スルーできない人の心理や性格の特徴|スルーできる人になるには?

あなたの周りにも、スルーできない人はいませんか。

人の言うことを何でもかんでも真に受けてしまい、聞き流すことができない、スルーできない人。

ここでは、そんな「スルーできない人」の特徴や性格、心理などを詳しく見ていきたいと思います。

スルーできる人になる方法についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

スルーできない人の特徴

まずは、スルーできない人の特徴から紹介します。

人の言うことを聞き流すことができない、スルーできない人。

スルーできない人には、どんな特徴があるのでしょうか。

スルーできない人の特徴は、こちらです。

詳しく見ていきましょう。

周りの目が気になる

スルーできない人の特徴には、周りの目が気になることが挙げられます。

人の話をスルーできない人は、周りの目が気になって仕方がありません。

自分が周りからどう見られているか、思われているかが気になるからこそ、自分にとって嫌なことでもスルーできないのです。

人と自分を比べる

スルーできない人の特徴には、人と自分を比べることが挙げられます。

スルーできない人は自分に自信がなく、つい人と自分を比べてしまいます。

そういう自信のなさが、「人の話はちゃんと聞かないといけない」という気持ちを作っているのでしょう。

確かに人の話を聞くことは大切ですが、何でもかんでも聞くべきとは限らないのです。

感情的になりやすい

スルーできない人の特徴には、感情的になりやすいことが挙げられます。

スルーできない人は、些細なことでも感情的になるなど、感情のコントロールができません。

急に怒り出す、騒ぎ出すというのが良い例ですね。

相手が冗談のつもりで言ったことにも瞬時に反応し、感情的になることもあるでしょう。

プライドが高い

スルーできない人の特徴には、プライドが高いことが挙げられます。

スルーできない人はプライドが高いため、周りの話を笑って受け流すことができません。

小さなことでも聞き流せずにつっかかってくるので、周りからは「空気の読めない人」と思われている可能性も高いでしょう。

ストレスを溜めやすい

スルーできない人の特徴には、ストレスを溜めやすいことが挙げられます。

スルーできない人は、相手の言うことを全て受け入れてしまうため、ストレスを溜めやすいと言えます。

周りの言うことにいちいち反応していたら、体や心が持たないのは当然のこと。

相手の言うことをスルーできないということは、必然的にストレスも溜めてしまうのです。

スルーできない人の性格

続いて、スルーできない人の性格について紹介します。

スルーできない人の特徴については先ほど紹介した通りですが、スルーできない人はどんな性格をしているのでしょうか。

スルーできない人は、以下のような性格の人が多いようです。

お節介

スルーできない人の性格には、お節介なことが挙げられます。

時々、「そんなこと放っておけばいいのに…」と思うほど、お節介な人っていますよね。

周りの目が気になって仕方がないタイプだからこそ、周りからよく思われたくてあれこれと手を出してしまうのでしょう。

世話焼き

スルーできない人の性格には、世話好きなことが挙げられます。

お節介な性格と似ていますが、人のことが気になって何でもかんでも世話を焼いてしまう人も、基本的にスルーすることができません。

周りのことなど気にしなければいいのに、気にしてしまうために世話を焼きたくなってしまうのかもしれませんね。

面倒見が良い

スルーできない人の性格には、面倒見が良いことが挙げられます。

こちらも、お節介、世話焼きと似ていますが、スルーできない人は面倒見が良い性格の人も多いもの。

自ら面倒事に巻き込まれていくのが、まさに面倒見が良いタイプですね。

スルーして知らないフリをしてしまえば済むのに、それができないのは面倒見が良いからだと言えるでしょう。

真面目

スルーできない人の性格には、真面目なことが挙げられます。

スルーできない人は、基本的にものすごく真面目な人が多いです。

真面目だからこそ、「人の話はちゃんと聞かないといけない」と思っているのでしょう。

確かにその通りなのですが、それゆえ自分が傷つくことも聞き流すことができません。

疑り深い

スルーできない人の性格には、疑り深いことが挙げられます。

スルーできない人は、相手の発言を必要以上に深読みしてしまい、真意をあれこれ考えすぎてしまいます。

それはつまり、スルーできない人が疑り深い性格だからだと言えるでしょう。

「表面上はそう言ってるけど、本当は…」と、相手のことを疑っているのです。

スルーできない人の心理

ではここで、スルーできない人の心理について紹介します。

なぜ、自分が落ち込んだりイライラするのが分かっているのに、スルーすることができないのでしょうか。

なぜスルーすることができないのか、スルーできない人の心理を紐解いていきましょう。

気になって仕方がない

スルーできない人の心理には、気になって仕方がないというものが挙げられます。

スルーできない人は、周りが何の話をしているのか、もしかしたら自分のことを話しているのではないかと気になって仕方がありません。

自信がないゆえのことなのですが、人が何を話しているのかが気になってしまうため、本能的に何でも聞き入れようとしてしまうのです。

どう思われてるのか不安

スルーできない人の心理には、どう思われてるのか不安というものが挙げられます。

スルーできない人は、周りの目が必要以上に気になってしまうため、自分が周りからどう思われているのか、不安でたまりません。

自分の悪口を言われていたら…などと考えてしまった結果、何もかもを聞く、つまりスルーできなくなってしまったのでしょうね。

冗談だと思えない

スルーできない人の心理には、冗談だと思えないというものが挙げられます。

スルーできない人は、相手の発言を冗談だととらえることができません。

それはスルーできない人が真面目な性格だからなのですが、何もかもを冗談だと思えないので、相手の発言を受け流すことができなくなってしまうのです。

バカにされるのが許せない

スルーできない人の心理には、バカにされるのが許せないというものが挙げられます。

スルーできない人はプライドが高く、ちょっとしたことでも自分のことを悪く言われるのが許せません。

それこそ、冗談やイジりなども流せずそのまま受け取ってしまうため、人間関係のトラブルが多いのは言うまでもありませんね。

嫌われるのが怖い

スルーできない人の心理には、嫌われるのが怖いというものが挙げられます。

スルーできない人は自信がありませんから、周りから嫌われたらどうしようという気持ちが、常に頭の中にあります。

相手の機嫌を損ねないように、相手が嫌な気持ちにならないようにと相手の顔色ばかり伺っているため、いつしかスルーできない人になってしまったのです。

スルーできる人になるには

最後に、スルーできる人になるにはどうすれば良いのか、その方法について紹介します。

何でもかんでもスルーしていいというわけではありませんが、自分にとって不要なことや余計なことはスルーしてしまった方が気持ち的に楽になります。

スルーできる人になるためには、以下のことを意識してみてください。

自分は自分と割り切る

スルーできる人になるためには、自分は自分と割り切ることが挙げられます。

スルーできない人は、どうしても自分と他人を比べてしまい、周りの目を気にしてしまいがち。

「自分は自分」「色々な考え方がある」と割り切ることで、自分にとって関係ない話は自然とスルーできるようになるでしょう。

話半分に受け取る

スルーできる人になるためには、話半分に受け取ることが挙げられます。

スルーする方法として最もおすすめなのが、相手の話を「話半分に」聞くというもの。

もちろん、仕事の話など重要な話は真剣に聞かなくてはダメですが、そうでない場合は話半分に聞いておけば良いのです。

「へー、そうなんだ」と適当な相槌を打っておき、話の内容は覚えていなくてもOKですよ。

自信をつける

スルーできる人になるためには、自信をつけることが挙げられます。

スルーできない人は、自信がないために周りが言っている冗談をまじめに受け取ってしまったり、「自分のことかも」と執拗に気にしてしまいがち。

堂々としているためにも、自信をつけて必要以上に気にしない人になりましょう。

ポジティブに受け取る

スルーできる人になるためには、ポジティブに受け取ることが挙げられます。

スルーできない人は、人の話を悪い方に考える癖がついていることが多いです。

深読みしすぎたりする癖が、あなたにもあるのではないですか?

どうせ深読みするのなら、ポジティブに受け取ることを意識してみてくださいね。

必要な情報だけ聞く

スルーできる人になるためには、必要な情報だけ聞くことが挙げられます。

自分にとって必要な情報、不要な情報を取捨選択することも重要です。

自分にとって何が必要なのか、不要なのかをしっかりと見極めていきましょう。

必要な情報だけを聞けるようになれば、自分の心を乱すことは自然とスルーできるようになりますよ。

まとめ:スルーできない人はストレスを溜めやすい

スルーできない人の特徴や性格、心理、スルーできる人になるための方法について紹介しました。

スルーできない人は、どうしても自分と他人を比べてしまう傾向にあり、周りの目が気になって仕方がありません。

だからこそ、ちょっとしたことでも気にしてしまうのです。

スルーするのが必ずしも良いこととは限りませんが、ストレスを溜めないため、自分が楽に過ごすためにも、適度にスルーできる人になりましょう。