生産性が高い人の特徴|生産性を向上させるにはどうすればいいの?

生産性が高い人について、紹介します。

あなたの周りにも、「生産性が高い人」はいませんか。

そもそも、「生産性が高い人」とはどんな人のことをいうのでしょうか。

ここでは、そんな「生産性が高い人」の特徴やメリット、生産性を向上させる方法について詳しく見ていきたいと思います。

また、生産性が高い人に向いている仕事についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

生産性が高いの意味とは

まずは、「生産性が高い」の意味から紹介します。

企業目標などで「生産性が高い」という表現を使うことがありますが、「生産性」の意味はこちらです。

投入した経営資源に対し、どれだけの成果を生み出せたか

少ない資源でたくさんの成果を生み出せば生み出すほど、生産性が高いと表現されます。

ちょっと難しいですが、「時間内にたくさんの仕事をこなせる人」が生産性が高い人と言って良いでしょう。

すなわち、行動や仕事が迅速で無駄がない人のことを、生産性が高いと言うことが多いです。

生産性が高い人の特徴

では続いて、生産性が高い人の特徴について紹介します。

時間内にたくさんの成果を出せる生産性が高い人には、どんな特徴があるのでしょうか。

生産性が高い人に当てはまる特徴には、以下のものが挙げられます。

詳しく見ていきましょう。

目標が高い

生産性が高い人の特徴には、目標が高いことが挙げられます。

生産性が高い人は、常に簡単には達成できない高い目標を設定しています。

休みの日などに、「今日は○○をしよう」と意気込んで始めたとき、ものすごい集中力を発揮することがあるでしょう?

生産性が高い人は、目標が高ければ高いほど集中力を発揮することができるのです。

結果を重視する

生産性が高い人の特徴には、結果を重視することが挙げられます。

生産性が高い人は、はっきり言ってしまうと「結果」しか重視していません。

そこまでの過程や努力などは、結果が出せなければ無意味だと捉えています。

結果を何よりも重視しているからこそ、高い生産性を保つことができるのでしょう。

知識、専門技術がある

生産性が高い人の特徴には、知識や専門技術があることが挙げられます。

生産性が高い人は、他の人よりも知識や専門技術があります。

これらがなければ、スムーズに仕事を進めることはできませんよね。

いちいち調べながらでは生産性は下がりますから、生産性が高い人は常に勉強を怠らないのです。

効率よく進める

生産性が高い人の特徴には、効率よく進めることが挙げられます。

生産性が高い人は、どこから手をつければ効率よく仕事を進められるか、を常に考えています。

つまり、優先順位をつけるのがうまいのです。

時間がかかりそうなものを後回しにする人も多いですが、生産性が高い人はむしろ先に始めることが多いでしょう。

視野が広い

生産性が高い人の特徴には、視野が広いことが挙げられます。

生産性が高い人は、自分だけで仕事をこなしていくわけではありません。

人には得意不得意があることも熟知していますから、得意な人に仕事を頼むこともあるのです。

仕事の割り振りができるのは、視野が広い証拠ですね。

生産性を上げるメリット

続いて、生産性を上げるメリットについて紹介します。

生産性を上げることには、どんなメリットがあるのでしょうか。

生産性が高い人の特徴については先程紹介したとおりですが、生産性を上げるメリットには以下のものが挙げられます。

信頼される

生産性を上げるメリットには、信頼されることが挙げられます。

生産性を上げるということは、それだけ仕事を確実に、素早くやれるということ。

つまり、上司などから「この人に仕事を任せておけば安心だ」という、絶対的な信頼を得ることができるのです。

これは、生産性を上げる最大のメリットかもしれません。

評価に繋がる

生産性を上げるメリットには、評価に繋がることが挙げられます。

生産性を上げることは、会社の利益に貢献するということ。

信頼されることと似ていますが、それだけ評価に繋がることは間違いありません。

あなたの仕事ぶりが正当に評価されれば、昇給や昇格など期待できるでしょう。

時間を有効に使える

生産性を上げるメリットには、時間を有効に使えることが挙げられます。

生産性を上げると、残業が減るため自分の時間を有効に使うことができます。

仕事のペースが遅い人は、どうしても時間内に仕事が終わらないので残業も増えてしまいます。

生産性が高いとそういうことがないので、自分の時間を有効に使えるでしょう。

モチベーションが上がる

生産性を上げるメリットには、モチベーションが上がることが挙げられます。

生産性が高くなると、昇給や昇格などの「目に見える評価」を得ることができるため、仕事に対するモチベーションも上がるでしょう。

モチベーションが上がることで、更に生産性を高めることができるので、どんどんプラスの効果を発揮していくのです。

ストレスを溜めにくい

生産性を上げるメリットには、ストレスを溜めにくいことが挙げられます。

生産性が高い人は残業も少ないですし、自分のペースで仕事を進めていけるためストレスを溜めにくいと言えるでしょう。

また、視野が広く周りと協力することもできるので、職場のやっかみなどの人間関係のトラブルに巻き込まれることも少ないのです。

生産性を向上させるには

ではここで、生産性を向上させるにはどうすれば良いのか、その方法について紹介します。

生産性が高いことは、仕事にも良い影響を与えるもの。

とはいえ、どうすれば生産性を向上させることができるのでしょうか。

生産性を向上させるためには、以下のことを試してみてください。

自己分析する

生産性を向上させるには、自己分析することが挙げられます。

自分は何が得意で何が苦手か、自分の長所と短所は何かなど、はっきり示すことができますか。

自分の能力を把握することは、生産性を高めるためには必要不可欠。

まずは自己分析し、自分について理解することから始めましょう。

自分のリズムを作る

生産性を向上させるには、自分のリズムを作ることが挙げられます。

生産性を高めるためのやり方は、人それぞれ違います。

自分なりのやり方やペース、ルーティンなどのリズムを作ることが大切です。

周りの人のやり方が自分にも合っているとは限らないので、「自分のリズム」を作りましょう。

後回しにしない

生産性を向上させるには、後回しにしないことが挙げられます。

生産性が高い人は、めんどくさいことを後回しにはしません。

むしろ、先に手をつけるのが生産性が高い人。

めんどくさいこと、やるべきことを後回しにしないことが大切です。

メリハリをつける

生産性を向上させるには、メリハリをつけることが挙げられます。

生産性を高めたいからといって、一日中パソコンに向かっていても効果はほとんどありません。

やるときはやる、休むときは休むというメリハリがあるからこそ、集中力が増して生産性が高まるのです。

がむしゃらにやるのではなく、メリハリをつけることを意識していきましょう。

やることをタスク化する

生産性を向上させるには、やることをタスク化することが挙げられます。

仕事では、やることが一つだけということはないですよね。

大抵は、複数のやることがあるはずです。

それらを全てタスク化し、目に見える形にしましょう。

そうすることで、自然と優先順位がつけられるようになり、生産性も向上していくのです。

生産性が高い人に向いている仕事とは

最後に、生産性が高い人に向いている仕事について紹介します。

生産性が高い人は、他の人よりも多くの成果を出せる人ですが、どんな仕事が向いているのでしょうか。

基本的に生産性が高い人は、どんな仕事でもその能力を発揮することができますが、以下の仕事は特におすすめです。

生産技術

生産性が高い人に向いてる仕事には、生産技術が挙げられます。

生産技術とは、生産ラインの設計や管理をする仕事のこと。

何をどれだけ仕入れ、どんなペースで仕上げていくなどを総合的に考えなければならず、会社全体の生産性が高くなるかどうかは、生産技術にかかっていると言っても過言ではありません。

モノづくり

生産性が高い人に向いてる仕事には、モノづくりが挙げられます。

生産性が高い人は、限られた時間内に多くのモノを作ることができますから、量産するべき仕事は向いているといえます。

工場の部品作りなど、数をこなすべき仕事なら、その生産性の高さを存分に発揮することができるでしょう。

経営コンサルタント

生産性が高い人に向いてる仕事には、経営コンサルタントが挙げられます。

経営コンサルタントは、その会社の経営見直しなどを図る仕事で、生産性を理解していなければ行うことはできません。

生産性が高い人なら、どうすれば生産性を高めることが出来るかのノウハウを知っていますから、経営コンサルタントは天職だと言えるでしょう。

事務

生産性が高い人に向いてる仕事には、事務が挙げられます。

事務仕事は一見地味ですが、様々な仕事をこなさなくてはなりません。

視野が広く、優先順位をつけられる生産性が高い人には向いてる仕事の1つ。

パソコン作業がメインになり、確実性も求められる仕事です。

経理

生産性が高い人に向いてる仕事には、経理が挙げられます。

事務と似ていますが、経理もたくさんの領収書をまとめていかなくてはいけないので、生産性が高い人が重宝される仕事です。

特に月末などの締め日には、大量の領収書をさばかなくてはいけないので、生産性が高い人におすすめだと言えるでしょう。

まとめ:生産性が高い人になろう

生産性が高い人の特徴やメリット、生産性を向上させる方法、そして生産性が高い人に向いている仕事について紹介しました。

生産性が高い人は、周りの人よりも大きな成果を出すことができ、会社の利益に大きく貢献しているといえます。

当然ですが会社からの評価も高くなりますし、昇給などにも繋がるでしょう。

生産性を高めるためには、あなた自身の意識が非常に重要なので、ぜひ意識して生産性が高い人になりましょう。