聞き上手になるコツとは?おすすめの方法を6つ紹介!

聞き上手になるコツとは?おすすめの方法を6つ紹介!

聞き上手とは|特徴・長所・恋愛・仕事や聞き上手になるコツを解説!

聞き上手になるコツとは

人の話をしっかり聞く

聞き上手な人になるためには、まず人の話をしっかり聞ける人間になる必要があります。

相手が話している、ということを認識しているだけでは、話を聞いていることにはなりません。

相手の話をきちんと聞き取り、話の内容を理解できて初めて、話を聞いたことになります。

人から話しかけられた時には、その人が何を言いたいのか理解できるまで、口を挟まず思想にふけらず、ひたすらに話を聞き取ることにだけ集中していきましょう。

聞き上手な人と評価を受けたいのなら、話を聞きながら片手間で何かをしていたり、相手の顔を見ずに話を聞いたりするのはNGです。

話をしている人に、自分の話に集中していないのではないか、関心がないのではないかと、誤解させるような態度は慎むようにして下さい。

視線や体の向きでも、しっかりと話を聞いているということを示していきましょう。

相槌は積極的に打つ

目の前にいる人が話を聞いてくれているのかどうかは、話をしている人間からは判断できません。

耳を澄ませる、聴力を働かせるという動きは、表に出ることのない動きです。

聞き上手な人は、自ら話を聞いているという態度を積極的に出して、話をしている人にわかりやすくそれを示します。

単に集中して話を聞くというだけではなく、聞き手として話し手とコミュニケーションをとることが聞き上手になるためのコツです。

具体的には相槌を積極的に打つ、という方法でコミュニケーションをとります。

相槌というのは、あなたの話に関心がありますよ、理解をしていますよと示す行為です。

話の内容に沿って、頷いたり驚いたり、聞き返したりしながら、話に対する理解度を聞き手は話し手に伝えることができます。

日ごろから相槌を意識して行うように努力していれば、段々そのリズムが掴めてきて、いつでも自然に相槌が打てるようになるでしょう。

質問はタイミングを計って行う

相手の発言を聞き返したり、疑問点を訊ねたりすることで、会話のリズムは1度停止します。

質問は会話中にできる数少ないコミュニケーションの方法ですが、話し手は話のリズムが崩れることを嫌うので、質問ばかりをしていると、悪印象を持たれてしまうこともあります。

タイミングを計って質問を行うことが、聞き上手になるためのコツです。

とにかく相手の話が一段落するまでは、気になることがあってもできるだけ質問は慎みましょう。

まずは話し手の伝えたいことを、全て聞き取ることが先決です。

話の流れが止まった時や、ペースが落ちた時に、まだ疑問点が解消されていなかったら質問を行います。

矢継ぎ早にいくつも質問を重ねるのではなく、本当に聞きたいことだけに絞って訊ねるようにします。

相手が答えにくそうな質問は避けるとともに、自分の知りたいという欲求を満足させるためではなく、相手が聞いて欲しそうな質問を行うのがベストです。

リアクションを大きめに取る

あなたの話をしっかりと聞いていますよ、という意思表示をするのにわかりやすいのが、会話の最中に大きめのリアクションを取ることです。

面白いことを聞いたら笑い声を上げる、ビックリするようなことを耳にしたら目を見開く、残念なことを知ったら肩をがっくりと落として思いっきり悲しがる、こうした表情や身体を使った感情表現は、相手にストレートにこちらの気持ちを伝えてくれます。

もし自分がそういったタイプの聞き手と会話をしていることを考えたら、こちらの話に興味を持ってくれている、楽しんで耳を傾けてくれていると安心感を覚えることは想像に難くないでしょう。

聞き上手というのはコミュニケーションを取ることがとても上手で、それは言葉によるものだけではなくリアクションも同様なのです。

相手が喜んでくれそうなことを行動を示すことで、「もっとこの人と話をしたい」という気持ちを強めてくれます。

アドバイスより共感を示す

会話をしている時に相手が求めているのは、大抵の場合内容に対するアドバイスをすることではなく共感を示すことです。

特に女性が相手の時には顕著になりますが、相手のほうから具体的にどうすればいいのか意見を聞かれている時以外には、基本的に感情に寄り添ってあげることが聞き上手のポイントになります。

特に相談ごとや愚痴を聞く場合には、心の中に溜め込んでいることを吐き出すだけで随分楽になるものですし、聞き上手な人が頭から否定せずに理解を表せば心強く感じるものです。

そうした感情を気持ちよく吐き出させてあげるのも、聞き上手になるには大切なことになります。

もちろん、自分の考えに反することに共感することは難しいでしょうが、それでも「そうなんですね」と一旦理解を示すだけで随分と印象が異なるでしょう。

相手に「自分が受け入れられている」と感じさせるのがポイントです。

相手を褒めてあげる

会話をしていて嬉しいのは、自分が認められていると意識した時でしょう。

バカにしながら耳を貸している人との会話はつまらないどころか早々に打ち切りたくなりますが、逆に自分のことを褒めてくれる、実力を確かなものだと認識してくれているような相手との会話は次もまた、といった気持ちに繋がりやすくなります。

要するに、承認欲求が満たされやすいのです。

聞き上手な人ほど他者の長所を見つけることが得意で、会話の中でとにかくよく相手を褒めます。

小さなことでも逃がさずに、あなたは素晴らしい、そうしたところを見習いたいと尊敬の念を持って言葉で示して褒めることで、信頼を得ることができるのです。

誰もが少なからず他者から持ち上げられたり、他者よりも優位に立ちたいという欲求を持っていますから、会話の合間にプライドを満たしてあげる一言をプラスすることで、こちらの印象をグッといいものにしてくれます。