責任感が強い人の心理や性格の特徴!責任感が強い人におすすめのストレス解消法も紹介!

あなたの周りに責任感の強い人はいますか?

とあるアンケートでは、8割の人が身近に責任感の強い人はいると回答をしていました。日本人の性格は、我慢強く真面目で働き者といわれ責任感も強い傾向にあると思われます。

しかし、責任感が強くなりすぎて思考が堅くなり余計な心配をして辛くなる人も多いようです。

責任感が強い人は信頼できて頼もしい反面、少々厳しくキツイことをいわれてヘコむことはありませんか?

そこで今回は「責任感が強い人」について詳しく解説します。責任感が強くてしんどい人におすすめのストレス解消法も紹介していますので、是非最後まで読んでください。

責任感が強いの意味とは

責任感が強いという意味の解説をします。

責任感が強いとは、任された仕事は「義務」と思って、最後までやり遂げる人のことをいいます。なので、途中でミスやトラブルが起こったら冷静に考えいち早く軌道を修正できるよう励み、自分の責任として処理をします。

言葉にも責任感が現れます。
責任感が強い人の言葉には一過性があり、あやふやな表現をしません。あやふやな言葉を使う人は、何かあったとき責任逃れできるようによく使います。

責任感の強い人は、相手の期待を裏切らない行動をすることや自分に厳しく達成するため意志を強く持っている人をいいます。

責任感が強い人の特徴

責任感の強い人は信頼できて安心して任せることができますよね。
共通することは、何事も真摯に向き合っている・軽率なことはしない人だと感じます。
ここでは、「責任感が強い人」がよくやる行動などの特徴を解説します。

人の話を間違って解釈しない

責任感が強い人は、人の話をきちんと聞く人です。
任されたことを最後まで完璧にしようと、人の話を忘れないようにメモをすることや解り難いことは必ず聞き返し、あやふやな解釈をしないようにします。
相手が伝えたことを確実に覚え、その通りに行動ができるので信頼できる人です。

約束の時間前には到着している

責任感が強い人は時間をしっかり守ります。約束の時間の10分前に到着していて相手を待たせることはしません。
約束の時間前には必ずいるので、責任感が強い人は大抵「待つ側」になることが多いでしょう。
なので、余程のことがない限り遅刻をする人ではありません。

人の噂話をしない

言葉にも責任を持つ人なので、根拠のない噂話はしません。知らないことは「知らない」というので、分かったふりをして注目を浴びようとする人ではありません。

相手に嫌な思いをさせる嘘はつかないのはもちろん、自分の欲や保身のために嘘をつくことも決してしません。
責任感が強い人は、ゴシップネタを自ら発信する人ではありません。

ルールは徹底して守る

ルールをきちんと守る人です。

ルールに徹していれば、後からトラブルがあっても責任を負うことはありません。多少臨機応変にすると楽にできることもあります。しかし、責任感が強い人はたとえ二度手間になろうがルールはきちんと守って不正はしないよう行動をします。

何もかも背負ってしまう

責任感の強い人は「決して失敗はしない」をモットーに行動をします。何事も一生懸命で頑張りすぎる印象があります。
家事も仕事も100点満点を目指し、自分にも他人にも厳しいので目つきが怖いときがあります。
何でも完璧にやろうとする姿は立派ですが、張り詰めたゴムのように近寄りがたいこともあります。

責任感が強い人の性格

責任感が強い人はとてもしっかりしているので頼りになりますよね。
ここでは、責任感の強い人の性格を具体的に解説します。あなたや周囲の人の性格に当てはまっているか比べてみましょう。
多く当てはまっている人ほど、責任感の強い性格といえるので参考にしてください。

真面目

責任感が強い人の性格として1番に挙げられることは真面目な性格です。
さぼることや手抜きをすることが苦手なので、マニュアル通りに勧めていく完全なプロセス型な人といえます。
臨機応変に道をそれて対応することはしたくありません。頭が堅いところがあるので、柔軟性に欠ける点もあります。

我慢強い

何事も真摯に向き合い最後までやり遂げる責任感の強い人は、壁にぶつかっても何とか乗り越えようと頑張ります。

思っていたことと違って予想以上難しいと感じると途中で辞めたくなりますが、自分から「やります」と向き合ったことは、逃げようとしません。
つらいことも耐えて逃げず最後までやり遂げられる責任感の強い人は、我慢強い性格です。

正義感がある

責任逃れをすることを許さないので正義感がある人です。
責任感が強い人は嘘をついて言い逃れをするような人を見くびっているので、自分はそのようなことはしたくありません。
なので、正面から立ち向かい「責任は私が取ります」とハッキリいえる勇気があります。
責任感が強く正義感があるので、リーダーに抜擢され張り切ってチームを束ねていくでしょう。

小さな約束でもきちんと覚えている律儀な人

律儀な性格なので、どんなに小さな口約束でも守ろうとします。
雑談の中で自分から「CD貸すよ」と言ったことを覚えていて、再会したときCDを持ってきて忘れている相手を驚かせることも。
他には、些細なことでも何かしてもらったときは相手にお返しをする律儀な性格をしています。

しっかり者の優等生と強い心の持ち主

優等生で時折見せる野心的な部分も持ち合わせています。

コツコツ努力を重ねる優等生のような人なのでしっかりした性格の持ち主です。しかし、大人しく真面目なだけではなく、内に秘めた強さも持ち合わせています。人に頼ることは嫌で、1人で切り開こうとする野心的な一面もあります。

責任感が強い人の心理

ここまで、責任感の強い人の特徴・心理を紹介しましたがいかがだったでしょうか?

「こういう人と仕事したいな」「ちょっと堅っくるしいな」など感じたことでしょう。

ここでは、責任感の強い人の心理を紹介します。ちょっと苦手と感じる人は、彼らの心の声を聞いてみませんか?

あやふやに聞かない・話さない

人に何か伝えようとしたとき、相手が間違って解釈すると、状況と食い違いが出ます。

責任感の強い人は、聞き間違えをした人からあやふやな情報を伝えられ困惑したことや伝えたことをちゃんと聞いてくれなかった経験から「話はきちんと聞くべき」と思っています。

正しい情報を正確に伝えること、受け入れることを心がけています。

遅刻しないように早めに家を出る

約束の時間のギリギリに行かず早めに到着するのは、途中で何かあったときでも間に合うよう動いているからです。

約束の場所まで、自動車やバスで行く場合途中で渋滞に巻き込まれるかもしれません。
なので、バスが遅れる可能性などハプニングを想定して遅れないように行動をしているのです。

目覚ましを2つセットして必ず起きれるように、遅刻しない努力は怠りません。

決して人を裏切らない

約束を守ることは当然なので、絶対に秘密をもらすようなことはしません。
しかも、知らないふりまでして洞察力の高い人からも見抜かれないよう・悟られないようにします。

人を傷つけるような悪い嘘は嫌いな人ですが、場合によって上手に嘘を使い分けようとします。
「人を裏切らないこと」が、大前提だからです。

信用できない人には頼みたくない

他人を頼りたくないのは、自分に任された仕事という自覚が人一倍強いからです。

また、頼って上手くいかなかった経験から「だったら1人でやった方がよかった」と思い、1人黙々とやりたいと考えています。

責任感の強い人が頼みごとをする場合は、自分が認めた人でないと頼りたくないと思っています。

ゆるく適当な人はいけ好かない

いい加減な人にイライラしてきます。
自身がきっちりしている性格なので、約束にルーズな人やお喋りばかりでダラダラ仕事をする人に厳しい態度を取ることもあります。

なので、仕事中に私語が多い同僚や店員さんは苦手です。「今は仕事の時間なのに」と、いい気がしないようです。

責任感が強い人の長所と短所

責任感の強い人は他人の希望に答えたという達成感がある人です。なので、任務のためなら無我夢中で頑張る人です。

しかし、懸命に働きすぎることで空回りしてしまうこともあるようです。
ここでは、責任感の強い人の長所と短所を紹介します。

長所

安心して仕事を任せられる

責任感の強い人の長所といえば「中途半端な仕事をしない誠実さ」ですね。

マニュアルに従い丁寧に仕事をすることや、苦手な仕事でも全力で立ち向かって最後までこなすのでどんな仕事でも中途半端に終わらせることはしません。

安心して仕事を任せられるところが彼らの長所です。

出世頭になりやすい

安心して仕事が任せられる長所を持つ責任感の強い人は、昇給・昇進が同期より早く進みやすいメリットがあります。

責任のある人は信頼されやすいので、大事な仕事を安心して任せることができます。責任のあるポストに空きが出た場合、責任感のある人にまず声がかかるでしょう。
責任感が強い人は、管理職を目指す人にとって最高の長所といえます。

あなたのことを大切に扱ってくれる

相手を裏切るような行動をしません。時間・約束は必ず守ります。
責任感の強い人と行動すると、待たされることがないのでそのあとの予定もスムーズです。また、秘密を守るので大事な相談は責任感のある人にすると真摯に向き合ってくれクールな頭脳を使って的確なアドバイスをしてくれます。

短所

計画が狂うとテンパる

142
真面目過ぎてルール通りにやろうと臨機応変に対応できないところがデメリットです。
何より苦手なのが突然のアクシデントです。
責任感の強い人の頭の中では、スタートから完結するまでのプランを頭の中で組み立てています。想定外のことが起ると冷静さを失うほどテンパってしまうことがデメリットでしょう。

注意や指摘しただけでウザがられる

責任感の強い人は完璧さを求めています。自分にも厳しく他人にも厳しいので、目についたことをとっさに注意することがあります。

本人は親切心で小言を言っているつもりでも、相手からすると批判されていると捉え「いちいちうるさい」と誤解されます。
言い方がキツイと、いつの間にか人から避けられてしまい寂しさを感じることがあります。

何もかも1人で抱え込もうとする

責任感の強い人は考え方の1つに、「何が何でも絶対にやる」と使命感を持っています。
与えられた仕事は自分がやらなくてはならないと、1人で抱え込んでしまうこともあります。
その結果、あれこれと不安材料が集まってきて「急に熱が出て出勤できなかったらどうしよう」といったことまで考え込むようになります。

責任感が強い人におすすめのストレス解消法

責任感の強い人は我慢強く人前で弱みを見せません。

泣きたいときや憂鬱なときも、笑顔でいるので周囲から気がつかれにくいです。
ここでは、責任感の強い人にとってストレスがたまって辛くなる前にやっていただきたいストレス解消法があります。

ときには、ピンと張り詰めた糸を緩めてあなたの心に合いそうなことを選んで実践してみてください。

軽い運動・ストレッチをする

責任感の強い人は肩に力が入っています。肩こり・腰痛・関節痛などで困っていませんか?
身体が凝り固まっていると、思考まで凝り固まって余計なことを考えすぎてしまいます。
1日のスキマ時間にストレッチをすることやお昼休みに散歩すると、気分転換できておすすめです。

在宅の人は、踏み台昇降をするなど軽く運動をして血流を促しましょう。軽く汗をかくと、気持ちはスッキリしてストレス解消に繋がります。

涙を流すことで心は浄化する

1人で抱え込んで心が辛くなることはありませんか?
実は感情が絡む涙を流すと、「カタルシス効果」といって精神の浄化作用があるといわれています。
なぜなら、涙を流すと副交感神経が優位になりリラックス効果が得られるからです。心が疲れたときは泣くことでスッキリできるのです。

あなた自身が「労う日」を作る

月に1度か2度、自身を労う気持ちで「労う日」を設けてみてはいかがでしょうか?

レストランで食事をすることや心身共にリラックスできるヘッドスパやマッサージ・エステにいくのもいいですね。
半年に一度くらいは素敵なホテルで1泊のんびり過ごし、リラックスできたのなら無駄使いとは言えないでしょう。あなたの心が喜ぶことをやってみてください。

熟睡できる環境を作ろう

熟睡できる環境を作りましょう。
責任感の強い人は心の身体も無理をしがちです。無理がたたって急に体調を崩すこともあるでしょう。

どの年代でも質のいい睡眠は大事です。寝返りの打ちやすいパジャマに変えることや、布団や空調を整えると気持ちよく眠ることができます。

睡眠に良い食事を取るようにします。寝る前に乳酸菌飲料を飲むのもいいです。
おすすめは朝食に味噌汁を食べると幸せホルモンが活性化するので、夜の睡眠にいい影響を与えてくれます。

信頼できる人に心の詰まりを吐き出そう

何か相談したいことがあっても相手に気をつかって1人で悩んでいませんか?責任感の強いあなたは特にその傾向が強いのでしょう。

心が張り詰めてきたときは、誰か信頼できる人に話を聞いてもらって下さい。
みんな、多かれ少なかれ悩みを抱えて生きています。話した相手ももしかしたら、似たようなことで悩んでいるかもしれません。
1人で悶々としていると、心に膿がたまってきます。時には吐き出してデトックスしましょう。

責任感が強すぎる時の対処法とは

責任感が強い人はストレスが貯まりやすく、気がつくとメンタルにも影響が出ることがあります。
「もう少し楽に生きられればいいのにな・・」と、思うことはありませんか?

ここでは、責任感が強すぎて辛いと感じる人への対処方法を紹介します。

モヤモヤしたら「まあ、いいか」と呟く

高すぎる目標に対して完璧主義をやめましょう。
世の中は不完全なものの方が多いです。あなたが理想通りにならないことはそれほどおかしなことではありません。

完璧主義をやめるには、もやっとすることを「まあ、いいか」と心の中で呟いてみましょう。すると、心が軽くなるのを感じるはずです。

人の手を借りる

「頼まれた仕事はあなたの責任」と、教育をされて育ってきた人が多いです。でも、このセリフにあなたは「何が何でも」と付け加えていませんか?

責任感の強い人は「何が何でもやり遂げる」バイタリティーがあるので、周囲の人もつい頼りにしっぱなしになります。

1人でどうしても難しいときは、誰かの手を借りて下さい。心が辛いときは信頼できる人に相談しましょう。

「何が何でも」やりとげなくてもいいのです。あなたの今の力量で、間に合わないときは相談しましょう。

肩に力を抜いて心配しすぎない

極度に失敗や心配をしないようにしましょう。

「失敗してはいけない」と、思いながら緊張感を持って働くことは悪いことではありません。ただ、あまり肩に力が入りすぎているとかえって本来の力が発揮できないこともあります。

また心配に思うことは、ほとんどがその通りにならないといわれています。

起こりもしないことに神経を擦り減らすのはもったいないことです。肩の力を抜いて深呼吸して取り組めば大抵はうまくいきますよ。

執着を手放す

自分にも厳しく他人にも厳しくなって、キツイことを言って後悔することはありませんか?
例えば、手際が悪く要領が悪い人が足をひっぱるとイライラすることもあるでしょう。

イライラすると相手も悲しい思いをしますし、あなた自身も嫌な気持ちになることなのでいいことはありません。

ここでやって頂きたいのが「執着を手放す」ことです。
執着を手放すというのは「あきらめる」という意味で、要領の悪い人が「自分の思うように動けよ」といった理想主義はほどほどにしましょう。

自分を褒める一言日記を書いてみる

真面目にコツコツ頑張る人は努力を怠らないことが身体にしみついています。
「もっと、それ以上に」と理想やハードルを上げて、なかなか現状に満足できないでしょう。
頑張り屋さんなので、明日はこれをやって・・といつも先々の仕事のことを考えていませんか?
責任感の強すぎて自分を見失いがちな人は一日の終わりに「自分を褒める一言日記」を書いてみましょう。
自分で今日の自分を褒めることは、自己肯定感が上がりポジティブになれます。心の疲れを緩和させてくれるでしょう。

責任感が強い人に向いてる仕事とは

どんな仕事においても責任を持って働くことは当たり前のことです。責任感が強い人はほとんどの人が真面目な人なので、どんな仕事でも頼りにされるでしょう。

責任感の強い人は、責任の重圧が多少ある方がやりがいをもって充実して働くことができます。

ルーティンワークが少ない仕事よりも、ルールがしっかり決まっている仕事の方が向いています。

ここでは、責任感の強い人に向いてる仕事を紹介します。

医療従事者

医療関係全般に属する職種は、責任感が強く求められるので向いている仕事です。
人の命や健康が関わっているため、ミスは許されません。簡単に諦めない心や粘り強さで救われる命もあるでしょう。
自分の行動に責任が求められる現場において、持ち前の責任感の強さが大きな力を発揮できるのです。

教育関係

保育士から大学講師など保護者から子供を預かり教育する人は、責任感が強い人が向いています。
他には学校で働くスクールカウンセラーや地域の学童保育で働く人も含みます。

責任感のある教師や保育士は、問題が起こったとき真摯に向き合い最後まで諦めません。また、預かった子供に問題がある場合、包み隠さず保護者に伝えるので保護者から厳しく追及されることもあります。

責任感の強い教師は、疎まれようが問題を隠ぺいすることをしないので後から大きな問題になる前に対処できるからです。

経理の仕事

会社の利益・資産に関わるお金を管理する経理の仕事です。
会社全体のお金を動かしているので、ミスをすれば自分だけではなく職場の人や取引先にまで迷惑がかかります。

また、帳票とずれがでてくるためどこから原因が出たのか探さなくてはなりません。
責任感の強い人は、1つ1つ確実に正常に動いているか確認しながら仕事をするので経理の仕事は向いています。

配達業

配達の仕事は顧客への荷物を預かり届けることの他に、交通ルールもしっかり守らなくてはなりません。
配達の仕事は、会社名の入った車に乗っています。会社の看板を背負ってスピードを出し過ぎることや乱暴な運転をしては会社の名前を傷つけることになります。
配達時間が遅くなることも予測し、顧客に連絡することをうっかり忘れることが少ないので向いています。

在宅ワーク・フリーランス

責任感が強く自分にも他人にも厳しいので人間関係に疲れることもあるでしょう。

webライターなどの在宅ワークやフリーランスで働くと、人間関係は家族かペットくらいなのでストレスが少ないです。

しかし自由である反面、全責任は自分で負わなくてはなりません。納期が間に合わない・クライアントの満足できる成果物にならないことがあった場合、自分で解決しなくてはなりません。

責任感の強い人にとって在宅ワークは人間関係で悩むことが少なく、集中して仕事ができます。責任を持って成果物に向き合う姿は、クライアントからも信頼を得やすくお互い気持ちよく仕事ができるでしょう。

人を受け入れる心であなたは楽に生きることができる

責任感の強い人は、長所は「諦めない 、甘えない」心がけで仕事をしているのが解ります。

しかし、強すぎる責任感で自分自身を追い詰めてしまい、しなくていい心配をしてストレスを貯めてしまうのはもったいないことです。

責任感が強すぎて辛くなってしまう人は、「何が何でもやり抜く」ことは、ここ1番のときに発揮しオフの日は心を休めて下さい。

気軽に物事を考え周囲の人に寛容になることは、最終的にあなた自身の心が楽になるのです。