説得力がない人の特徴|説得力がない短所を改善するには?

説得力がない人について、紹介します。

あなたの周りにも、説得力がないなと感じる人はいませんか。

何かを説明されたり勧められたりしても、なんとなく納得できない…と感じることってありますよね。

ここでは、そんな「説得力がない人」の特徴や説得力がない人への対処法を見ていきたいと思います。

また、説得力がない短所を改善するにはどうすれば良いのか、その方法についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

説得力がないの意味とは

まずは、「説得力がない」の意味から紹介します。

「説得力」を辞書で引くと、以下のような意味がありました。

会話や文章などで、相手を納得させたり受け入れさせる力のこと

たとえば、自分と異なる意見の人に対し、自分の意見の根拠や理屈などを説明することで、相手に納得してもらう(自分の意見を受け入れてもらう)ことが「説得」です。

説得力がない人は、こういう説明ができないため、相手を納得させることも受け入れさせることもできません。

説得力がない人の特徴

では続いて、説得力がない人の特徴について紹介します。

説得力がない人は、いくら頑張って説明しても相手にそれが伝わりません。

なぜ、相手を納得させることができないのでしょうか。

説得力がない人の特徴は、こちらです。

口だけで行動しない

説得力がない人の特徴には、口だけで行動しないことが挙げられます。

親や上司、彼氏など、「説得力がないな」と感じる人のほとんどは口だけで何も行動していません。

口で言うだけなら、はっきり言って誰にでもできますよね。

口先だけで行動しない人からは、説得力の欠片も感じられないでしょう。

視野が狭い

説得力がない人の特徴には、視野が狭いことが挙げられます。

説得力がない人は、視野が狭く周りが見えていません。

自分の目の前のことしか見えていないため、発言に矛盾が多いこともあるでしょう。

視野が狭く矛盾がある人の発言は信用できませんから、説得力がないと思われるのも当然ですね。

経験が伴っていない

説得力がない人の特徴には、経験が伴っていないことが挙げられます。

たとえば、「いい学校に行かないと就職できない」「学歴がないとダメだ」と親に言われる人もいると思いますが、親自身に学歴がないとしたらどうですか?

親も学歴なんてないのに…と思ったら、納得なんてできませんよね。

説得力がない人は、このように経験が伴っていないことも多いのです。

本当にそう思っていない

説得力がない人の特徴には、本当にそう思っていないことが挙げられます。

通販番組などで、思わず「いいな」「買っちゃおうかな」と思えるものは、販売員の「本当にこれをおすすめする」という気持ちが伝わってきますよね。

説得力がない人は、本心が伝わってこないのです。

客観的な事実がない

説得力がない人の特徴には、客観的な事実がないことが挙げられます。

「自分はこう思う」という主観も大切ですが、説得力を左右するのは具体的な事実、つまり客観的な事実なのです。

「○○のアンケートでは何%の人がYESだった」などの客観的な事実があれば、納得しやすいですよね?

説得力がない人は、主観だけで話していて客観的な視点からの説明がありません。

説得力がない人への対処法

続いて、説得力がない人への対処法について紹介します。

あなたの身近に説得力がない人がいるときは、どうすれば良いのでしょうか。

説得力がない人の話を聞いているとイライラしてしまいますから、以下の方法で対応していきましょう。

スルーする

説得力がない人への対処法には、スルーすることが挙げられます。

説得力がない人の説明は、真剣に聞いてもどこか納得できないもの。

残念ですが、信ぴょう性に欠けるものを真剣に聞いても時間の無駄でしかありません。

説得力がない人の話はスルーして、聞き流してしまいましょう。

相手にしない

説得力がない人への対処法には、相手にしないことが挙げられます。

スルーすることと似ていますが、説得力がない人のことは相手にしないのが一番です。

なぜなら、相手にすればするほど説得力がない人が付け上がるだけだから。

説得力がない人といるとイライラする場合は特に、相手にしないようにしてください。

根拠を聞いてみる

説得力がない人への対処法には、根拠を聞いてみることが挙げられます。

説得力がない人の話は、大抵の場合根拠がありません。

だからこそ、「根拠は何なの?」と聞いてみてください。

ここでその発言の根拠を言えれば、相手の言うことにも説得力があると考え直せますね。

放っておく

説得力がない人への対処法には、放っておくことが挙げられます。

スルーする、相手にしないことと似ていますが、説得力がない人のことは放っておくようにしましょう。

経験が伴っていない人の発言など、聞いたところで何の意味もありません。

「また言ってるな」くらいに思っておけば良いのです。

言わせておく

説得力がない人への対処法には、言わせておくことが挙げられます。

説得力がない人には、勝手に言わせておきましょう。

めんどくさいなと感じるときこそ、「いいですね」「検討してみます」などと答えておき、相手に好き勝手言わせておくのも1つの方法ですよ。

説得力がない短所を改善するには

最後に、説得力がない短所を改善するにはどうすれば良いのか、その方法について紹介します。

説得力がないことは、ビジネスの場では特にマイナス評価になってしまうもの。

「説得力がない」ことを改善するには、以下のことを試してみてください。

知識をつける

説得力がない短所を改善するには、知識をつけることが挙げられます。

知識がない、もしくは自分自身が理解していないことは、説明もあやふやになるため説得力がなくなります。

まずは、十分な知識をつけ、あなた自身がそのことについて理解することから始めましょう。

経験に基づいて話をする

説得力がない短所を改善するには、経験に基づいて話をすることが挙げられます。

「自分が聞いた話」よりも、「実際に体験したこと」の方が説得力が増すことは、言うまでもありません。

説得力がない人は、経験談を交えて話すことを心がけてみてください。

「実際に私はこうだった」という経験談があるだけで、発言の信ぴょう性はグッと増すものです。

いい加減なことを言わない

説得力がない短所を改善するには、いい加減なことを言わないことが挙げられます。

説得力がない人は、「その場しのぎの会話」をしてしまいがち。

今を乗り越えればいいという考えで話しているので、真剣さが相手に伝わらないのです。

いい加減なことを言うのはやめて、自分が心から思っていることを伝えるのがおすすめです。

自信を持つ

説得力がない短所を改善するには、自信を持つことが挙げられます。

説得力がない人は、自信がないため相手にも嘘っぽく聞こえてしまいます。

自信満々に堂々としている人の話の方が、何となく信じてしまいたくなるでしょう?

自信があるかどうかは、説得力の有無にも大きく関わってくるのです。

話し方を変えてみる

説得力がない短所を改善するには、話し方を変えてみることが挙げられます。

語彙力のなさや表現の仕方によって、説得力がないと感じてしまうのかもしれません。

あなたが「あの人の話し方は説得力があって凄いな」と感じる人の話し方を真似してみるなど、話し方を変えてみると、一気に説得力が出ることもあるでしょう。

まとめ:説得力がないと信用してもらえない!説得力のある人になろう

説得力がない人の特徴や説得力がない人への対処法、そして説得力のなさを改善する方法について紹介しました。

説得力がない人は、何を話しても嘘っぽく感じてしまい、信用してもらえないことが多々あります。

仕事では特に、信用してもらえないのは致命的ですよね。

自分自身の知識や経験を積み、説得力がある人になりましょう。