モテたい女の特徴や心理とは?

モテたい女の特徴や心理とは?

モテたい女の特徴とは

同性の友人にマウントを取りたがっている

モテたいと思っている女性は、周りにいる女友達に対してモテる自分をアピールしたい気持ちを持っており、モテることでマウントを取りたがります。

ですから、こんな男性に出会って対応に困ってしまった、こんなアプローチを受けてどう応えようか悩んでいるといったモテ自慢をすることが少なくありません。

困っているといいつつちっとも困っていませんし、あなた達と違って私はこんなに男性に注目されている、私が一番なんだとそう見られたい願望からモテたがるのです。

仲良くしていても女友達はみんなライバルだと思っていて、実際に周囲の人達はまったくそういったことに対して関心を持っていなくても、一人敵がい心を抱いて争うとしています。

モテることを見せ付けて、自分はあなた達よりいい女なのだと優越感に浸りたいのです。

人一倍寂しがり屋である

モテたい女性の根底にあるのは、注目されて多くの人からちやほやされたい、優しくされたいという願望です。

ですから、モテる女性でいようと努力をしていますし、モテることでたくさんの人に寂しさを埋めて欲しいと考えています。

その特徴として、女性の場合には一人でいられない、常に誰かと一緒に行動をしたがるというタイプが多いでしょう。

誰かと一緒にいることで自分が孤独であることを考えなくて済みますし、もしモテれば他者の中で自分が一番の存在になれるかもしれないのです。

それが現実になればとても嬉しいことですし、他者の心の中に自分が大きな部分を占められるというのは満たされることでもあります。

モテるために一生懸命自分磨きをすることができるので、注目を集めるためにどんどん綺麗になれるのはいいところです。

その結果どんどん男性が寄ってくるようになるので、構ってもらえて寂しさを感じなくなり、幸せになることができます。

結婚願望がとても強い

モテたい女性は将来、素敵な旦那様をゲットして幸せな家庭を築きたいという大きな目標を持っているタイプが多いのも特徴です。

女性の中には結婚をしていることがステータスと感じ、独身女性を下に見るタイプが珍しくありませんが、モテたい女性の中には一刻も早く自分もその「勝ち組」の仲間入りをしたいと考えている人が少なくないのです。

また、子どもが欲しいという気持ちが大きく、結婚の話題同様に子どものことに関しても非常に敏感で、若いうちに結婚をしてリスクが少ないうちに子どもを作りたい、だからこそモテたい、そう考えます。

女性同士の会話でもすぐに結婚の話をしますし、男性と仲良くなるとやはり結婚を前提としたお付き合いを望みますので、男性から見ると少し重たい女性に感じられがちです。

ある意味、生物としては本能的な部分が強い女性であるともいえるでしょう。

モテることで自分に自信をつけようとしている

モテたい女性の特徴の一つが、自分に自信がないことです。

モテを意識して行動している女性は一見自分に自信があるように見えますが、実は逆。

自信がないからこそ、モテることによって自信をつけようとしているのです。

男性からのモテ度で自分の価値をはかっているので、彼氏を作りたい、幸せな恋愛をしたい、という考えは希薄です。

自分を満足させるためにモテを活用していて、実は恋愛そのものには消極的なのです。

思わせぶりな態度をとるものの、特定の恋人を作らないのは、モテ状態をキープしたいから。

男性ウケが良いファッションで多くの男性の気を引こうとしているため、個性がない女性とも言えます。

強気な態度をとっていたとしても、本当は小心者で周囲を気にしている性格をしていることが多い、ネガティブな女性なのです。

美意識が高い

美意識が高く、ファッションやメイクに熱心なのも、モテたい女性の特徴の一つです。

自分を磨き上げることに熱心な性格をしているので、向上心が強く、どちらかというとプライドが高い傾向があります。

モテたい女性は自分に合ったファッションメイクよりも、トレンド感の高さを重要視します。

ファッション雑誌やメイク雑誌、ネット情報などからリサーチ力し、最新トレンドを意識したスタイルを好みます。

それだけに、周囲と洋服やヘアスタイルがかぶりがちです。

お小遣いやお給料の多くを化粧品や洋服に費やすため、貯金がない、という人も少なくありません。

中にはローンを組んでいて、支払いに苦しんでいる、という人も。

プチ整形にも抵抗は少ないので、二重の整形や注射の注入治療を行っている割合も高くなっています。

女性なら誰でも、もっとキレイになりたい、魅力的になりたい、と思うものですが、モテを過度に意識している女性はやりすぎなことも少なくありません。

毎日を退屈にしている

自分の毎日を平凡でつまらない、と思っている女性は、モテることで変化をつけようとしています。

結婚しているのにモテたいと思っている人や、仕事内容が単調なOLに見られる特徴です。

同じような毎日に退屈していて、刺激を求めているだけ。

男性から褒められたり女性として熱心に求められることで、生活に変化をつけようとしているのです。

打ち込める趣味や熱心に取り組める仕事がなく、時間を持て余している女性に多く見られるタイプです。

浮気性の女性に見られる特徴で、常に刺激が必要なこのタイプの女性をパートナーに選んだ男性は、関係を継続させるのに苦労します。

ただし、その場で気持ちが満たされればOK、という考えなので男性に深入りすることはなく、あっさりと日常に戻っていきます。

この点が浮気性の男性とは違うところです。

モテたい女の心理とは

一人だと役不足

女性が恋愛に求めるもの、愛情、包容力、経済力、SEX、経験値、体力、時間…などたくさんあります。

女性が恋愛に多くを求める場合、やはり一人の男性ではキャパが限られているので対応しきれません。

特に若い男性は仕事が忙しく時間もなく疲れていて、むしろ自分が彼女から癒されたいと思っています。

そうなると、こういったらなんですが目的別、得意分野別に担当の男性を作るしかありません。

男性が複数と付き合う目的は肉体関係が主ですが、女性の場合精神的なものがあります。

肉体だけが目的の方もいらっしゃるとは思いますが…。

本命の足りない部分を補完してくれる人がいるから、本命とも上手くつきあっていけるのです。

これが本命一人に全体重をかけたら、負担が大きすぎて関係がギクシャクしてしまうでしょう。

以上の理由で、複数の男性にモテたいのです。

戦略的ひとたらし

女性なら学校や職場で日ごろから感じ良く、可愛がられていた方が得策です。

権力のないOLが生き残るためには必須のスキルです。

何かあったときのために日ごろから保険をかけているわけです。

しかしそうやって気遣いをしたり、愛想をふりまいたりしているうちに、中には異性として好意をもつ人もいるでしょう。

それも含めて言葉が悪いですが利用しているわけです。

豊臣秀吉が出世した理由の1つは、秀吉が人たらしであったことでしょう。

それに人をたらしたり、なだめたり、すかしたりして部下の作業効率をあげるのは、管理職ならみんなやっていることです。

サラリーマンは9割が人間関係だと言う人もいるくらいですし、人をたらすのが上手く人気者であることは、それだけで一つの武器になります。

だからモテたいのです。

いろんな男性と知り合いたい

いろんな男性と話して考え方を知ったり、一緒に遊んだりしたい場合です。

飽きたら次、飽きたら次といろんな人と仲良くなりたいのです。

あの男性はここが素敵、あの男性はここが素敵と、いろんな男性に興味があるのは、基本的に男性のことが好きなんです。

兄のいる妹に多いタイプです。

しかしこれはモテる女性でないと成立しないのでモテたいのです。

また女医の有名芸能人が言っていたのは、親から複数の異性と同時につきあいなさいと、言われていたそうです。

女性の旬は非常に短いですから、一人の人と何年もつきあって、年を取ってから別れたときのリスクは大きいです。

そのリスクを避けるために同時進行でおつき合いするわけです。

いろんな男性を知らないと、どういう人が自分に合うのか分かりません。

このご時勢ですから、幸せになるためにはキレイごとばかり言ってられないのです。

たくさんの男性にモテたいのはそのためです。

男性に対する警戒心が薄い

男性からモテたい女の心理として、男性に対して警戒心がなく心理的距離感が近い傾向にあります。

例えば、男性とのコミュニケーションで距離感を保たず、フランクに接しようとします。

また、何かされたら怖いといった発想が弱いので、男性からの遊びの誘いもすんなり受け入れてしまう傾向が高いです。

その為、男性から仲良くなれる反面、ぞんざいに扱われたり友達扱いになってしまうケースも発生します。

もちろん、警戒心が薄ければ薄い分だけ、男性も誘いやアプローチをしやすくなるのでモテる可能性はありますが、あくまで可能性なので絶対とは言い切れないです。

ですが、モテたい女の心理として、「男性との距離感を詰めればモテるでしょう」という考えがあるので、それだけではないという所に着目したいです。

それよりも、女としての魅力を磨き、何かにひたむきに頑張っている姿の方がモテるので、そういった姿勢を見せるように努力するようにしましょう。

女友達よりも男性の誘いを優先したい

モテたいがあまりに、男性の誘いがあれば、仮に友達の予定が入っていたとしても断って、男性と会う方向に行きます。

別に好きな男性でなくても、男性から誘われたらすぐ行くのがモテたい女の心理の特徴です。

その為、どうしても女友達から疎遠になり、「最近付き合いが悪くなった」と思われてしまいがちです。

本人としては、「男性から誘われている=女としてのステータスが高い」と認識しているので、女友達の付き合いが悪くても多少であればへっちゃらという図太さも兼ね備えています。

また、「男性から誘われている=この男性は私のことを好いている」という心理が働くので、モテたい女の心理は男性の言動に対してかなりポジティブな考えを持っています。

男性からモテたいという心理は分かりますが、あまり男性ばかりの誘いを受けてばっかりいると、女友達から疎遠になってしまいます。

女友達の友情にヒビが入ったら修正にかなり苦労がかかるので、男性の誘いも程々にし、女友達との接点もしっかり持つようにしましょう。

チヤホヤされたい

男性からチヤホヤされたいが為に、男性に対する好みのハードルが低く設定してあります。

これは、モテたいが為に意図的に広くさせているので、決して惚れっぽいという訳ではありません。

「あの人とはちょっと関わりたくないな」と思うような男性でも、フランクに接することができるのが、モテたい女の心理とも言えます。

本人としては、男性からモテていることが快感で、それが多くの男性であればある程に喜びを感じるのです。

男側からしたら魔性の女とも言えますが、ある意味で自身の欲求に素直とも言えるでしょう。

しかし、ここまで自身の欲求に素直になると、女性ばかりか男性からも非難を浴びさせられる可能性が高くなります。

そうなると、今までアプローチされてきていた男性から陰口や文句を言われるようになり、女性からは男性が集まるような合コンの席に呼ばなくなるようになります。

どちらにせよ、男女共に嫌われる可能性を秘めているので、いたずらに男性を振り回さないようにしましょう。