失恋から立ち直る方法と失恋から立ち直る言葉とは?

失恋から立ち直る方法と失恋から立ち直る言葉とは?

あなたは片思いしてた人だったり、恋人だった人に振られて失恋した経験はあるでしょうか。

もちろん「ない」という方のほうが少ないかもしれませんね。

その時あなたはどうやってその失恋から立ち直ってきたか覚えていますか?

おそらくほとんどの人が覚えていないことでしょう。

なぜなら人は忘れる生き物だからです。

この忘れるというのがとても重要なポイントで、あれだけ大きな出来事があったのに「何だっけな?」とすっかり記憶が抜け落ちているのは失恋に関してはとてもプラスに作用します。

つまり、どうやって上手に忘れることができるかというのが大切になってくるというわけです。

そこで今回は失恋から立ち直る方法について男女別にご紹介していきますので是非参考にしてみてください。

性別関係なく同じ方法が有効な場合もありますが、男性と女性とでは失恋の立ち直り方が違うので、そのあたりにも注目してみましょう。

また、失恋から立ち直る言葉もご紹介しますので、心に響くものがあればメモをとりいつでも見返せるようにするのがベストです。

女性の失恋から立ち直る方法とは

遠い旅行に出かける

悲しいこと、落ち込んだことがあったら、一人でゆっくり考える時間を作ることも大切です。

失恋の傷心を癒すためにも、これまで足を運んだことがなかった遠くの地にふらりと旅行に出かけて、真新しいものにたくさん触れていくことが気持ちを浮上させるのには効果的になります。

部屋で鬱々としていては悪いことばかり考えてしまいがちですが、同じように一人になるにしても視覚からの刺激が多い旅行先であれば、見るもの触れるものからワクワクした気持ちになりやすく、必要以上に沈んでしまうことがありません。

失恋はしてしまったけれども次の恋は頑張ろう、自信を失ってしまったけれどもこの旅が終わったら切り替えていこうと気持ちをリセットすることができます。

時には旅先で素敵な出会いをすることもあるでしょうし、傷心を癒してくれそうな存在に身を任せてみるのもそう悪いことではないでしょう。

思い出の品物を全部処分する

踏ん切りをつけるためにも、大好きだった人と繋がる思い出の品は全て処分してしまうのが賢明です。

時には思い出して浸りたいといった気分にもなるでしょうが、思い返したころで恋が叶うわけではありません。

勇気を出して身の回りにある好きな人に関するものを捨て去ってしまえば、ゴミ袋に詰めていくたびに好きだった気持ちに整理がついていきますし、ゴミ捨て場に持っていく頃にはスッキリするものです。

特に引きずってしまいやすいタイプの女性の場合には、思い入れのあるものを目にするたびに失恋した時のことを思い出しては悲しくなってしまいます。

マイナス感情を引き起こすようなものは、自分にとって不必要なものであるということを知らなければなりません。

もしかしたら今後必要になるかもしれない、という希望的観測も無意味です。

物もそうですが、連絡先などもいらないと思ったら消去してしまってください。

何も困ることはありません。

失恋の悔しさを自分磨きのエネルギーに変える

失恋から立ち直るためには辛いものとして捉えるだけではなく、より自分を魅力的にするためのきっかけだと前向きに捉え、チャンスに変える意識を持つことが大切になります。

何がダメだったのか、どういうところが足りなかったのか自己分析していき、次の恋を素敵なものにするために、より魅力的な自分になれるように悔しい気持ちをエネルギーに換えるのです。

「自分を振った男を後悔させてやる!」「もっと素敵な恋人を作ってやる!」と自分磨きに力を入れて、エステやジムに通ったり、ファッションセンスやメイクを勉強して多くの男性に振り向いてもらえる女性になれるように、自らをステップアップさせていきましょう。

今よりももっと磨かれた自分になることができれば、振った男にこだわっていることが小さな悩みに感じられますし、目標を持ってエネルギーを使っていけば、達成に近づいていくたびに立ち直っていくことが可能です。

気持ちを吐き出す

1人で抱え込まず誰かに吐き出しましょう。

親友だったり、家族だったり、SNSに書くのもいいですね。

可能ならペットを飼ってみたり、何か癒されるものを見たりするのも心が落ち着きます。

無理をして明るく振る舞おうとせず、時間をかけてゆっくり気持ちを取り戻していきましょう。

ふと思い出して泣きたくなったり、何がいけなかったのだろうと考え込んでしまう瞬間があるかもしれません。
その時は思い切り泣いていいです。

前を向かなくちゃと、辛い気持ちを押し殺す必要はありません。

誰だって辛い出来事はあるし、自分だけこうなんだと思う必要もありません。

時間が解決してくれるのを気長に待ちましょう。

親友や家族との時間を大切にする

人間、出会いがあれば別れがくるものです。

一人一人、性格や考え方などが違うのですから、トラブルがあって当たり前なのです。

あなたの個性を大切にしましょう。

一つの別れがきっかけで将来とても嬉しい出会いが待っているかもしれません。

今は辛くともいずれ過去の一部となるのです。

過去があっての今。その今だって数秒後、数ヶ月、数年後とどんどん「過去」になっていきます。

別れがきたのには必ず理由があり、もしかしたらそれは次の出会いのための別れだったかもしれません。
在り来りな言葉ですが、もっといい人と出会うために必要な別れだったということです。

髪型を変えて気分転換したり、しばらくは親友や家族との時間を大切にしましょう。

これを機に、しばらく恋愛はお休みするのもいいですね。

恋愛中は出来なかったこともあるでしょう。

人生は長いので、別れを踏み台にいろんなことに挑戦してみましょう。

次の出会いに繋げる

辛い別れから時間も経ち、だんだんと気持ちも落ち着いてきた。

そろそろ新しい出会いに挑戦したいな。

その時気をつけたいのが、過去の失敗を繰り返さないということです。

あの時の言い方は少しキツかったかも…。

あの時こうしていれば今頃…。

という後悔が、誰にでも一つはあります。

人生は選択の連続だと言いますよね。

まさに恋愛も、その時何を優先するか、どんな言葉をかけるか、一つ一つの行動が二人の未来を大きく左右するものです。

後悔を生まないためにまず大切なのは、相手を理解することです。

好きな人とはいえ、人間長く一緒にいれば嫌な部分の一つや二つ出てくることでしょう。

そこで必要なのは、この人はこういうタイプなんだなと広い心で受け入れることです。

また、相手も自分の嫌な部分を受け入れてくれているんだと感じることです。

お互いを尊重し合うことで、人間関係は上手くいきます。

男性の失恋から立ち直る方法とは

新しい恋をして新しい彼女を作る

失恋から立ち直るためのもっとも効果的な方法は「新しい恋をする」ということです。

新しく好きになった彼女ができれば、その彼女のことばかり考えるようになるでしょう。

その彼女とつきあうようになれば、当然、彼女のことで頭がいっぱいという状態になるに違いありません。

そういう状態になれれば、もう、失恋した相手の女性のことに心を悩まされることはなくなるはずです。

大きな失恋の場合は、ほかの女性のことを好きになっても、すぐには前の彼女のことが消えないかもしれません。

しかし、少なくても一人で悶々と悩んでいるよりは、立ち直りやすくなることでしょう。

新しく好きになる女性を作るためのコツは、「相手女性の良いところを見る」ということ。

そうすれば、たとえば身近にいる女性でも、意外な魅力を発見して、好きになることがあるかもしれません。

そのようにして新しい恋をスタートさせること、これが、男の失恋から立ち直るための方法です。

仕事で大きな目標を立てる

仕事などに打ち込むというのも、男の失恋から立ち直るための有効な方法です。

とはいっても、失恋の痛みがいえない状態では、「どうやって打ち込んだらいいのかわからない」と思うこともあるに違いありません。

そこでおすすめしたいのが、大きな目標を立てるということ。

社会人の場合、「同期の社員」という存在がいるケースもあるでしょう。

その場合は、「ほかのどの同期よりも先に出世する」という目標を立てるのです。

そういう目標を立てれば、それを実現するために仕事に専念しなければなりません。

結果として、仕事に打ち込むことができるというわけです。

学生の場合なら、難関と呼ばれる企業への就職を目指して、就活してみてはいかがでしょうか。

「まだ、大学一年だから、就活なんで早すぎる」と思う人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

難関を目指すのですから、準備はいくら早くてもいいのです。

そのように、大きな目標を立てて仕事や就活などに打ち込むというのが、男の失恋から立ち直る方法です。

彼女に関するものをすべて処分、廃棄する

「恋愛に関して男はフォルダ保存、女は上書き保存」とよく言われます。

女性は新しい恋をすると、前の彼氏の上に新しい彼氏を上書きしていくのに対し、男性の場合は、別れた彼女、失恋した彼女を名前をつけてフォルダに保存するという意味です。

そのため、男性のほうが未練がいつまでも残り、失恋を長く引きずってしまうというケースが少なくありません。

そんな状態から脱するために必要なのは、「フォルダ保存をしにくい状態にする」ということ。

具体的に言うと、失恋した対象の彼女に関するすべてのものを処するのです。

彼女の写真は言うまでもありません。

そのほか、彼女に関するあらゆるデータを、きれいさっぱり処分してしまいましょう。

また、彼女から何かもらったものがあるなら、それも友達にあげるなりして、手放すのです。

彼女に関するあらゆるものをすべて処分、廃棄すること、これも、男の失恋から立ち直る方法です。

1人になって思いっきり泣く

男だからこそ、失恋しても強くありたいと思ったり、気丈に振る舞いたいと、思ったりするかもしれません。

ですが、失恋の辛さに男も女もありませんよね。

自分の気持ちを抑え込み、平静を装うのはとても辛く、かえって失恋の辛さが増すことにもなりかねません。

失恋して辛い時は、男であろうと感情を露わにして、思いっきり泣くことが何よりの解決法です。

好きな人が去ってしまった悲しみや辛さを、泣くことで思いっきり表現すると、想像以上にすっきりし、失恋のショックを軽くすることができます。

その時に大事なことは、誰にも見られずに1人で泣くことです。

失恋に限らず、男性だって涙を流すほど悲しい感情に襲われることは、よくあるものです。

だからこそ、男性でも涙を流すことに違和感は全くありませんが、人前で泣かないことこそ、男の美学なのです。

特に男性が流す悲しい涙や悔しい涙は、人知れず流すからこそ美しいものです。

失恋して辛い時は、とにかく1人きりでとことん泣くと、スッキリして気持ちが切り替えられます。

友人たちと思いっきり遊ぶ

女性は失恋しても、意外と男性より気持ちの切り替えが早いものです。

どちらかというと男性の方が女々しく、失恋の気持ちも引きずることが多いものですが、そんな時に新しい恋愛をしろと言っても、なかなか他の女性に目がいかなかったりしますよね。

フラれた彼女を忘れるために、無理に好きでもない女性と仲良くなろうとしても逆効果で、かえってフラれた彼女を思い出してしまったりします。

そんな時こそ、助けてくれるのが男友達です。

男友達だけで思いっきり遊び、時間を共有することで、失恋した傷も少しずつ癒えていくものです。

その中に、同じように失恋を経験したことがある友人がいると、気持ちを分かってもらえるため、いっそう効果的です。

失恋の悲しみを理解してくれるのはやはり同性であり、友人でもあるのです。

遊ぶだけでなく、失恋してしまった話や辛い気持ちを、じっくり聞いてもらうだけでも構いません。

男性だけの空間で、失恋という苦い経験を語り合い、分かち合うことができれば、気持ちもだいぶ楽になっていきます。

イメチェンする

好きだった人にフラれてしまうと、自分の何かを否定されてしまったような、被害妄想的な感情に陥ることがあります。

自分の悪いところが急に気になり始め、そこを直せばまた彼女とやり直せるのではないかと思ったり、自分をフッた女性を振り向かせることができるのではないか、と期待したりします。

自己嫌悪に陥り、新しい恋愛に心が向かなくなってしまうのは、このうえなく残念なことでしょう。

そんな気持ちに襲われる時こそ、思い切ってイメージチェンジしてみると、気持ちが晴れて失恋のショックも軽くすることができます。

大胆に大きくイメージチェンジせずとも、ささいな変化でも構わないのです。

髪型を変えてみたり、普段着ないような服を着てみるだけでも、大きな効果があります。

これまでの自分とは違った自分を、あえて演出することで、明るい未来を期待する心が生まれてきて、新しい恋愛にも前向きになれるはずです。

失恋から立ち直れない男には未来がない

いかがでしょうか。

男性は女性に比べて失恋から立ち直るのが遅いと言われています。

もちろん人によってその違いはあるでしょう。

しかし一つだけ言えるのは、失恋から立ち直れない男は、そこから先、何も起こらないということです。

つまり新しい女性との出会いもなければ、結婚もできない。

そんな未来が待ち構えているのがかなり濃厚になるのです。

それを考えるとできるだけ早急に失恋から立ち直るべきだと言えるでしょう。

ポイントは行動を起こし続けることです。

そして自分の価値を高める注力することです。

行動を起こすとは新しい女性との出会いをするために動くことです。

自分の価値を高めるということは、仕事などで結果を出し、地位や収入をアップさせるのが効果的です。

仕事で結果を出すことができれば、自然と自分に自信がつきますよね。

すると不思議なもので、女性もその匂いをキャッチし、いつのまにか新しい人と仲良くなり、お付き合いすることも容易になるでしょう。

重要なのは行動も価値を高めることも同時にやること。

どっちらか一方あるだけでは、なかなか結果には繋がりづらいので、なるべく同時進行で頑張りましょう。

それを継続していればいつの間にか失恋した事さえ忘れているはずですよ。

失恋から立ち直る言葉とは

失恋した彼を忘れられないときの言葉

失恋した直後は、彼が自分にとっての一番であった、という思いが拭えないものです。

もう二度とこれほどに愛せる人には出会えない。

彼ほどのステキな人はもう居ない。

そう思うからこそ、立ち直れなくなります。

そんなあなたに送りたい言葉。

『世の中にはたくさんの男性がいて、あなたが出会った彼はそのたくさんの中の一人にしかすぎないよ。

まだ出会ってないたくさんの男性の中には、彼よりステキな人も、彼以上に愛せる人もたくさんいる。

今回の人は、今はわからないかもしれないけど、あなたにとってベストな人じゃなかったんだよ。

今のあなた以上に、中身も外見もいい女になったら、それに相応しいもっといい恋が出来るんじゃない?

だからいつかまた、新しい恋愛がしたくなるその日まで、あなたはあなたらしく、自分磨きを頑張ればいいんだよ。』

後ろを振り返るのではなく、未来を想像する。

未来に向かって自分を高めていきましょう。

失恋して悲しみから抜け出せないときの言葉

一番大切に思っていた人をなくしてしまうことは、とても悲しいことでしょう。

別れを迎えると、嫌だった思い出は忘れ、楽しかった思い出ばかり思い出されます。

そしてそれが、更に悲しみを増幅させてしまいます。

そんなあなたに送りたい言葉。

『楽しかったんだよね。

幸せだったんだよね。

そんな恋愛、したいと思ったってなかなか出来ないよ。

思い出して悲しくなるなら、目一杯泣いたらいいよ。

声出して、子供みたいでも構わないから、思いっきり泣けばいい。

涙が枯れるんじゃないかと思うくらい泣いたら、凄くスッキリするよ。

我慢なんかしなくていい。

自分に正直に、泣きたいなら泣けばいい。

きっと泣くだけ泣いたら、前を向けるから。

自分がよし!がんばろって思えるまでトコトン悲しんじゃえばいいんだよ。

そして少し落ち着いたらさ、こんなに泣けるほど人を愛せた自分を褒めてあげて。

あー私こんなに人を愛せるんだなぁ、自分以外の誰かにこんなに愛情持てるなんて凄いなって。

あとは時間がかかったって、もう一度、今回以上に愛せる人がきっと現れるから。

今はとにかく泣いて、涙と一緒に全部流しちゃおう。』

悲しいときは泣けばいいんです。

泣くことで自分の気持ちに整理がつきますし、スッキリします。

明けない夜はない、止まらない涙もありません。

失恋して自暴自棄になっているときの言葉

失恋したことで、全てがどうでもよくなり、自暴自棄になってしまうことも多々あります。

どうせ私は幸せになんかなれない。

どうせ誰も私を愛してくれない。

自分を卑下したり、粗末にしていては何も生まれません。

そんなあなたに送りたい言葉。

『彼はあなたのことを何もわかってなかったんだね。

こんなに気持ちが優しくて、思いやりのあるあなたに、辛い思いをさせるなんて。

そんな何も見えてない人、別れて正解だよ。

もっと本当のあなたを分かってくれる人がきっといる。

悪いのはあなたじゃない。

理解してくれる人に出会ってなかった、ってだけの話。

きっといつか、本当のあなたを見てくれる人が現れるから。

そしたら、あーあの時別れて良かった!ってきっと思うと思うよ。

だからさ、笑って過ごそう。

本当の自分をちゃんと見てくれる人に出会えるように。』

先ずは我に返って、笑顔で前を向きましょう。

そんなあなたはきっと魅力的に映ります。

心が楽になりたいときの言葉

失恋のショックは、計り知れないものです。

好きという気持ちが大きければ大きいほど、失恋で負った心の傷も大きくなりますが、自分をフッた相手は、結果的に運命の人ではなかったということです。

誰にでも必ず、世界のどこかに運命の人と呼べる人が存在し、その運命の人に出会うために、人は恋愛という旅をしています。

好きな人にフラれたり、別れを告げられて落ち込んでいる人には、「その人は、あなたがちゃんと運命の人に出会うために、あえて去って行った人」なのだということを伝えてあげると、心が楽になるはずです。

フッた相手は、「君にはちゃんと別に、運命の人がいるよ」と教えてくれた人でもあるのです。

自分にはもっと別の運命の人がいるのだと信じることで、失恋のショックが軽くなり、新しい恋にも前向きになれます。

旅が長旅になるか、すぐにゴールに到達できる旅になるかは、誰にもわかりません。

ですが人はみな、運命の人に出会うために旅をし、その道中で道を間違えたり、ハプニングに見舞われたりしながら、やがて運命の人にたどり着くのです。

今が辛くて仕方ないときの言葉

愛情をたくさん注いだ人を失う悲しみは、想像以上に辛い経験となります。

ですが、好きな人を失う悲しみこそ、自分という人間を強くするための材料でもあるのです。

誰かを失う悲しみや、誰かのことを想えなくなる悲しみを知らない人間は、人の痛みがわからなかったり、人の奥深い感情を理解することが難しくなります。

それは結果として誰かを思いやる気持ちも持てなくなってしまい、付き合っている異性の気持ちを理解することも、できなくなったりします。

失恋という辛い経験をすることによって、人の心の痛みや傷が理解できるようになるのです。

人の心を思いやることができるようになることで、人間としても一回りも二回りも成長することとなり、失恋こそが、人間として成長するための貴重な材料ともなりえるのです。

もう二度と恋ができないと思うときの言葉

失恋ほど、時間の経過が効果的なものはありません。

人間は忘れる生き物です。

忘れたくない感情や思い出はたくさんあり、その思い出と生きていくこともできますが、反対に人間は、嫌な思い出を忘れて生きていくこともできます。

忘れるということは、最大の喜びでもあると言われるほどです。

どんなに愛した人でも、失恋という形で終わりを迎えてしまえば、その想いは成就することはなく、時間が経過すればその人への感情も薄れていきます。

無理して忘れようとしてあがくより、時の流れに身を任せるのも1つの方法なのです。

人を愛するというかけがえのない経験は、必ず自分の中に残り、その人を想う気持ちは必ず時と共に薄れていくものです。

失恋という辛い経験によって感じた苦しみや悲しみも、いずれ必ず消えるものだということを知ることで、失恋のショックから立ち直ることができます。

失恋から立ち直りたいあなたへ

いかがでしょうか。

今はすごく辛くて、目の前が真っ暗で、一生このままじゃないかと思っていることでしょう。

その気持ちは誰もが一度は通る感情です。

しかしながら、一生その気持ちが続くことは絶対にありえません。

時間が過ぎていくたびに少しずつ薄らいでいくのが実感できるでしょう。

大切なのは時間だけに任せないことです。

あなたも失恋から立ち直るためにあらゆる行動を起こさなければ、立ち直るまでの時間がどんどん長くなっていってしまいます。

一番立ち直るのに早い方法は好きな人を作ることです。

と、いきなり言われてもなかなかそんな気分にはなれないですよね。

しかし、そういう場に参加するだけでも、心の切り替わりは無意識に起こっているのです。

少々荒療治的な方法ですが、新しい男性と会話をし、触れ合うことで辛い感情はどんどん無くなっていくはずです。

失恋というのはその直後に対処しないと、どんどん傷が深くなっていくものですから、今はとことん落ち込もう・・・なんて、引き伸ばしてしまうといつまでもその失恋から立ち直ることができなくなってしまうので、注意しましょう。