せせら笑う人の特徴や心理|せせら笑う人への対処法とは

せせら笑う人について、紹介します。

あなたの周りにも、「せせら笑う人」はいませんか。

あまり良いイメージのない「せせら笑う」ですが、どんな人のことを言うのでしょうか。

ここでは、「せせら笑う人」の特徴や心理の他、せせら笑う人への対処法について詳しく見ていきたいと思います。

身近にせせら笑う人がいる…という人は、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

せせら笑うの意味とは

まずは、「せせら笑う」の意味から紹介します。

「せせら笑う」を辞書で引くと、以下の意味がありました。

ばかにして笑う
あざけり笑う
小馬鹿にする

せせら笑うとは、簡単に言うなら「ばかにして冷ややかに笑う」様子を表す言葉です。

類語には、「嘲る」「冷笑」などがあり、あまり良いイメージではないのは明白ですね。

人を小馬鹿にしているわけですから、見ている方はイライラしてしまうでしょう。

そのため、「せせら笑う人」は褒め言葉として使われることはありません。

せせら笑う人の特徴

続いて、せせら笑う人の特徴について紹介します。

「せせら笑う」は良い意味で使われる言葉ではない、ということが分かりましたが、実際にせせら笑う人にはどんな特徴があるのでしょうか。

せせら笑う人の特徴には、以下のものがあります。

人を見下す

せせら笑う人の特徴には、人を見下すことが挙げられます。

せせら笑う人は、自分より実力の劣っている人などを見つけるのが上手く、そういう人のことを常に見下しています。

上から目線の発言や、人をばかにするような言動が多くなるのが特徴です。

ただし、本人は他人を見下しているという自覚はないことも多いでしょう。

自意識過剰

せせら笑う人の特徴には、自意識過剰なことが挙げられます。

せせら笑う人は、良くも悪くも自意識過剰なところがあります。

自分は凄いと思っていたり、逆に「周りから見下されている」と思い込んでいるため、周りからばかにされないためにあえて周りをせせら笑っているのかもしれません。

負けず嫌い

せせら笑う人の特徴には、負けず嫌いなことが挙げられます。

せせら笑う人は、自分が誰よりも優れていると思っているので、誰にも負けたくありません。

つまり、究極の負けず嫌いなのです。

負けず嫌いなことは悪いことではありませんが、相手を見下すのは良いことではありませんね。

プライドが高い

せせら笑う人の特徴には、プライドが高いことが挙げられます。

せせら笑う人がなぜ人を見下すのかというと、それはずばりプライドが高いから。

自分のプライドが高く、そのプライドを守るために人をばかにして、相手を下げているのです。

プライドが高すぎるのも、ちょっと厄介ですね。

ストレス発散が下手

せせら笑う人の特徴には、ストレス発散が下手なことが挙げられます。

せせら笑う人は、人を小馬鹿にしたり嘲笑うことで、ストレス発散をしています。

現代はストレス社会と呼ばれるほどストレスが多いので、ストレスを溜めずに生活することなど不可能です。

その中でもストレス発散が下手だからこそ、せせら笑うようになってしまうのでしょう。

せせら笑いの心理

続いて、せせら笑う人の心理について紹介します。

せせら笑う人の特徴については先ほど紹介したとおりですが、せせら笑う人は一体どんなことを考えているのでしょうか。

せせら笑う人の心理には、以下のものが挙げられます。

自分は優れている

せせら笑う人の心理には、自分は優れているというものが挙げられます。

せせら笑う人が人を小馬鹿にするのは、「自分は優れている」という気持ちが強いからだと言えるでしょう。

自分より実力が劣っている人のことをせせら笑うことで、自分は優れていると強く実感したいのです。

自分よりダメな人を見ると安心する

せせら笑う人の心理には、自分よりダメな人を見ると安心するというものが挙げられます。

せせら笑う人はプライドが高いと言いましたが、ネガティブな面で自意識過剰なところもあります。

だからこそ、自分の不安を払拭するために自分よりダメな人を探しているのです。

「せせら笑える相手」が見つかると、安心するのでしょうね。

優位に立ちたい

せせら笑う人の心理には、優位に立ちたいというものが挙げられます。

せせら笑う人はプライドが高く、自分が一番じゃないと気が済まないタイプも多いです。

その場合、周りの人よりも自分が優位に立ちたいという気持ちから、人をせせら笑うのでしょう。

いわゆる「マウントを取る」という行為です。

妬んでいる

せせら笑う人の心理には、妬んでいるというものが挙げられます。

「せせら笑う」は相手を小馬鹿にすることなので、自分よりも目下の人をターゲットにすることが多いです。

しかし中には、自分より優れている人を見て、その人を羨ましい、妬ましいという気持ちからせせら笑うこともあるでしょう。

自信がない

せせら笑う人の心理には、自信がないことが挙げられます。

せせら笑う人は、自分より出来ない人を見て安心する、できる人を妬むことからも分かるように、自信がない人も多いです。

その自信のなさを隠すため、表に出さないために、人をせせら笑って自分を強く見せているのです。

せせら笑う人への対処法

最後に、せせら笑う人への対処法について紹介します。

職場などの身近なところにせせら笑う人がいる場合、どう対応すれば良いのでしょうか。

せせら笑う人に困っている人、イライラしてしまう人などは、以下の方法を試してみてください。

相手を褒める

せせら笑う人への対処法には、相手を褒めることが挙げられます。

せせら笑う人は、人より優位に立ちたい気持ちやマウントを取りたい気持ちが強いので、褒めてあげると落ち着くもの。

承認欲求が強いタイプの場合特に、褒めておけばせせら笑われることはなくなるでしょう。

せせら笑う人と関わらなくてはいけないのなら、否定せずに褒めておくのが正解なのです。

プライベートを話さない

せせら笑う人への対処法には、プライベートを話さないことが挙げられます。

せせら笑う人にイライラするときは、「せせら笑われるネタ」を提供しなければ良いのです。

仕事上の付き合いがあるのなら、仕事の話だけにとどめておき、プライベートな話はしないようにしましょう。

知識や実力をつける

せせら笑う人への対処法には、知識や実力をつけることが挙げられます。

せせら笑う人のターゲットにされるのは、「その人よりも劣っている人」であることが大半です。

相手も、自分よりあなたが劣っていると思っているからこそ、せせら笑ってくるわけですから、知識や実力をつけてターゲットから外れるようにしましょう。

相手にせず放っておく

せせら笑う人への対処法には、相手にせず放っておくことが挙げられます。

せせら笑う人は、自己満足のために人をせせら笑っていて、相手を不快にさせている、傷つけているという自覚はありません。

そんな人のことを気にしても仕方がありませんから、相手にせず放っておくのが一番です。

関わらない

せせら笑う人への対処法には、関わらないことが挙げられます。

せせら笑う人といると、正直なところかなりイライラしますよね。

相手が変わらない限り、あなたのイライラがなくなることはありません。

もし関わらなくて済むような関係であるなら、関わりを絶ってしまうのも1つの方法です。

まとめ:せせら笑う人にならないようにしよう

せせら笑う人の特徴や心理、せせら笑う人への対処法について紹介しました。

せせら笑う人は、相手をばかにして冷ややかに笑っているわけですから、決して良いことではありません。

周りからも嫌われる可能性が高いので、せせら笑う人にならないようにしたいですね。

また、身近にせせら笑う人がいるときには、なるべく関わらないようにするなど、自分がストレスを溜めないようにしていきましょう。