辛い失恋から復縁を目指すまでの6つの方法とは?

辛い失恋から復縁を目指すまでの6つの方法とは?

失恋した直後から元彼のことを綺麗さっぱり忘れることはできませんよね。

大好きでたくさんの思い出があればあるほど未練がましくなるものです。

その気持ちがさらに大きくなるとどうすれば復縁できるだろうかと考え出します。

おそらくあなたもこの段階でしょう。

何も考えずに復縁を迫っても、相手は逃げるだけです。

焦る気持ちを抑えて、戦略的に復縁までのステップを踏んでいきましょう。

100%成功するとは断言できませんが、復縁の可能性は大きく増えるはずです。

ここでは辛い失恋から復縁を目指すまでの6つの方法をご紹介していきます。

辛い失恋から復縁を目指すまでの方法

別れの原因を真摯に受け止める

いくら好きだという気持ちをぶつけたところで、別れの原因が改善できていなければ復縁は上手くいきません。

ただ失恋を悲しむだけであればいつでもできます。

失恋をしてしまった原因が自分にとって痛いものであっても真摯に受け止めて、直していく努力をしていかなければなりません。

それを相手にわかってもらわなければ、復縁をしたいという真剣な気持ちを信じてもらうことができないでしょう。

価値観の違いを感じていたのであれば具体的にどう違ったのか、性格が合わないのであればどういった部分で合わないように感じたのか、それならばどうすれば別れずに済んだのか、それをよく考えていってください。

別れた後に好きだった人と接する機会があれば、原因を改善し、以前とは変わろうとしていることを知ってもらうようにすることが大切です。

冷却期間を作る

辛い失恋をして、元恋人との復縁を目指すときにしなければならないのは、冷却期間を置くということです。

恋人に振られたというのは、何らかの理由で恋人の気持ちが離れていってしまったからにほかなりません。

つまり、少なくても振られた直後は、恋人には復縁の意思はまったくないと考えていいでしょう。

そんな状態の時にむりにアプローチしてもうまく行くはずはありません。

ですから、まずは冷却期間を置いて、恋人との関係をリセットするようにしましょう。

人間、時間がたつと気持ちも変化するものですから、恋人に嫌われて別れることになったとしても、元恋人のその気持ちが変化し、再び恋愛感情がめばえるという可能性もあるのです。

そのためにどうしても必要なのが冷却期間。

冷却期間の長さは、別れ方や元恋人の性格によっても違ってきますが、2、3か月はおくようにしましょう。

自分を磨いて魅力的になる

失恋した元恋人との復縁を成功させるためには、冷却期間を置いたのち、再会する機会を作らなければなりません。

ポイントは、再会した時に相手にできるだけ良い印象を与えるということ。

相手が「前よりもなんだか魅力がなくなったな」と感じたのでは、復縁はまず無理でしょう。

そうではなく、元恋人が「前よりもずっと魅力的になった」と感じてくれれば、復縁の可能性はまちがいなくアップします。

そのために必要なのが、自分磨きです。

冷却期間の間、できるだけ心身両面での自分磨きをしましょう。

シェイプアップやスキンケアなどによって外見を磨くと同時に、内面も磨くのです。

内面を磨くためのおすすめ方法は、仕事や勉強に専念し、全力投球をすること。

そのことによって、ポジティブな気持ちになることができ、自分に自信がつくに違いありません。

ポジティブで自信のある人は、黙っていてもプラスのオーラが生まれますから、再会した時に元恋人に良い印象を与えることができるのです。

元恋人の近況をチェックする

復縁を目指し、冷却期間を置く場合に、やっておくべきことがもう一つあります。

それは、元恋人の近況をチェックするということ。

冷却期間は連絡を取らないようにするわけですが、元恋人が今どういう状況にあるのかわからなければ、どう動いていいのかわからないでしょう。

たとえば、元恋人に新しい恋人ができたために失恋したという場合は、その新恋人と現在どんな関係になっているか知っておくべきです。

「今でもラブラブ」というのと、「もう別れた」というのでは、対処法、アプローチの仕方も変わってくるに違いありません。

ですから、元恋人と共通の友達や知人がいるなら、その人に元恋人がどうしているのか聞いてみましょう。

元恋人のSNSをチェックするというのも、有効な方法です。

SNSをチェックすれば、元恋人が今どんな状況なのか、どんな環境にいるのかわかりますから、復縁へ向けての作戦を考えやすくなるはずです。

繋がりを消さない

失恋から相手と距離を取ってしまいがちですが、縁が切れてしまうと次になかなか接触する機会を持つのが大変です。

諦めきれない、復縁をしたいと考えているのであれば、しつこくない程度にメールやラインで連絡を取っておくようにしてください。

電話だと何を話していいのかわからなくなってしまいますし、改まった会話の内容は相手が怪訝に思ってしまいますので、誰にでも通用するような日常的な会話と近況報告程度で問題ありません。

返信がなくても定期的に連絡を取っておけば、少なくとも距離を置くことで存在まで薄くなってしまうことを防げます。

二人きりの会話のやり取りに不安なあれば、共通の友人を巻き込んで複数人と文字のやり取りをするといいでしょう。

内容的に重みがないものであれば、無視をされずに相手からの返信確率が高くなりますし、好きな人の中から自分の存在を消さず、改めて復縁をするために行動に出られるようになるための繋ぎになります。

友達関係から始める

失恋後、諦めきれないからといって未練を隠さずに近づいても、相手に警戒をされてしまいます。

もう一度関係構築を目指したいのであれば、まだ相手のことが好きだという気持ちに封印をし、友達として良好な関係を築くことに重点を置くべきです。

恋人として以前に、一人の人間として魅力を感じてもらえるようになれば、以前上手くいかなかった部分も過去のことにしてもらうことができる可能性が高まりますし、また一から新しい関係を築けるでしょう。

ですから、復縁をするつもりでも相手と接する時にはあくまでも友人として、辛い気持ちを見せないようにして近づくことがポイントです。

一緒にいる時間が増えれば、こちらの魅力をアピールしていくことも容易になりますし、また相手に恋心を抱いてもらえるきっかけを作れます。

「辛い失恋から復縁を目指す方法」に関連する記事の紹介

失恋して辛いのに泣けない理由とその対処法とは? 失恋で辛くて眠れないときの夜の過ごし方とは? 失恋の辛い気持ちを忘れたい時に効果的な6つの方法とは? 職場で失恋して辛いときにやるべきこととは? 片思いから失恋して辛い時から立ち直る方法とは?