悪影響を与える人の特徴と効果的な対処法とは?

悪影響を与える人の特徴と効果的な対処法

あなたの周りにも、周囲に悪影響を与える人は、少なからず居るのではないでしょうか。

悪影響を与える人は、どのコミュニティに所属しても一定数存在するものです。

今回は悪影響を与える人の特徴とその対処法についてご紹介します。

悪影響を与える人が近くに居て、悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

悪影響を与える人の特徴

愚痴が多い

最も分かりやすい特徴の1つと言えるでしょう。

愚痴ばかり言っている人は視野が狭く、被害者意識が必要以上に高いです。

この様な人と関わると、永遠と愚痴を聞かされることになるため、精神的に疲れてしまいます。

また、相手に対する期待値が高いため、期待を下回る言動や行動を取られると、すぐに攻撃的になります。

そのため、今までそれなりに良好な関係を築いていたとしても、少しのすれ違いで相手のことを非難します。

短絡的な非難が多いため、周囲の人はどこまでも振り回されてしまいます。

時間を持て余している

時間を持て余している人も、悪影響を与える人の特徴です。

時間を持て余している暇な人は、夢中になれるものや目標を持っていません。

そのため、周囲にばかり目が向きやすく、小さなことでも目に付けば攻撃をしてきます。

噂話が好きだったり、人と群れがちだったりする人も、時間を持て余していることが多いです。

また、日々が充実していないことが多く、不満が溜まっています。

不満を自分で解消しようと努力しないため、一緒に居ても人間としての成長が感じられない、つまらない人間だと言えるでしょう。

ネガティブ

ネガティブな人は基本的に物事に対して、後ろ向きの発言ばかりしてしまいます。

心配性、不安症、過去に大きなトラウマを抱えている人に多く見られる傾向があります。

自己否定の言葉も多く使うため、最初の内は勇気づけたくなる人も多いでしょう。

しかし、元々の性格に由来する特徴のため、どの様な言葉をかけても、第三者の力でネガティブが治ることはありません。

むしろ、ネガティブな発言を聞かされる方が精神的に参ってしまい、最終的には悪い方に引っ張られて、共倒れになってしまうこともあります。

責任感が全く無い

責任感が全く無い人は、仕事でもプライベートでも問題を起こす傾向があります。

仕事面であればミスの責任を取らない、あるいは他人に自分のミスを押し付けるなどの迷惑をかけてしまう行動が見られます。

プライベートにおいても、約束や時間が守れないなど円滑なコミュニケーションを妨げる行動を起こします。

問題を起こした本人のみが不利益を被れば、因果応報の一言で済みますが、組織で動くことの多い現実はそう簡単ではありません。

尻拭いをしなければならない人、不利益を被る人は必ず生まれてしまうため、周囲に悪影響を及ぼす特徴だと言えるでしょう。

肩書きにこだわる

肩書きにこだわる人はプライドが高く、物事を表面上でしか見ることの出来ない浅はかな人です。

肩書きに縋る節があるため、仕事やプライベートでも結果が振るわなくても、反省や改善を行いません。

また、人を表面上だけで決めつけてしまうので、コミュニティを自分から制限してしまったり、環境に順応できなかったりするところがあります。

多様性や個性を尊重する現代で、肩書きにこだわる生き方は、あらゆる可能性を閉ざしてしまいます。

自分自身のみならず、周囲にも悪影響をもたらす存在だと言えるでしょう。

悪影響を与える人への対処法

距離を置く

最も手軽に出来て、一番効果的な対処法は距離を置くことです。

物理的に距離を置くことができる場合には、物理的に距離をおくことをおすすめします。

しかし実際には、生活する上で切り離すことが出来ない職場や学校に、悪影響を与える人が存在していることも事実です。

その様な場合には、プライベートな時間が絡む接触は避ける、雑談することは避けるなど、必要以上に関わらないことが大切です。

いきなり距離を置くと、波風を立ててしまう恐れがあるため、自然に少しずつフェードアウトしていくことがコツです。

自分のことに集中する

自分のことに集中するのも1つの方法です。

悪影響を与える人と日常的に関わっていると、自分自身も相手のことが気になり、イライラしてしまいます。

相手にイライラすると物事が手に付かなくなりますし、思わず愚痴を言ってしまいたい時もあるでしょう。

この様に相手を意識し、悪いイメージを持った時点で、同じ土俵に立ってしまうことになるのです。

そのため、自分のことだけに集中することが大切です。

漠然と集中することは難しいため、何か目標を決めてそれに向けて頑張ることが良い対処法になります。

つけ込まれる原因を作らない

つけ込まれる原因を作らないことも対処法になります。

悪影響を与える人は、他人への関心と依存心が非常に高いです。

初めは相手に対して恩を売ったり、良い人を演出したりすることで、相手が隙を作る機会を狙ってきます。

相手に隙が出来ればここぞとばかりにつけ込んで、拒否出来ない状況に追い込んできます。

そのため、必要以上に頼りすぎない、芯のある人間だとアピールすることが大切です。

つけ込まれる原因を作ってしまった場合は、早めに恩や借りを返したり、自然と距離を置いたりすることを意識しましょう。

悪影響を与える人の特徴と対処法のまとめ

悪影響を与える人の特徴には、自分自身や環境への不満、自己中心的な考え方が要因であるものが数多く見られました。

この様な人と関わっても良いことは全くありませんし、精神的に疲れてしまいます。

対処法としては、距離を置く、自分のことだけに集中、つけ込まれる原因は作らない、ということが挙げられます。

勇気が必要かもしれませんが、関わらない意志を持つことと、距離感を意識することが大切です。