があればお金なんて、という言葉もありますが、お金は必要です。

結婚をすれば二人の住むところが必要で、食べていかなければならず、更に子どもも生まれるかもしれません。

結婚生活を送る上でお金は不可欠なものとなります。

意欲的に働いているけど稼ぎが少ない、そんな人もいるでしょうが、この場合はそれこそ愛があれば乗り越えていける場合もあります。

お互いに協力し合って補っていけば結婚生活を送っていくことも可能でしょう。

しかし働く意欲自体がなかったならどうでしょう。

生活をしていくために家計を助けようと奥様も働いてくれたとします。

疲れて帰って来たら働こうともせずゴロゴロしている旦那さんがいる。

100年の愛も冷めますよね。

もし子どもがいたりしたらそんな父親の姿を見せたくもありません。

ストレスだらけの日々を送るハメになることは容易に想像出来ます。

わざわざそんな苦労する人生を選ぶ女性はいませんので、どんなに男性が望んでも付いてきてくれる女性は現れないでしょう。

結婚したいのにできない女の特徴とは

異性との出会いがない

すでに付き合っている男性がいる場合は別ですが、異性との出会いが少ないと、結婚をすることは難しいです。

特に女性や既婚者の男性が多い職場だと、出会いの機会がないため、相手を見つけることができません。

また、周りの友達が結婚し始めると合コンの誘いも減り、職場以外でも出会いは少なくなってしまいます。

そうなってしまうと出会いの場を作るのが面倒になり、結婚が遠ざかってしまいます。

出会いが少ない場合は、積極的に外へ出てみることから始めてみてはいかがでしょうか?

習い事を通して共通の趣味を持つ人と知り合えたり、立ち寄ったカフェで気になる異性がいるかもしれません。

今は街コン等のイベントを行っているところも多いので、参加してみるのもおすすめです。

交流の輪を広げることで、自分に合った人を見つけやすくなりますよ。

結婚への理想が高い

結婚するなら最後まで添い遂げられる人と一緒になりたいと思うのは当たり前のことです。

一生に一度のことと考えると、結婚相手の性格、外見、収入等が気になりますが、理想を求めすぎるとせっかくの出会いを逃がしてしまいます。

誰しも必ず欠点はあり、自分の理想が全て整った完ぺきな人間はいません。

結婚相手に求める条件として、一緒にいて落ち着ける人、安定した経済力、家事を手伝ってくれる等、何を一番大切にしたいか考えてみてください。

そうすることで、現実的に相手を見ることができます。

そして、自分に合った人を見つけたら、その人の良いところを探してください。

結婚してからの生活をよりリアルに想像することができ、新たな発見ができるかもしれません。

しっかりとその人を見つめることで、お互いの欠点を補える良いパートナーになるはずです。

仕事が充実している

昔は男は仕事、女は家事とそれぞれ役割分担がありましたが、今では女性もバリバリと働く時代です。

しかし、男性は自分よりも仕事ができる女性に対し、一歩引いてしまいがちになります。

特に女性の方が給料が良いと、男のプライドを傷つけられた気持ちになりやすいようです。

また、自立している女性に見えるため、結婚しなくても一人で生きていけるのではないかと思われ、男性はその女性に対し、結婚を意識しなくなってしまいます。

もちろん仕事ができる女性は素晴らしいです。

仕事の合間に家庭的な部分を見せてみてはいかがでしょうか?

休日に作った料理や家庭菜園について、友達の子どもと遊んだ等、いつもと違う一面を見せられると男性はドキッとするはずです。

結婚したら休日は家族で出かけたい等の理想の家族像の話をすると、一緒に家庭を持つことが楽しそうに感じ、その女性との結婚を意識することでしょう。

自己肯定感が低い

結婚したいのにできないと嘆いている女性の中には、自己肯定感の低い人が少なからずいます。

周りから見たら美人で頭も良いのに、素敵な異性を目の前にして「どうせわたしなんか・・・」と恋愛に対して最初から悲観的な態度を取ってせっかくのチャンスを失っているケースもあります。

憂いを帯びた美女というのも悪くありませんが、せっかく一緒に過ごすならポジティブシンキングの人を選びたいと誰しも思うでしょう。

ましてや結婚生活という長い期間を共にする相手ならなおさらのことです。

悲観主義な美女よりも笑顔のチャーミングな普通の容姿の女性の方がきっと結婚への道は近いはずです。

自己肯定感を高めるためには、ネガティブな自分をありのまま受け入れて、人から肯定的な言葉をかけられたら素直に感謝してみましょう。

譲れないポイントが多い

結婚に対してバラ色の夢を抱いている女性に多いのですが、男性を見る目が厳しすぎて結婚から遠ざかってしまっている人がいます。

ルックスから始まり、体型や収入、性格などすべて自分のお眼鏡に叶う男性でないと嫌だというわけです。

確かにこれだけは絶対に譲れないポイントは人それぞれあるでしょうから、そこは大事にした方が良いかもしれません。

しかし、自分も含めて人間には誰しも欠点はあるのですから、完璧な王子様が現れるを待っていては一体いつ結婚できるかわかりません。

最初から男性を減点法で見るのではなく、加点法で相手に接するようにすれば意外なチャームポイントが見えてきて恋愛に発展する可能性もあります。

お互いの欠点を補い合えるようなパートナーを見つけることが結婚への鍵です。

自分一人の生活に満足している

一人暮らし歴の長い女性に多いのが、一人の生活の快適さに慣れてしまって結婚に踏みだせないというケースです。

確かに食事も自分の好きなときに好きなものを食べることができるし、気ままに生活することができます。

しかし、結婚は共同生活ですからそれなりの制約はあったとしても、共に暮らしを作って行くという喜びがあり、それは決して一人の生活では味わえないものです。

生まれも育ちも違う相手と結婚して一緒に暮らして行く中で、自分が今まで当たり前と思っていた固定観念や価値観が覆されるのは、カルチャーショックでもあり面白いものでもあります。

自分が選んだ結婚相手でもこうなのだから、人の価値観は違っていて当たり前なんだということに気づかされます。

それは一人きりの生活では決して手に入れられない学びでもあるのです。

結婚したいのにできない理由とは

家族と一緒にいるのが楽

結婚したい気持ちを持っていても、何だかんだいって親や兄弟と一緒に暮らしているのが楽だなと感じていると、あと一歩結婚に本気になりきれません。

疲れて帰ってきてもご飯が用意されている、家が綺麗に保たれている、家族と同居していてそんな至れり尽くせりな環境に慣れきってしまっていると、いざ結婚したいと思っても、この暮らしを失ってしまうことがもったいないと感じてしまうのです。

願望と今の暮らしを天秤に掛けてしまい、いまいち甘えが抜け切れていないのが本格的に結婚に踏み出せない原因になっています。

つまりは、自立心が足りていないのです。

結婚をするということは親元から離れて新しい家族を作るということ、家族とべったりな状況から抜け出せそうにない場合には、結婚をしたいと思っているだけで具体的な行動にはなかなか出られません。

受け身で積極的な行動に出られない

基本的に恋愛ごとは受け身、結婚したい気持ちはあってもそう思っているだけで具体的な行動に出ることができない人は、いつまで経っても結婚はできません。

早く結婚したいなとは考えていても、異性と出会うきっかけ作りをしようともせず声を掛けてくれるのを待っていたり、カップルでも相手のほうから結婚について言い出してくれないものかと何もかもを相手任せにしてしまっていては、チャンスをことごとく失ってしまいます。

意中の相手がいれば話しかけて親しくなるきっかけを作ったり、すでに親密な相手との結婚を考えているのであれば具体的な話を出してみたり、本当に結婚したいのであれば消極的でいるだけではダメなのです。

自分からアクションを起こせないことを言い訳にせず、受身でい続けることを卒業できるように努力が必要になります。

経済的に余裕がない

経済的な余裕のなさから結婚できない人が存在します。

結婚するにも資金が掛かりますし、子どもが生まれれば尚更ですよね。

貯金をするにも働く環境によって出来ず、自分だけを養うだけで精一杯。

自分が生きていくだけでいっぱいなので、結婚したくても到底できるものではありません。

経済的に余裕がなければ精神的にも余裕が生まれません。

結婚相手を探す労力も湧かず、休日は自分のために使いたい方が多いのではないでしょうか。

必ずパートナーが見つかるとは限らないので、婚活のようなイベントに資金を使いたくありませんし、将来のために貯金を第一に考えるはず。

そのような疲弊しきった考え方と出会いが少ない環境で、結婚を目指していくことは難しいのです。

経済的な余裕のなさが結婚願望にも強い影響を及ぼしていきます。

やりたいことや目標がある

やりたいことや目標に突き進む過程では、周囲の目を気にせず何かに没頭するでしょう。

没頭することで目標に進んでいき、結婚したくても気を配る余裕はありません。

趣味をしている時間の方が楽しいと感じれば、「結婚したいけど別にいいや」と考えてしまうものです。

結婚をすれば自由な時間は削られ、相手と一緒に過ごす時間も増えていきます。

その過程で目標の達成は難しくなり、やりたいことが行えない場合も考えられます。

心の中では「結婚したい」と思っていても、つい目標達成のためにやりたいことをしてしまう。

異性よりも目標に一途なので、婚活などのパートナー探しも上手くいくはずがないですよね。

「目標を達成してからでも結婚は遅くない」と感じている人も多く、より婚期を逃し続ける要因ともなるでしょう。

性格に難があり異性から好かれない

基本的に好きではない人と結婚はしたくありませんよね。

まして性格に難がある人とは会話もしたくないし、相手のことを考えず一方的な性格だったらガッカリします。

性格の悪さは自分で気づくことは難しいものです。

他者に性格の悪さを指摘されても実感が湧きづらく、改善していく姿勢は大切ですが、簡単に直せるものではないでしょう。

素敵な人はとっくに結婚相手を見つけていることが多く、売れ残った自分には必ず問題があるはずです。

容姿はもちろん大切ですが、中身の部分で重要となる性格に難があればパートナーは離れていきます。

結婚がしたい欲ばかりに支配され、上辺だけ性格の良さを見繕っても見抜かれますし、性格に裏があることを嫌う人も世の中には多いです。

ほとんどの人が結婚できない理由を「容姿」だと決めつけますが、内面や性格に難があって上手くいかないこともあるのです。

結婚したいけど彼氏いない女性がやるべきこととは

本当にパートナーが必要なのかを真剣に考える

そもそも結婚とは、誰のためにするものでしょうか?

なぜ結婚するのか、したいのか。そこをしっかり自分で理解できていないと何も実行できません。

結婚とはただ異性と一緒に暮らすだけではありません。

自分にとっての『幸せ」が見えていない人は、形だけの結婚にとらわれて躓く可能性が高いです。

まずは自分自身の棚卸から始めましょう。

どんなことが好きで、どのようなことに喜びを覚えるのか。

ただ寂しいから誰かと暮らしたい、と思っていませんか?

寂しさの穴埋めのように考えている人は、自分の足で立つことを覚えましょう。

自分のことをよく知っているのは自分です。

そこを分かっている女性は、自分の好きなことを楽しみ、キラキラ輝いています。

結婚にとらわれず人生を楽しんでいるほうが、かえって魅力的になり男性とのご縁にも恵まれます。

男性を選り好みしない

「顔は良いけど性格が」「素敵な人だけどお金が」などと条件をつけて敬遠していませんか?

素敵な生活を夢見るのは構いませんが、そこはおとぎ話でも恋愛ゲームでもなく現実です。

自分の人生のパートナーだけに選びたい気持ちは理解できますが、あなたもまた同じ人間なのです。

お互いに足りないことを補ってこその、結婚生活です。

一度、結婚の条件を見直してみましょう。

魚を得るにはより大きな網を広げたほうが、たくさんの魚を得ることができます。

条件をつけるということは、網を小さくするのと同じ行為です。

本当にあなたを幸せにしてくれるのは、意外な人かもしれません。

初めからハードルを上げすぎないよう気をつけてみてください。

案外、近くにいる人が候補に上がる可能性もあります。

条件に合わない人ほど、視界から見えなくなっているものです。

周りの人を異性として視界に入れることから始めましょう。

モテる女性の真似をする

結婚を目的に彼氏を作りたいなら、今まで同じことをしていてはダメです。

そのために最も手っ取り早い方法は、あなたの近くにいるモテる女性の真似をすることです。

もちろん完璧なコピーは逆に周りの人を引かせてしまいますし、似合う似合わないもあるでしょう。

まずはモテる女性の表情や持ち物、メイクなどをよく観察してみます。

メイクやバッグなどは、直接本人に尋ねてみるのもおすすめです。

「私もあなたみたいにモテたいから、どこの化粧品使っているか教えてよ」なんて言ってはいけません。

あくまでもさりげなく「そのリップの色、すごくいいね。どこのか教えて欲しいな」「そのバッグかわいい。どこのブランドの?似たようなの探してたの」と、できるだけナチュラルに、尚且つ相手をできるだけ上げながら尋ねてみましょう。

最初に「それかわいいね」「すごい似合ってるね」など、褒めてから尋ねれば嫌な気持ちになる女性はいません。

そうやって少しずつでも、モテる女子の要素を取り入れるようにしていきましょう。

少し時間がかかりますが、きっと「雰囲気が変わったな」と感じた男性が、あなたのことを恋愛対象としてみるようになります。

モテる女とは?特徴・見た目・LINEとアプローチ方法をご紹介!

婚活ハウツー本を読んで実践する

特に今までそこそこモテていた女性は、婚活本を購入することに抵抗があるかもしれません。

これはモテない人が買う物だ、屈辱的と感じるかもしれません。

しかし、結婚という目標があるなら自分の小さなプライドなんてブチ破ってしまいましょう。

婚活本には、男性受けの良いファッションや、メイク、話し方、しぐさなどが事細かく記載してあります。

それを読んだら即日、実践するのです。

中には自分が今まで着たことないファッションを推奨している物もあるでしょう。

自分に似合わないと思っていたメイク方法を、勧めている本もあるはずです。

でも、今までの自分のやり方では結果として結婚できていないのだから、婚活本通りに大幅なイメージチェンジをした方が、良い男性と出会える可能性は高いはずです。

最初は違和感があるかもしれませんが、良い男性と出会うためのコスプレだとも思って、頑張って身に着け続けていれば、いつの間にか似合うようになります。

婚活ファッションを身に着けることが、傍から見ても違和感がなくなった頃には、必ず良い男性と出会えますよ。

婚活グッズを購入する

世の中には、婚活アイテム、恋コスメとして有名なファッションやメイクグッズが多数あります。

中には半ばおまじないのような、何の根拠があるか分からないけれど、これを身に着けるいると恋人ができた、プロポーズされたという物もあります。

今まではそういう根拠の乏しい不確かな物が大嫌いだった人も、結婚したい、素敵な男性と出会いたいと思うなら片っ端から試してみましょう。

男性だって動物です、なぜかそのリップカラーの女性に本能的に惹かれてしまう、この色の服を着た女性にグッときてしまう、そういう感覚を持っています。

それに婚活グッズは、女性に勇気も与えてくれるお守りのような存在でもあります。

なかなか恋愛がうまくいかなくて、恋愛から遠ざかりたくなった時でも、何かしら婚活グッズを持っていると、ついつい目に入ってくるので、恋愛を簡単にあきらめずにすみます。

婚活グッズを購入した時の「結婚したい」「すてきな彼氏が欲しい」と思った気持ちを呼び起こしてくれるのです。

最初は半信半疑でも、毎日婚活グッズを目にしているうちに自分自身の結婚への思いもより強くなっていくので、結婚したいという目標に向かって怠けることなく、恋愛に前向きに頑張ることができるのです。

そしてそれが、婚活の成功、すてきな彼氏との恋愛へと繋がっていきます。

とにかく出会いの数を増やす

「数打ちゃ当たる」と良く言いますが、その通りです。

地域や国を限定することなく、広い世界で出会いを捉えてみましょう。

近くから遠くまで、恋愛対象じゃないと思う人とも一度は会ってみるのも良いかもしれません。

あなたの周りに異性は何人いるでしょうか?

通勤や通学途中、何人の異性とすれ違うでしょうか?

家に閉じこもっていると、誰にも出会うこともありません。

白馬の王子様が迎えにきてくれる時代ではありません。

結婚したいなら、出会うことから始めましょう。

旅行先で見知らぬ人と恋に堕ちる可能性もゼロではありません。

いつでもどこでも恋愛脳で行動してみましょう。

あなたが良く行くところに、異性はいませんか?

近所のカフェやケーキ屋さん、本屋のスタッフetc…意識してみると案外いるものです。

あの人と恋愛関係にあったら、と想像してみるのも良いでしょう。

とにかく出会って自分の脳を恋愛モードにすることからはじめてみませんか。

結婚したいけど出会いがない人の出会い方とは

友人に良い人を紹介してもらう

結婚したい気持ちはあるけれども肝心の出会いがないと嘆いているのであれば、身近にいる人に誰かいい人を紹介してもらうのが一つの方法です。

自分の人となりを知ってもらっていて、なおかつ信用の置ける友人の知り合いであれば、極端にハズレという相手は紹介されにくいというメリットがあります。

それとなく結婚願望があることと出会いがないという悩みを話すようにして、軽い気持ちで誰かいい人はいないか聞いてみるのがおすすめです。

もしいいお話があれば、気軽に顔を合わせられるように、友人同士のグループ交際イベントを企画するのもいいでしょう。

ただ、友人の紹介で人と知り合うことになれば、話が上手くまとまらなかった時に気まずい思いをしてしまいやすくなるというデメリットもありますので、頼りにする相手にはあまり深刻に捉えられないように相談をするのがポイントです。

婚活パーティへの参加

ズバリ、結婚相手探しを目的にしているイベントに参加をしてみるのが、出会いを作る手っ取り早い手段です。

昨今では気軽に参加ができる婚活パーティが盛んに行われていますから、空いている時間に気軽に参加をしてみてください。

もちろん、1回ですぐに結婚相手の候補が見つけられるようなうまい話はありませんが、いろいろなタイプの異性と知り合うことで見る目も肥えてきますし、自分のどういうところが異性に注目されるのかを知るのも、自分を見つめ直すいいきっかけになります。

婚活パーティなんて結婚に必死になっているようで恥ずかしい、そんな印象は一昔前のものです。

スマートフォンアプリなども充実しており、気が向けばすぐにでも参加できるイベントを見つけられますから、出会いがないと嘆く前にまずは行動あるのみです。

習いごとを始めてみる

特に社会人の場合に多いのが、職場と家との往復の生活になってしまうことが原因の出会いのなさです。

身に覚えがある場合には、意識をして行動範囲を広げていく必要があります。

趣味や興味のあることがあれば、それに関連した習いごとを始めてみるといいでしょう。

好きなことをしている時や楽しいことをしている時には、人間誰しも笑顔になれるものです。

前向きでポジティブな気持ちになりやすいため、そんな場所で出会った人とはすぐに仲良くなれる傾向にあります。

なるべく男女がバランスよく参加している習いごとを選んで、職場以外に人と定期的にコミュニケーションを取れる場を確保することが大切です。

結婚をする人の中でも、趣味が共通している、趣味を通した出会いがきっかけというパターンは数が多いので、期待をしてください。

大人の習い事・趣味でおすすめのものとは?

同窓会への参加

同窓会で久しぶりに会った同級生と交際が始まり、みごとゴールインしたというケースが少なくありません。

学生時代には異性として意識していなかったのに、数年ぶりに会ったら魅力的な異性になっていたので心惹かれるということもあるでしょう。

当時、片思いだった相手と、同窓会がきっかけで交際がスタートするということもあるに違いありません。

なぜ、そういうケースが少なくないのか、理由の一つが「思い出を共有している」ということです。

いっしょに学生時代を過ごした同級生とは、一定の時間同じ空間で同じ体験をしているわけです。

そのため、当然、二人ともが知っている「なつかしい思い出」があるでしょう。

思い出話に花を咲かせることによって、二人の距離は自然に縮まるに違いありません。

そんなところから交際をスタートできますから、同窓会での出会いが結婚につながるケースが少なくないのです。

また、年齢のギャップがないというのも、同窓会での出会いのメリットと言っていいでしょう。

友人の結婚式の二次会

「結婚したいけど出会いがない」という人の中には、「友達に先を越されて焦っている」というケースも少なくないでしょう。

つまり、結婚適齢期にあるわけです。

ということは、友達の結婚式に招待されることも少なくないはず。

実は、友達の結婚式も、将来の結婚相手と出会える場なのです。

結婚披露宴で出会うということもありますが、より可能性が高いのが、結婚披露宴の二次会でしょう。

披露宴に参加している未婚者の多くは、幸せそうな友達の様子を見て、「うらやましい」と感じているに違いありません。

そのうらやましさは、「自分も幸せになりたい」という意識を生みます。

つまり、友達の結婚披露宴に参加している人の多くは、「結婚したいモード」になっているものなのです。

そういう気持ちで出会って交際をスタートさせた二人が、近い将来ゴールインするということもめずらしくありません。

もし、披露宴に招かれることがあったら、積極的に二次会にも参加し、出会いを探してみてはいかがでしょうか。

合コンへの参加

男女の出会いの大定番ですが、「合コン」というのも、結婚相手との出会いを求めるための有効な方法と考えていいでしょう。

もちろん、合コン参加者が皆、結婚願望があるとは限りません。

結婚は意識せず、恋人がほしいと思って参加している人も多いでしょう。

その点では、婚活パーティなどと比べると、参加者の結婚に対する真剣度は低いと言わざるをえません。

しかし、それだけ、気軽に参加して、出会いを求めることができると考えることもできます。

参加者がすべて結婚を強く意識しているパーティよりも、ガツガツした感じがない分だけ、フランクに相手を探すことができるわけです。

少なくても、合コンの参加者は異性との出会いを求めているわけですから、そこでの出会いが、将来の結婚につながるということも少なくありません。

自分から友達に合コンを提案するなどして、チャンスを増やしてみてはいかがでしょうか。

結婚したいけど出会いがない人が出会うには「婚活アプリ」が鉄板

いかがでしょうか。

結婚したいけれど出会いがない人が出会うには、やはり相手も結婚を求めている場で出会うことがとても重要になってきます。

全く結婚考えていない男性がたくさんいる場所で出会ったとしても、ゴールまではかなり道筋が遠いので、なかなか時間がかかるものです。

そういった面から考えると、今回ご紹介した方法もいいのですが、やはり婚活アプリや婚活サイトを活用するのがベストでしょう。

今は婚活アプリや恋活アプリが大流行しており、実際にそれを経由して結婚したカップルが激増しています。

もしあなたが一度も利用したことがないのであれば絶対に一度は試してみるべきでしょう。

女性であれば登録してしっかりとプロフィールを記入し、どんな男性を求めているかちゃんと書いておけば、あなたの理想とする男性達から「いいね!」やメッセージが送られてきます。

その男性たちの写真やプロフィールを確認して気になる人に返信してもいいですし、あなたから男性たちのプロフィールを見て「いいね!」するのもおすすめです。

男性であれば、どんどん気になる女性に「いいね!」を押してアプローチすることが重要です。

もちろんしっかりとプロフィールを整えておくことも忘れてはいけません。

いまだ根深い職場などで出会いを求める考え方はもう時代遅れになりつつあります。

可能性がない方法でいつまでも模索しつけても仕方ありませんよね。

婚活アプリや婚活サイトが賑わってる今が大チャンスですよ。