再婚したい男女の理由と再婚したい人向けの出会い方をご紹介!

再婚したい男女の理由と再婚したい人向けの出会い方をご紹介!

あなたは今、再婚したいと思っていないでしょうか。

もし思っているとしたら、その理由は一体何でしょうか。

もちろん人によって様々な事情があり、再婚したい理由も多種多様です。

また男性と女性の理由は似ているものもあれば全く違うものもあります。

一体どんな理由があり、そしてどんな違いがあるのか気になりますよね。

そこで今回は再婚したい人の理由についてご紹介していきます。

あなたに当てはまるかどうか確認しながらご覧下さい。

そして男女の違い男女の再婚したい理由の違いにも注目してみましょう。

再婚したい男性の理由とは

一人暮らしがさみしいから

男性が再婚したいと思う理由としてあげられるのは、「一人暮らしはさみしい」ということでしょう。

もちろん、結婚する前の独身時代は一人暮らしをしていた人が多いに違いありません。

ですから、一人暮らしの経験はあるわけですが、一度結婚して家庭を持ったことがあると、その後一人に戻った時に、「さみしい」と感じることがよくあるのです。

特に、仕事が終わって夜帰宅した際に、真っ暗な部屋に入り、だれもいない部屋の明かりをつけたときなどに、孤独を実感するものでしょう。

一度、家庭の味を知ってしまっただけに、その孤独感、寂寥感はきわだって感じられるに違いありません。

そのさみしさから、「こんな時、嫁さんがいてくれたらなあ」と思い、再婚を考えるようになるわけです。

前妻との間に子どもがいて、前妻が子どもを育てているというケースは、なおさらでしょう。

子どものいるにぎやかな家庭の味を知っているだけに、つくづく「さみしい」と感じるのです。

高齢になった時のことが心配だから

今はまだ若く、健康不安も特にないという男性でも、いつかは必ず老いがやってきます。

老いて体がきかなくなったり、大病をすることも想定しておかなければならないでしょう。

そうなったときに一人でいるというのは、不安に感じられるに違いありません。

最近は独居老人の孤独死というケースもよく耳目にします。

女性の場合はあまりそういう将来の心配をしない傾向がありますが、男性は自分が老いた時のことを想像して、不安に駆られることが少なくありません。

「このまま一人で老いていったら、将来自分はどんなことになってしまうのだろう。特にリタイア後、一人でちゃんとやっていけるだろうか」という想像を巡らせ、「再婚したほうが安心できる」と思うようになるわけです。

高齢になった時のことが、精神的にも肉体的にも不安に感じられるというのが、男性が再婚したいと思う理由ということになるでしょう。

家事をするのが大変だから

「家事がめんどくさくて大変だから」という理由で、再婚を考える男性も少なくありません。

これは、女性にはない「再婚したい理由」と言っていいでしょう。

最近は料理男子もめずらしくなくなりましたが、それでも料理をしない男性、苦手な男性のほうが多いものです。

そういう男性は、結婚しているときは奥さんに料理を作ってもらっていたものの、離婚して独身になると、ほとんど外食か市販の弁当などですませることになるに違いありません。

そんな食生活になると、食費もかさみますし、健康問題も気になります。

それでも、料理に関しては外食などですませることができますが、掃除や洗濯はそうはいかないでしょう。

家政婦さんを雇わない限り、すべて自分でやらなければなりません。

仕事から疲れて帰ってから、家事をするのは大変ですし、貴重な休みを家事に費やすというのも、もったいなく感じられるものです。

そのため、「家事をしてくれるお嫁さんが欲しい」と思うようになるわけです。

2人で家計を支えたいから

昨今の世の中の経済状況から見てもわかるように、すべての人々の暮らしが楽だというわけではありません。

少しでも幸せな暮らしをするためにも、お金はどうしても必要なものです。

子どもがいれば、なおさらお金がかかることは周知の事実であり、人数が多ければ多いほど、経済的な負担も大きくなります。

となれば、家庭を支えていくためにも、収入は少しでも多い方がいいと思うのは、当たり前だと言わざるを得ません。

特に自分の収入が低い男性は、1人より2人で家計を支えたいと思うものです。

お金のためにパートナーが欲しいというのではなく、家族のために、一緒に頑張る人がいた方がいいということです。

仮に子供がいなくても、1人より2人で家計を支えていると思えれば気持ちも楽になり、働く意欲も一層湧いてきます。

収入が少なく、自分や家族の将来に不安を感じている男性ほど、再婚したいと考えるようになります。

健康面が不安だから

自炊をできる男性は多くいますが、栄養バランスを考えた食事作りが苦手な男性も、たくさんいます。

病気がちだったり、栄養バランスの取れた食事ができないと感じている男性ほど、再婚したいと思うものです。

自分の体の健康面に対するサポートを、誰かが一緒にしてくれると、とても安心するからです。

健康な体を得るために一緒に運動したり、バランスの取れた食事を考えたりすることは、1人より2人の方が心強いと感じるものです。

自分の体のことを思いやってくれる誰かが傍にいるということは、将来に対する何よりの安心材料なのです。

食生活や生活習慣は、乱れていると自覚していても、なかなか自分1人の力だけでは改善できなかったりします。

そんな時に誰かがアドバイスしてくれると、改善するための行動もとりやすくなるものです。

将来に対する健康面の不安を感じることが多い男性ほど、再婚したいと強く思うようになります。

喜びや悲しみを共感したいから

人は、嬉しい時は誰かと共に喜び、悲しい時は誰かと一緒に悲しみたいと思うものです。

自分の中に湧き起こる感情を、共感できる人がいるという喜びは、何ものにも代えがたいものだからです。

結婚した経験があるからこそ、誰かと感情を共にできる喜びを知っているはずです。

結婚生活の中でパートナーと、感情を共有できた経験があればあるほど、また誰か共感しあいたいと思うようになります。

1人暮らしをしていると、そんな経験はできなくなり、いつのまにか常に無表情になってしまう人もいます。

大きな感情が爆発した時ほど、誰かとその感情を共有したいと思うようになるのです。

1人で過ごす時間が長くなり、感情を表に出す機会がなくなってきたことに気づき、またパートナーと共感しあいたいと感じる男性ほど、再婚したいと思うようになります。

再婚したい女性の理由とは

経済的に安定したいから

再婚したいと考えている女性の中でも、特に子供がいる場合などに多く見られる理由は、経済的な安定を求めてのことです。

別れた夫から養育費をもらうことができていてもそれだけでは不十分だと感じ、また、自らの稼ぎも子供を抱えたままでは仕事に長く時間を取れないことから、不足していると考えているかたが少なくありません。

こういった場合、再婚をすることによってパートナーを得たほうが、夫婦二人の稼ぎでゆとりのある暮らしを送ることができると考えます。

単身者よりも既婚者のほうが生活の基盤がしっかりするからこそ、経済的な理由を考えて再婚をしたいと思うのです。

もし女性が一人だったら思う存分稼いで自分の好きにお金も使えると前向きになれるでしょうが、一人ではないからこそお金のことを優先的に考えてしまいます。

老後の不安を解消したいから

若くて元気なうちは、離婚をしてしまっても独身生活を満喫する余裕がありますが、いざ年を取ってくるとお一人様の未来がリアルになってきます。

身の回りのことをきちんとこなせる女性は多いので生活自体はしっかりとしていても、男性の手がないことに不便さを感じますし、年齢を重ねて力仕事が難しくなったり、いざという時に一人でいることに不安を覚える場面がどんどん多くなってくるのです。

何よりも精神的な面で一人暮らしをしていることに怖さを覚えてしまい、傍に誰かがいてほしい、パートナーを得たいという願望が大きくなってきます。

特に女性は年齢を重ねるとどんどん再婚率が低下していきますから、若さを武器にできるうちに再婚をしようと力を入れやすくなるのです。

まして、一度結婚をしてパートナーがいつも近くにいるという安心感を経験していますから、この先一人の寂しさを感じないように、どうにか手を打とうという気持ちが強くなります。

もう一度「既婚者」と言いたいから

女性は好きな男性と結婚をして幸せになることがゴールというのは古い考えのように感じますが、実際にはまだそういった考えかたが強く根付いています。

独身女性に精神的なマウントを取りたがる既婚女性は少なくありませんし、そういったタイプの女性は離婚をしても自分が結婚に向いていないことを認められず、すぐにでもまたパートナーを見つけて既婚女性という立場を獲得したいと願っているのです。

失敗したからこそまた次も上手くいかないのではないかという怖さがありますが、ここで諦めずに消極的になりたくありません。

過去から学んで今度こそ成功させようと思っていますし、好きな男性から愛されていて幸せな家庭を築いている、そう周囲の人達から思われたいからこそ、人一倍再婚を叶えるために努力をしています。

1人で子供を育てていくのに不安があるから

これは子供の年齢にもよりますが、子供が成人以下の場合、母親が働かない限り子供を養っていくことがとても難しく、国や市から母子家庭の手当等が出ていたとしても働かなければ生活はかなり厳しくなります。

ですが、子供の年齢や人数によって働きに行きことが難しかったり、子供が年頃になったときのことを考えたり、年頃の場合は女手一つで育てていくことに不安を感じてしまったりします。

また、子供が女の子なのであれば母親だけでもある程度は問題ありませんが、男の子の場合成長するにあたって〝父親の存在″が必要になってくることもあります。

例えば男の子が思春期や反抗期になった場合母親に相談できない体の悩みなども出てきたり、反抗期で手に負えないなんてことも出てきたりします。

そんなことを考えると子供のためにも1人で子供を育てていくということに対して不安を感じ、「再婚したほうがいいのかな」と思ってしまうのです。

旦那さんがいる家庭が羨ましいから

何十年と女手一つで子供を育ててきた場合旦那さんのいる家庭に対して何も思わないのですが、数年前や数ヶ月前に旦那さんがいる家庭を味わってしまっている女性は旦那さんがいる家庭に対して「幸せそう」「うちもあんな家庭を築きたいな」などと思ってしまい、旦那さんのいる家庭を羨ましく思ってしまうのです。

子供のためや自分のためというわけではないのですが、女性は旦那さんのいる幸せな家庭に夢を見ていたりします。

その結果、「再婚したい」という気持ちが強くなり、男性に対して〝好き″という感情よりも「この人なら幸せな家庭が築けそう」という人を見つけ出そうとします。

幸せのための再婚だと思っているので、好きという感情は二の次で「後々好きになればいいや」という考えの女性が意外と多く存在します。

余裕ができたから

離婚をするとその負担は一気に母親である女性に降りかかり、家事、育児、仕事と全て1人で行わなくてはならないので毎日が忙しくてんやわんやな日々を送っているのが現実です。

ですが不思議なことにそんな日々にも慣れ、気がつくと段取りよく全てをこなすことができ、時間を持て余すようになったりします。

時間を持て余すようになると気持ちに余裕ができ、女性はまず「落ち着いたし彼氏が欲しいな」と日々の癒しのために彼氏が欲しくなったりします。

ですが、子供がいることによって「彼氏というよりパパになってくれる人がいいな」と考えを改め直したりします。

考えを改め直したことでより再婚したいという気持ちが強くなるのです。

気持ち的に生活面や精神面で余裕がないと再婚のことを一切考えることができないのですが、気持ちに余裕ができることでやはり女性は女性らしくいるためにも再婚をして女性らしさを取り戻そうともするようです。

再婚したいけど出会いがない人の出会い方とは

趣味の集まりに参加

出会いがないと嘆いている人は、大抵の場合行動範囲が狭いことも理由です。

職場と家との行き来ばかりではなく、新しく人が集まる場に顔を出すようにすることがポイントになります。

そこで、持っている趣味を活かして休日に一人で楽しむのではなく、同じ趣味仲間を見つけられる集まりに積極的に参加をしてください。

こういったコミュニティはSNSなどを探せば簡単に見つけられますし、地域の情報を調べて面白そうなサークルなどがあれば、入会してみるのがおすすめです。

趣味を介して知り合った人というのは始めから話も合い、距離を縮めていきやすいというのが魅力です。

仲間意識の芽生えやすさから、結婚経験があることがネックにならずに異性とお近づきになりやすく、共通の趣味を持っていることで気になる人と二人きりになれる口実もを作りやすいというメリットがあります。

大人の習い事・趣味でおすすめのものとは?

友人の交友関係を頼る

出会いのきっかけで、思った以上に頼りになるのが友人達の交友関係です。

人となりを理解している自身の友人達の知り合いであれば、こちらとも気が合う人である確率が非常に高く、実際、友人を介して知り合った相手と再婚するというパターンは珍しくありません。

離婚をしてから出会いがないことを嘆いている気持ちを隠すことなく正直に話して、それとなくいい人がいないか聞いてみたり、友人達が知り合いなどを集めて遊ぶ機会があれば、誘いを無駄にせずにどんどん混ぜてもらうようにしてください。

まずは、恋愛感情に結びつかなくてもどんどん交友関係を広げていくことが大切です。

異性の友達が増えていけばその中にいいなと思う人も現れてくるでしょうし、いざアプローチを開始しようとした際にも友人という強力な味方がいれば、後押しをしてもらうことができます。

婚活パーティや結婚相談所の利用

自力で新しい出会いを見つけることが困難だと判断したら、そういった出会いの場を設けてもらえるサービスを利用するのが近道です。

実際、バツがついている人達をターゲットにした婚活パーティーは頻繁に開催されていますし、再婚相手を求めて結婚相談所に入会をしているかたが多いというのも事実です。

何よりのメリットは、自身が再婚相手を求めているということを隠さずに相手探しができるというところにあり、条件などに合わせてマッチングをしてもらえるという点になります。

こうしたサービスで出会った相手とは、最初から再婚を前提にお付き合いをすることができますし、理想的な相手が見つかるまでアドバイザーに相談ができるというのも心強いところです。

パーティ方式、対面方式など、自分に合った方法で効率よく再婚相手を吟味することができます。

婚活サイト・婚活アプリ

3組に1組が離婚すると言われる今の時代、離婚ということが珍しくない時代になっていると言えます。

今の時代はインターネットが普及したことにより、誰でも簡単に家にいて婚活できる時代になりました。

それがネット婚活です。

インターネット上で自分のプロフィールを入力することによって全国から自分に合った人を見つけることができます。

婚活サイトの種類も沢山あり、再婚したいけれどなかなか出会いがなく、なかなか積極的になれないという方にもおすすめの婚活方法です。

なぜならネット婚活には同じように、離婚を経験し再婚を希望している男女が多く登録されているからです。

初婚であっても離婚経験がある人でも気にしないという人も多くいます。

結婚をしたことがあるということは、それだけ魅力のある方も多いはずと考えるようです。

離婚歴ありと登録すれば、離婚歴を気にしない異性と効率よく出会うことができます。

バスツアー

最近では色々な旅行会社から日帰りや宿泊でのバスツアーが毎日のように行われています。

バスツアーのプランやメニューによって参加する人たちがどんな人達か、予測することがある程度できる場合があります。

例えばアウトレットモールへの買い物ツアーならばどうでしょうか。

なんとなく独身のお洒落な女性たちも参加しそうな予想ができるはずです。

旅行、ツアーはリラックスした状態で気持ちも解放的になっていることも多いでしょう。

ワインや酒造巡りツアーならばどうでしょう。

男性も多く参加しそうな印象がありませんか。

そこで重要になってくるのがツアーのプランも大切になってきます。

アウトレットモールツアーなど現地に着いたら自由行動になるケースが多いので、できれば一緒にガイドさんと名所を巡るような、ツアー客同士も気楽に一緒に楽しみ、共に行動するプランが更に良いはずです。

最近では男女共に1人で参加している人もいるので、自然な出会いがあるかもしれません。

男女共に第一印象がまずは重要になってきますので、今よりもお洒落になって外見にも磨きをかけて行動することが大切です。

外に気楽に出かける

休日は体を休めて家でゆっくりという方も多いでしょう。

しかし出会いはどこで待っているのかが分かりません。

お酒が好きな方ならば、居酒屋やバーに行くこともあるでしょう。

自分自身が好きで行く場所で出会えた人ならば、気が合い相性ばっちりの可能性が高いはずです。

なにかの共通点があれば意気投合する可能性も高いですよね。

人は好きな場所や、好きな物の前では話が弾み、親近感を持ちます。

またペットを飼っている方ならば、ペットを連れて散歩に行くのもいいでしょう。

動物が好きな人には悪い人がいないというイメージがある人も多いことも手伝って、共通のペットを通して自然に異性と話ができるチャンスがあるかもしれません。

何度か散歩でばったり出会えば自然と運命を感じることがあるはずです。

いつどこに出会いがあるかはわからないといつも思う気持ちが大切です。

バツイチで子持ちの人が再婚するためにはどうすればいいのでしょうか。

このような状況の人が抱えている問題として、「出会いがない」、「相手が自分の環境を受け入れてくれるかどうかが不安」といったものがあります。

そのまま一人で生きてくには精神的にも経済的にも不安ですよね。

行動するのであれば今すぐにやらなければいけません。

後回しにしていくとどんどん時間が過ぎていき、あなたも年を取ってきます。

年を取ることで再婚相手の対象となりにくくなってしまうのも現実としてあります。

今のあなたは、今の人生で一番若いのです。

それを自覚しましょう。

そこで今回はバツイチ子持ちの人が再婚したいときにやるべきことをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

バツイチ子持ちの人が再婚したいときにやるべきこととは

再婚する意味は何かを考える

再婚をしたいと思う理由は何なのでしょうか。

新しい家族を作って幸せになりたい、子どもが寂しがるから、一人では生活が苦しいから、パートナーがいないのが寂しいからなど様々な理由があるでしょう。

再婚をすることで子どもも一緒に幸せになれるのか、離婚した原因が自分に合ったとしたら再婚をして同じことを繰り返さないかを自問自動する必要があるかしれません。

再婚をして新たに家族を作るのはとても素敵なことです。

再婚をしたいと思う理由が前向きであれば問題ないかもしれませんが、今の生活に不満があり、それから逃れるためやごまかすためだけの再婚であればまた同じことを繰り返してしまうかもしれません。

もしそうなったらあなただけでなく大切な子どもまでまた傷つけてしまうことも考えられます。

本心ではもう結婚はしなくてもいいと思っていても、寂しいから、苦しいからという理由で再婚をしたいと考える場合があります。

再婚したいというのは心からそう思っているのか自分でしっかり考えるようにしましょう。

自分で考えた上でやっぱり再婚したいと思ったらそれは本物の気持ちかもしれません。

子供の了承をとる

再婚をするのに子供の許可は必要ありませんが、子供を大事に思うのなら、子供からの許可は真っ先にとっておくようにして下さい。

親も人間で、人間は誰しも恋愛をする自由があるというのは正論ですが、子の親であるからには子供を思いやった行動をしなければなりません。

突然自分の親に恋人ができたら、子は戸惑うものです。

突然のことに気持ちの整理がつかない状況で、祝福してくれと言われても、簡単におめでとうなどという言葉が出てこないのは当たり前のことです。

再婚を祝福して欲しいのであれば、子供に心の準備をさせる時間を作ってあげることが大切です。

そもそもの問題として、再婚をするならば相手は子供の親になるのですから、何の関係もない者として、子供の蚊帳の外に置くのは間違った行為です。

再婚をしたいという相手ができる前に、再婚に向けて婚活を始める時に、子供には胸を張ってそれを宣言しておきましょう。

自分磨き

バツイチ子持ちでの再婚を目指す上で、必要なことは独身の気持ちを取り戻すことです。

また新しく恋愛を始めたいのであれば、家庭に入った者の顔は捨てなければなりません。

婚活の間は意識して、家庭の中で着ている楽な服は脱ぎ、異性の前でアプローチできる服に着替えるようにしましょう。

髪のセットや肌のお手入れなど、忙しい毎日の中でサボってしまっていることにもしっかりと取り組み、未来の恋人のために、自分磨きを怠らないことが大切です。

人間顔ではなく中身だ、というのはもっともですが、付き合ってみなければ中身まではわかりません。

お付き合いを始めるためには、まず外見で相手の気を惹いて、中身を知りたいと思わせる必要があります。

自分を愛してくれる人を見つけたいというのであれば、独身であろうとバツイチ子持ちであろうと等しく、やるべきことは人に愛される人間を目指すことです。

再婚後の生活をイメージする

再婚した後にどんな生活を送りたいかしっかりイメージできていますか。

何となく幸せになりたい、安心したいと漠然と考えていたら少々問題です。

理由は何であれ一度は結婚生活にピリオドを打っています。

一度目の結婚は勢いやタイミングでゴールインした、結婚にあこがれて結婚したということもありますが、一度結婚をすると結婚生活とはどういうものかというのが分かってきます。

そのため結婚生活経験者という立場で再婚後の生活をイメージしましょう。

誰と再婚するかですべてが決まります。

結婚相手はとても大切です。

そのため自分はどんなパートナーを必要としているのか、自分がされたら絶対に許せないことは何かなどじっくり考えて、再婚後の生活を思い描くことが必要です。

離婚した時の悲しい気持ちをもう味わうことのないように、幸せになるための再婚へ向けて歩みだしていきましょう。

再婚したい意志をまわりに伝える

再婚を考えていることをまわりの人は知っていますか。

子どもだけでなく親、職場の人や友人など。

本当に再婚したいと考えているならまわりの人に自分の意思を伝えた方がいい場合があります。

もちろんみんなが賛成してくれるとは限らず、自分のことを心配するが故に反対意見をぶつけてくることもあります。

ごく親しい人でなければ離婚したことは知っていても離婚した理由やこれからどうしたいかなどが分からないということもあるでしょう。

もう結婚なんてしたくないと思っているかもしれないと思い、異性の紹介の話があっても遠慮して言い出せないということもあるかもしれません。

自分が再婚したいということを人に話すのは、再婚の可能性を広げる大きなチャンスのひとつです。

堂々と再婚宣言をして「誰かいい人がいたら紹介してほしい」と種をまいておくとそれが幸せにつながるかもしれません。

再婚したい子連れシングルマザーの出会いを作る方法とは

保育園や学校でシングルファーザーを探す

まだ結婚の経験がない人にとって、シングルマザーと付き合うのはなかなかにハードルが高いといえます。

ですからシングルマザーの方が出会いを作るには、ターゲットをシングルファーザーに絞る方が上手く行きやすいわけです。

では、具体的にどんな場所でそういった相手を探すのがいいのでしょうか?

それは、「子どもが通う保育園や学校」になります。

そこにやってくる男性には確実に子どもがいるわけですから、たとえば友人に男性を紹介してもらうよりも、ずっと上手くいく可能性が高くなるわけです。

もちろん多くの人は結婚しているでしょうが、それでも闇雲にシングルファーザーを探すよりは、ずっと効率的な出会いの探し方だといえます。

再婚したいシングルマザーが出会いを探すためには、まず子どものつながりに注目してみることが大切です。

SNSでコミュニティに参加する

シングルマザーが出会いの場所を得るためには、まずそういった境遇を理解してくれる人を見つける必要があります。

ですが現実には、それは結構難しいことですよね。

そこでぜひともおすすめしたいのが、「SNSでの出会いを上手に利用する」という方法です。

自分の身近にシングルマザーである境遇を理解してくれる男性がいないとしても、インターネットを通じてもっと遠くまで目を向けてみれば、必ずあなたに合った男性も存在しますし、その中には真剣に再婚を考えている人もいるでしょう。

また、たとえばFacebookなどには出会いを求めるシングルマザーの人たちが集まったコミュニティなどもありますし、そういったものに積極的に参加してみればいいのです。

シングルマザーが理想的な出会いを見つけるためには、同じ境遇の人たちに意見を聞いてみるのが一番ですよね。

自分の周りにはシングルマザーを敬遠する人たちばかりだと嘆くのをヤメて、まずはSNSを利用して広い世界に目を向けてみましょう。

お見合い

再婚したいシングルマザーの方が、最も確実に出会いを見つけられる方法を知っていますか?

それはズバリ、「お見合いをしてみる」という方法です。

お見合いは通常の恋愛とは違い、最初から相手がこちらの条件や状況などを知った上での出会いになります。

ですから、シングルマザーであることがマイナスに働くケースも少なくなるわけです。

苦労してやっと相手を見つけても、自分がシングルマザーだとわかった途端に相手が冷たくなるといった、非常に悲しい事態も避けることができます。

肝心のお見合い相手の探し方ですが、これは両親に頼ったり、さらに友人にもお願いして紹介してもらうようにしましょう。

お見合いには抵抗があると感じる方もいるかもしれませんが、そんな思い込みはこの際捨てる必要があります。

シングルマザーが少しでも良い再婚相手を見つけることができる方法ですので、ぜひとも真剣に検討してみてください。

同窓会に参加する

同じ再婚希望者でも、シングルマザーほど再婚への道のりが遠い人は、いないかもしれません。

子どもがいるということは、相手となる男性にとってみると、想像以上に大きなプレッシャーとなってしまうからです。

そんな子連れのシングルマザーが、再婚するための出会いの場として最適なのが、同窓会です。

離婚してバツイチとなっている自分の近況を、旧友たちに知られたくないと思いがちですが、その気持ちは開き直って、封印しなくてはいけません。

同窓会に集まる旧友たちならば、旧知の仲でもあり、自分のことを知っている人も多いため、人間性を1から知る必要性もありません。

若い頃の思い出はいつまでも色褪せることがなく、いい思い出があればあるほど、恋愛感情も誕生しやすくなります。

同窓会の声がかかったら恥ずかしがらずに積極的に参加し、子どもがいることも含め、自分の近況を詳しく説明することで、再婚への道も開けていきます。

結婚前に仲良くしていた男友達に連絡

結婚前に仲良くしていた男友達に連絡を取り、会う機会を増やすという方法です。

ほとんどの女性が結婚すると、それまでの男友達との関係も、次第に希薄なものとなってしまいます。

離婚したことをきっかけに、そんな男友達に自分から連絡を入れてみるのです。

元カレではなく、「友達」だったということがポイントでもあり、仲が良かった男友達ほど、この先も恋愛感情が生まれる可能性は高くなります。

男女間の友情には、わずかながらでも、どちらかが好意を抱いていることが多いからです。

自分で気づいていない場合も多く、はっきりと告白するところまで至らないまま、友情関係を続けていることもよくある話です。

そんな男友達ほど、時間が経過して久々に再会したりすると、一気に恋愛感情が高まる可能性がでてくるのです。

仲が良かった男友達がいれば、積極的に連絡し、会う約束をとりつけることで、再婚できるチャンスが大きく広がることになります。

職場の男性を改めて見直してみる

ほとんどのシングルマザーが、仕事をしているはずです。

自分の今の職場にいる男性をよく見直してみることも、新しい恋愛を始めるための1つの手段です。

多くの時間を過ごすことになる同じ職場の人間は、1日の中でも1番よく触れ合う人間でもあります。

これまでなんとも思っていなかった同僚や、上司などの人間性を改めて見直してみると、予想に反して、新しい姿が見えてくるかもしれません。

見直すことで新しく見えてきた姿は、ある意味新しい出会いでもあるのです。

これまで気づかなかった一面や、本当の人間性を知るということは、違う人間に出会った時のような、新鮮な気持ちをもたらしてくれます。

今の職場に恋愛感情を抱く人はいないと決めつけずに、新しい出会いを求める気持ちで、もう一度自分の周りにいる男性を見つめ直してみましょう。

出会いはどこにあるかわからず、「灯台下暗し」の可能性も充分にあるのです。

社内恋愛の6つのきっかけとは?社内恋愛へのアプローチにも!

再婚したい40代・50代の出会いを作る方法とは

結婚相談所に入会する

40代50代ともなると、若い年代以上に、新しい出会いはほとんどありません。

だからこそ意図的に出会う機会を作る必要がありますが、1番早く出会える方法は、やはり婚活です。

婚活も当然ながら若い世代の方がニーズが多く、何かと困難なことがたくさんありますが、40代50代で再婚を希望している人も、たくさんいます。

ですが諦めずに、婚活サイトに登録したり、結婚相談所に入会するという形で自分なりの婚活を始めるのです。

婚活市場で1番多い世代は、20代と30代であるため、そう簡単に理想の人と出会えないかもしれませんが、気負わず焦らず、ゆったりとした気持ちで臨めば、思いもよらず理想的な人と出会える可能性も出てきます。

婚活する際に、再婚であることのメリットをできるだけアピールし、自分と同じように再婚を希望している人を探すと、成功する確率が高くなります。

職場を変える

今の職場にいても、新たに恋愛感情が芽生えそうになかったり、新しい出会いがないと判断できる場合には、思い切って職場を変えてみることも、1つの方法です。

職場は1日のうちで、何時間という時間を過ごす場所です。

異性と出会える貴重な空間でもあり、恋愛のために新しい出会いを求める人には、もってこいの空間であることに間違いありません。

ですが40代50代という年代にとって、職場を変えるというのは一生のうちの一大事でもあり、簡単に実現できることではないかもしれません。

だからこそ、それだけのリスクを冒してまで出会いを求めるかどうか、慎重に判断する必要があるのです。

もちろん、変わる仕事の内容についても、しっかり検討する必要がでてきます。

リスクは大きいですが、職場という大事な空間を思い切ってがらりと変えることで、新しい出会いが広がることには間違いないでしょう。

習い事・カルチャースクールに通う

新しい出会いを求めるなら、カルチャースクールや、習い事を始めてみるのも1つの方法です。

人間は、同じ趣味や目的を持っている他人とは共感しやすく、親しみを感じやすいものです。

他人と趣味や習い事を共有できる空間に積極的に足を運ぶことで、自分と同じ感覚を持った異性と、新しく出会えるチャンスが広がることになります。

その際、女性限定の習い事や男性限定のスクールにするのではなく、あえて男女ともに集まる教室やスクールを選ぶことが大事です。

しかも、同世代の男女が集まりそうな趣味や習い事を、選ばなくてはいけません。

その選択を誤り、周りにいるのが若い人ばっかりだったりすると、せっかく始めた習い事も台無しです。

婚活サイトや結婚相談所に登録して、婚活することに抵抗を感じてしまう人や、簡単に職場を変えることが無理な人ほどおすすめの方法です。

友人の紹介

再婚したい40代・50代の方の出会いの形として、最も一般的でありオススメできるのは友人や知人の紹介になるとされ、この中にはお見合いなども含まれているのでスタンダードな出会い方と言えます。

また、友人や知人であれば自分の好みのタイプを伝えてから紹介してもらえるというメリットがあり、このポイントは非常に大きく時間的猶予の少ないこの年代の方にはとても効率的な方法です。

さらに、同年代が良いのであれば同年代の友人を頼れば良いですし、年下を希望するなら後輩や部下を頼るなど、ケースバイケースで臨機応変に対応できるのも魅力的なポイントになります。

ただ、友人や知人からの紹介は上手く行かなかった時に気まずい思いをする事もありますので、万が一に備えて上手な断り方を考えておく事も大事です。

病院などの医療機関に通う

40代・50代ともなれば体に不調が出てきますが、それを出会いに変える事も十分可能になっており、医療機関で出会った相手と再婚したというのも珍しい話ではないと言えます。

例えば病院の待合室で隣に座った相手などが挙げられますし、そうでなくても医師や看護関係者などと知り合える可能性は高いと言え、他にも出入りしている業者さんなどとも知り合える可能性は高いです。

また、同じような悩みを抱えている相手ならば会話にも困る事はないですし、お互いに情報交換するなどの名目があれば連絡先も交換しやすいので、医療機関に通うと言うのはかなり有効性の高い方法になります。

なお、この場合はどの医療機関でも良いと言えるので、内科や外科以外でも歯医者でも構いませんし整体院などでも同様の出会い方が可能です。

公園に行く

再婚を考える40代50代の方は結婚相談所などを利用するケースが多いのですが、お金をかけずに出会える場になっているのが公園だと言われており、最近では一人で休憩している方もいれば一人で子育てしている方が遊びに来る事もあります。

その為、40代50代の方がお金をかけずに出会いが期待できる場所として注目されており、実際に公園で知り合った相手と再婚した方もいれば、その人物から紹介してもらったなどのパターンも多いです。

したがって、いずれにせよ新たな出会いの場として使われる事が多く、公園であれば余計な警戒心も持たれにくいので比較的スムーズにコミュニケーションできると言えます。

ただ、全くの手ぶらで訪れてしまうと不審者と思われてしまう事がありますので、できればペットの散歩ついでやウォーキングのついでに行った方が良いです。

あなたは再婚したいと思わせる方法を知っているでしょうか。

多くの場合女性がバツイチの男性に対して、「どうしたら結婚を考えてくれるんだろう」と悩んでいます。

男性はすでに結婚生活を経験しているので、中途半端なことをやっても意味がありません。

やはり相手がバツイチだということを念頭において対策しなければいけないのです。

そこで今回はバツイチ男性に再婚したいと思わせる方法についてご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

バツイチ男性に「再婚したい」と思わせる方法

自ら積極的にリードする

バツイチの男性とまだ結婚経験のない男性とで、最も異なるポイントはどこにあるのでしょうか?

それは、「包容力」です。

当然の話ですが、バツイチの男性は結婚生活を送った経験があるため、基本的には包容力が高いといえます。

ですが問題なのは、その包容力に甘えきった女性に対して、非常に強い嫌悪感を抱いているという部分です。

つまり簡単にいうと、「頼られすぎることに疲れている」といえます。

そんなバツイチの男性に再婚したいと思わせるためには、「自分からリードする」といった方法がたいへん重要です。

たとえばデートをするときは、行く場所や時間なども積極的に自分から提案するようにして、相手の負担をなるべく減らす必要があります。

するとバツイチの男性はあなたと一緒にいることに安らぎを覚え、再婚したいと思ってくれる可能性も高まるでしょう。

束縛しすぎない

離婚の理由の中でも常にトップクラスなのが、「価値観の相違」だということはみなさんんもよく知っていると思います。

では、どういったときにこの価値観の相違が起こるのでしょうか?

それは、「束縛を受けたとき」です。

自分がやりたいことがあるのに、それをさせてもらえない…といったストレスから、価値観が合わないと感じ始めます。

つまりバツイチの男性は、過剰に束縛されることを恐れています。

したがって再婚したいと思わせるためには、「束縛しすぎない」という方法が最も有効になるのです。

たとえば、彼の趣味の部分に対して決して口出しをしてはいけません。

自分は興味がないからとそれを制限してしまっては、また以前のように価値観の違いに苦しむことになると、相手に感じさせてしまうからです。

バツイチの男性に再婚を決心させるためには、まず自分が大人になって、むやみに束縛するのをやめるようにしましょう。

女の部分を見せすぎない

バツイチになってしまうのには、当然それなりの原因が存在します。

そして多くのバツイチ男性の場合、「女の部分を見せられすぎた」という点が、離婚の原因になっているケースが多いのです。

つまりバツイチ男性に再婚したいと思ってもらうためには、何よりも「女の部分を見せすぎない」ことが大切になります。

具体的な方法としては、たとえば「グチを聞かせすぎない」「ヤキモチを焼きすぎない」などです。

バツイチの男性は、飽き飽きするほどそんな言葉を聞かされたり、態度を見せられたりしているため、同じようなタイプの女性には決して心を開きません。

ですから、普段からサバサバとした態度で接するよう努め、なるべく彼を暗い気持ちにさせない方法論が必要になるのです。

この人と一緒にいると気が楽だ…と相手に思わせてしまえば、再婚への情熱もきっと増してくるでしょう。

手料理を振る舞う

バツイチの男性の中には、自分で上手に料理し、おいしく食事をしている男性も、たくさんいるかもしれません。

ですが、誰かが自分のために作ってくれた食事は、本当においしいものです。

結婚していた経験があるならば、その素晴らしさを知っている男性も多く、また誰かの手料理が食べたいと思う機会も多いはずです。

だからこそ、手料理を思いっきり振る舞うことで、再び家庭料理の温かさを思い出してもらうのです。

おいしいに越したことはありませんが、味がどうであるかということは、そんなに気にする必要はありません。

バツイチの男性にとって、誰かが自分のために料理を作ってくれるということは、とてつもなく嬉しいことだからです。

手料理には自信がないからと諦めるのではなく、下手でも精一杯の気持ちを込めて作ってみることです。

自分のために作ってくれたという事実だけでも、バツイチの男性の心をつかむことができ、再婚したいと思わせるきっかけになります。

甘えたり男性を立てたりする

バツイチの男性の中には、結婚に失敗したという経験がトラウマになっていたり、自分に自信をなくす原因となってしまっている人もいます。

その苦い経験が邪魔をし、再婚は考えられないと思っている男性もいることでしょう。

そんな男性に再婚したいと思わせるには、男性としてのプライドと自信を、取り戻してあげることです。

女性から思いっきり甘えられたり、心から頼りにされることで男性は、自然と自分に自信を取り戻していきます。

家族の大黒柱となる意識と自信を取り戻すことができれば、男性は高い確率で再婚を意識するようになります。

「あなたでないとだめだ」とわかるように、はっきりと頼りにしている態度を見せ、男性として思いっきり立ててあげるのです。

女性に頼られるほど男性は自信を取り戻し、この人や家族のために頑張りたいと思うようになります。

2人でいることの安心感を伝える

バツイチの人は、当然ながらその後再婚しなければ、老後は1人で過ごすことになります。

施設に入ったり、子どもと生活するという選択肢もありますが、多くの人がまずは、1人になることを覚悟しているものです。

特に家事や自炊の経験が少ないバツイチ男性にとって、年老いてからの一人暮らしは、とてつもなく心寂しいものであり、不安を感じるものでしょう。

さり気なくそんな将来を想像させ、1人でいるよりは2人でいた方が楽しいし、老後も安心して過ごせることをアピールするのです。

そのためにも、2人で過ごす時には、とにかく楽しい時間を過ごす必要があります。

できるだけ多く楽しい時間を過ごし、2人でいろいろなことを経験しながら喜びや悲しみを共有し、2人でいることの喜びを感じてもらうのです。

そんな時間を少しずつ積み重ねていくことで、「老後はこの人と過ごしたい」と思わせることができます。