主体性がある人の特徴や性格|主体性を身につける方法とは

主体性がある人について、紹介します。

あなたの周りにも、『主体性がある人』はいませんか。

社会に出ると、何よりも優先して求められるのが主体性です。

ここでは、主体性がある人について詳しく見ていきたいと思います。

主体性がある人の特徴や性格、メリットとデメリットの他、主体性を身につける方法にも触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

主体性がある人の特徴

まずは、主体性がある人の特徴について紹介します。

主体性とは、他人に頼らず自分自身の考えを持って行動できる人のこと。

何でも自分で考えて動ける主体性がある人には、一体どんな特徴があるのでしょうか。

主体性がある人の特徴は、こちらです。


自分の意見がある

主体性がある人の特徴には、自分の意見があることが挙げられます。

主体性がある人は、人に頼らず自分で考えて動ける人のこと。

人から指示されるのを待たなくても動けるため、会社でも重宝されるのは言うまでもありません。

もちろん、主体性がある人は自分の意見を持っていて、それをきちんと伝えることができる人でもあります。

目的がはっきりしている

主体性がある人の特徴には、目的がはっきりしていることが挙げられます。

主体性がある人は、自分の中にちゃんとした目的があります。

曖昧な目的や漠然とした目的ではなく、はっきりとした明確な目標があるため、それを達成するために自分で考えて動けるのでしょうね。

決断力がある

主体性がある人の特徴には、決断力があることが挙げられます。

主体性がある人はしっかり考えられる人ですが、いつまでも考えているだけではありません。

どうするべきか、今は何をするべきかを考え、決断することができます。

自分で決めて行動するので、迷った結果何もしないということは、主体性がある人にはないのです。

関連記事はこちら▽ 決断力がある女性の特徴や性格|決断力がある女性になるには? 決断力がある女性の特徴や性格|決断力がある女性になるには? 決断力がある男性の特徴や性格|決断力がある男性になるには? 決断力がある男性の特徴や性格|決断力がある男性になるには?

思考力がある

主体性がある人の特徴には、思考力があることが挙げられます。

思考力とは、しっかり考える力のこと。

思いつきで行動したり、考え無しな行動をすることは、主体性がある人にはありません。

目的を決め、その目的を達成するために何をすれば良いのかを考え、そして行動に移すのが主体性がある人です。

自信がある

主体性がある人の特徴には、自信があることが挙げられます。

主体性がある人が自分で考えて動けるのは、これまでの経験などから自分に自信を持っているから。

自分の考えややり方に自信があるからこそ、自ら行動することができるのでしょう。

自信があるというのは、主体性がある人の最大の特徴かもしれません。


主体性がある人の性格

続いて、主体性がある人の性格について紹介します。

主体性がある人の特徴については先程紹介したとおりですが、主体性がある人はどんな性格をしているのでしょうか。

主体性がある人の性格として当てはまるものには、以下のものが挙げられます。

ポジティブ

主体性がある人の性格には、ポジティブなことが挙げられます。

主体性がある人はポジティブで前向きな性格をしており、成功するビジョンを思い浮かべることができる人でもあります。

たとえ失敗しても、その失敗を糧に次に繋げることができると言えるでしょう。

過ぎたことをいつまでもグチグチ悩んでいるようなネガティブさは、主体性がある人にはありません。

責任感が強い

主体性がある人の性格には、責任感が強いことが挙げられます。

主体性がある人は、人を頼らず自分で決めて動くので、責任感も強いです。

たとえ失敗したとしても、誰かのせいにすることはありません。

他人に責任を押し付けたりせず、自分で責任を負えるのは素晴らしいことですね。

積極的

主体性がある人の性格には、積極的なことが挙げられます。

主体性がある人は、何にでも自分から取り組む積極性がある人でもあります。

人に言われてからやるのではなく、積極的に物事に取り組める人。

少しでも興味があるなら、自分から『やりたい!』と手を挙げられるようなタイプです。

好奇心旺盛

主体性がある人の性格には、好奇心旺盛なことが挙げられます。

主体性がある人は好奇心旺盛な性格をしていて、色々なことに興味関心を持つことができる人。

今まで全く携わったことがないようなジャンルでも、先入観を持たずに興味を持つことができるのは、好奇心旺盛な性格だからですよね。

この好奇心旺盛さが、主体性に繋がっていくのです。

能動的

主体性がある人の性格には、能動的なことが挙げられます。

主体性がある人は、自ら動ける人、つまり能動的な性格をしています。

誰かの後ろをついていくのではなく、自分が先頭に立って周りを引っ張っていくような、そんなタイプですね。

誰かの指示に従うのが苦手、とも言い換えられるかもしれません。


主体性があるメリットとデメリット

ではここで、主体性があるメリットとデメリットについて紹介します。

主体性があることは、仕事では重宝されることからメリットというイメージが強いですが、主体性があることにはデメリットもあります。

主体性があるメリットとデメリットについて、見ていきましょう。

メリット

納得できる

主体性があるメリットには、納得できるということが挙げられます。

主体性がある人は、自分で決めて、自分で考えて行動しますので、もし結果が上手くいかなかったとしても、引きずることはありません。

自分で納得して次に進めるというのは、主体性があることの大きなメリットではないでしょうか。

信用されやすい

主体性があるメリットには、信用されやすいことが挙げられます。

主体性がある人は自分で考えて動きますし、もしものときに責任転嫁することもありません。

ダメだったときには自分で責任を負いますから、周りからも信用されやすいと言えるでしょう。

特に上司からの評価は、高いことが多いです。

出世しやすい

主体性があるメリットには、出世しやすいことが挙げられます。

主体性がある人は成績を残すことができますし、上司からの評価も高いため、出世しやすいと言えます。

出世するためには、仕事の実績だけでなく人間関係やコミュニケーション能力も欠かせません。

主体性がある人はリーダーシップもありますから、出世しやすいと言えるでしょう。

デメリット

協調性がない

主体性があるデメリットには、協調性がないことが挙げられます。

主体性がある人は、自分で考えて行動するわけですが、『自分の考え』が全てであるため人の話を聞きません。

自分の考えと人の考えが異なる場合、自分の考えを優先して動きますので、時には協調性がない人だと思われてしまいます。

自分勝手だと思われる

主体性があるデメリットには、自分勝手だと思われることが挙げられます。

先程も触れたように、主体性がある人は自分の意見を優先するため、協調性がないと思われることも。

そうなると、当然ですが自分勝手な人だと思われやすくなるでしょう。

協調性がないことと同様、チームワークが求められる職場では浮いてしまうこともあります。

反感を買いやすい

主体性があるデメリットには、反感を買いやすいことが挙げられます。

主体性がある人は良い意味で目立ちますから、同僚など周りからの反感を買いやすいことは否定できません。

また、自分が能動的に動けるからといって、それを周りにも求めてしまうと余計に反感を買いやすくなるでしょう。


主体性を身につける方法とは

最後に、主体性を身につける方法について紹介します。

主体性があることにはデメリットもありますが、それは言い方1つで何とでもなるもの。

主体性は、やはり仕事では欠かせないスキルですから、積極的に身につける努力をしていきましょう。

自分で決断する

主体性を身につける方法には、自分で決断することが挙げられます。

主体性を身につけるためには、何事も自分で決める癖をつけましょう。

小さなことからで良いので、自分で決断するようにしてください。

人任せにせず、『自分で決める』ことが大切です。

そうすれば、次第に主体性も身についてくるはずです。

自己肯定感を高める

主体性を身につける方法には、自己肯定感を高めることが挙げられます。

主体性がある人になるには、自信を持つことは必要不可欠。

そのためには、自己肯定感を高める必要があるのです。

小さな成功体験を積み重ね、自信とともに自己肯定感を高めていきましょう。

自分の意見を持つ

主体性を身につける方法には、自分の意見を持つことが挙げられます。

主体性がある人は、はっきりとした自分の意見を持っています。

周りと違う意見であっても変えることなく、自分の意見を貫き通すことができるでしょう。

自信がなければできないことですが、自分の意見を持ち、それを伝えられるようになってください。

目標を決める

主体性を身につける方法には、目標を決めることが挙げられます。

主体性は、がむしゃらに物事に取り組んでも身につくものではありません。

まずは目標を決め、その目標を達成するためにはどうすればいいのか、何をすればいいのかを考えていきましょう。

曖昧な目標ではなく、具体的な目標を立ててくださいね。

一人暮らしをする

主体性を身につける方法には、一人暮らしをすることが挙げられます。

何だかんだで家族や身近な人に頼ってしまうという人は、これをきっかけに一人暮らしをしてみるのもアリ。

一人暮らしをすれば、自分のことや身の回りのことは全て自分で考えてやらなくてはなりません。

必然的に、主体性が身につきやすくなるでしょう。

まとめ:主体性がある人は会社で求められる!主体性を身につけよう

主体性がある人について、特徴や性格、メリットとデメリット、そして主体性を身につける方法について紹介しました。

主体性がある人は、会社で求められる存在であることは間違いありません。

自分で考えて動ける人がいたら、仕事もスムーズに進みそうですよね。

主体性を身につけるのは簡単なことではありませんが、意識がけ次第で徐々に身についていくもの。

日頃から意識して生活し、少しずつ主体性を身につけていけるといいですね。