悪循環を生む原因と悪循環を断ち切る方法を紹介!

悪循環を生む原因と悪循環を断ち切る方法

あなたの日常生活において、人間関係は良好でしょうか。

人間関係で悩んでる方、困ってる方沢山いると思います。

正しい人間関係を作らないと、悪循環になってしまいます。

生きていく上でも人との関わりは沢山あります。

そのため、人間関係はとても大切です。

ではその人間関係を上手く築くにはどうしたらいいでしょうか。

そこで今回は、人間関係の悪循環の原因とその悪循環を断ち切る方法について紹介していきます。

悪循環を生む原因

原因を見つけようとしない

人間関係が上手く築けないと感じたことがある人は多いのではないでしょうか。

そんな時、あなたはどうしましたか。

この人間関係を良くしようと、人間関係が悪くなった原因を探そうとしましたか。

「いいや、人間関係悪くても関わらなけば。」

そう考えて人間関係に対して真剣に向き合わなかった人。

そのような人は、人間関係を悪循環にさせてしまいます。

自分のことだけを考えてしまう

悪循環を生む原因の1つに、自分勝手が挙げられます。

人と付き合っていく上で、相手の気持ちや考えを汲み取ることが大切です。

自分はこうしたい、こう思うなど意見や気持ちを伝えることは良いことです。

しかし、その通りにならないと不機嫌になったり、相手の意見を尊重せず自分の考えを押し付ける。

こういったことをしてしまうと、相手を不快させます。

そして相手は自分と関わるのをやめようとさえ思わせるのです。

自分の意見、考えを言わない

相手と良い人間関係を築くためには、自分の意見や考えをいう力が必要です。

あなたの周りで意見を言わない子、もしくは自分が言わないということはありませんか。

相手の意見を尊重するのは大切です。

しかし、自分の意見を言わず他の人の意見に賛成するだけでは、自分自身としても今後においても成長しません。

人間関係が悪くなると、相手に対する不満が少なからず出てきます。

その不満を自分の中にしまっておくと、相手は何も分かりません。

伝える、言うという勇気を持ってみましょう。

相手の気持ちを考えない

相手にこういうことされるの嫌だな、と感じた方はいませんか。

人は誰しも嫌ことをされると、気分が悪くなりますよね。

これと同じで、相手がこれをされると嫌だな、困るなと考える必要があります。

自分の考えだけで行動をしてしまうと、相手を傷付けてしまいます。

相手の気持ちを考えない人は、人間関係の悪循環になってしまうでしょう。

感謝の気持ちを持たず、謝らない

これは、人として基本なことです。

「ありがとう」

「ごめんなさい」

この2つは人として、当たり前のように出なくてはならない言葉です。

例として、自分の友達が感謝をせず、間違ったことをして謝らない。

そんな友達をどう思いますか。

何か人にしてもらったら感謝を伝え、迷惑をかけたら謝る。

これが自然に出来てこそですよね。

悪循環を断ち切る方法

相手を尊重する

一人一人皆んな、考え方が違います。

自分が思っていることを相手も思っているとは限りません。

自分とは違うという考えを持つことで、相手を尊重することができます。

そして、相手の考えを受け入れることができ、良い人間関係を築くことができます。

意見を言う

自分はこういう考えです、というのを相手に示すことも大切です。

自分の意見を伝えることで、相手はその時初めて自分の気持ちを知ることができます。

自分が嫌なこと、違う考えを持っていることを伝えていきましょう。

お互いが遠慮し合う、どちらかの考えで動くという人間関係では、あっさり崩れてしまいます。

お互いが考えを言い合うことで、相手の気持ちを知り行動できます。

そのため、自分の嫌なことや困ることをしないなど相手が自分のことを考えてくれるのです。

感謝を伝え、謝る

人と接する時、何かしてもらうことありますよね。

そんな時は「ありがとう」という感謝の言葉を伝えましょう。

伝えることで自分も相手も気持ち良い気分になります。

そして相手は、また自分に何かしてあげようという気持ちになるのです。

また、時には他の人に迷惑かけたり嫌な思いをさせてしまう。

そんな時は「ごめんなさい」という謝ることも大切です。

自分のせいの場合、謝ることで相手の不快感を軽減することができます。

もし迷惑かけられて、謝りもしない人が周りにいたらどう思いますか。

不快ですよね。

感謝と謝る姿勢は、生きる上で必要であり、人間関係の悪循環を断ち切る方法の一つでもあります。

繰り返す悪循環を早く断ち切ろう

人間関係を上手く築けている人は、今あげた全てをやっていると考えます。

人間関係が最悪だと、楽しいと感じなくなります。

まずは、自分が悪くさせた原因を作っていないか考えてみましょう。

自分もしくは相手が変わらないと何も変わりません。

少なからず、お互いに原因はあります。

その原因を気付けるかで、相手との関係性が変わってきます。

自分の人生を左右するとも言える、人間関係。

この記事を読んで、全ての人の人間関係が良いものに、もしくは悪循環を断ち切る役に立てればと思います。