友達がいなくて孤独で寂しいときの対処法とは?

友達がいなくて孤独で寂しいときの対処法

ペットを飼う

たまには旅行にでも行きたいなと思うけど、自分には声をかけられる友達もいない。

いざ楽しい計画を立てても、それに同意してくれる友達がいないことは、本当につらいですよね。

そういった人には、「ペットを飼ってみる」ことを強くおすすめします。

ペットの種類は、ポピュラーな犬や猫、またハムスターなどの小動物でも構いません。

大切になるのは「自分がどれだけ思い入れを持てるか」ですから、あえて高価なペットを飼う必要など全くないのです。

ペットを飼うことになると、当然ながらお世話をする時間が必要になるため、その分自身が自由に使える時間については減ることになります。

ですが、友達がいなくて孤独で寂しいと感じている人にとっては、そんな時間が何物にも代えがたい癒しの瞬間になるのです。

ただし、ペットを飼うからには最後までお世話してあげる必要がありますので、その点だけには十分注意しておきましょう。

仕事に没頭する

自宅にひとりでいると、友達がいないことから来る孤独感にさいなまれてしまう。

外にいるときはそんな一面を見せない人も多いですが、実はその陰でそういった悩みを抱えている人たちも多数存在します。

だからといって、友達はある日突然できるものでもありません。

ではいったいどうすればいいのかというと、代わりに「仕事の鬼になる」方法があるのです。

あえて「友達と遊んでいる時間はムダな時間だ」と考えるようにし、自分に友達がいないことをまず肯定します。

そして、友達と遊んだりする時間を確保しなくていい分、徹底的に仕事に打ち込むのです。

仕事に集中していれば孤独感もずいぶんと軽減されますし、さらにその副産物として、得られる収入が増えるといったメリットもあります。

慣れるまでは多少たいへんかもしれませんが、仕事の鬼になることは自分のためになると考え、一心不乱に取り組んでみましょう。

ネット上やネットゲームなどで友達を作る

友達がいないことで孤独感に襲われる瞬間というのは、いったいどんなときに訪れやすいのでしょうか?

それは、「誰とも関われていないと感じたとき」です。

仕事が終わっても誰からも誘われることなく、帰宅したらひとりでご飯を食べて、あとはシャワーを浴びて寝るだけ…

そんな生活を繰り返すことは、友達がいない自分の心に塩を塗りこんでいるようなものです。

ですからそういった人は、まず「インターネット上でのつながりを強化する」ところから始めてみましょう。

インターネット上で関わりを持つ人たちは、確かに友達とまでは呼べないかもしれません。

ですが、誰とも関われていないという思いを消し去るためには、それでも十分頼りになります。

あくまで表面上の付き合いだけになりますが、どうしても孤独感から解放されない人は、インターネット上の広い世界に目を向けてみましょう。

新しい趣味を作る

誰でも一人でいる時間が長くなれば、孤独を感じて寂しいと思うものです。

ですがそれをそのままにして、ずっと同じ状態を続けていても変わることはなかなかありません。

ですので、まずは何でもいいので自分が興味のあることに色々と挑戦してみるとよいです。

絵を書いてみてもいいですし、ブログを始めてみてもいいと思います。

とにかくやってみることが大切で、それが自分に合わなければやめてしまっても構いません。

楽しいことをしている時や目標にむかってがんばっている時は、人は一人でいても孤独を感じにくいものです。

子供の頃は夢や目標がたくさんあったので、それに向かってがんばることで孤独だとはあまり感じなかったのではないでしょうか。

実は大人でもそれと同じことが言えるのです。

新しいものにどんどん挑戦していく中でやりたい事も見つかるかもしれませんし、新しい友達ができるなんてこともあると思います。

目標を持ち長期的な計画を立てる

趣味と似ているのですがこちらは少し方向性が異なる対処法であり、孤独を感じにくくする予防的な側面もあります。

孤独で寂しい気持ちというのはある種の空虚感のようなものです。

この虚しさに対処、予防することで孤独で寂しい気持ちを感じなくすることができます。

具体的には、長期的に実現可能な計画を立てることです。

わかりやすい例でいうと、旅行などがそれにあたります。

旅行をするとなったら、目的地から当日のスケジュール、必要なもの、必要な金額など様々なことを考えなければなりませんし、それに向けて準備をする必要がでてきます。

そして長期的な目標を持つ一番のよさは、この計画を立てるというところにあります。

順序立てて頭をフル回転させる必要があるので寂しさを感じる隙間がなくなり、それに向かってがんばることで虚しさも感じることなく充実した毎日を送ることができるのです。