細かい人の性格や心理の特徴|細かい人にイライラする時の対処法とは

あなたの周りには細かい人はいますか?細かい人と聞くとどのようなイメージを持ちますか?
細かい人に対してのイメージは人によって大きく違います。また細かい人でも人によって感じさせるイメージは変わってくるでしょう。今回は細かい人について紹介していきます。
世の中の人の細かい人に持つイメージや特徴、細かくなってしまう心理や細かい人の仕事など、様々な視点から細かい人について考えてみたいと思います。

細かい人の意味とは

細かい人とは、物事に対し細かいことが気になったり、その事について口うるさくなってしまう人の事を指します。人によって細かくなってしまう内容は違い、物に対して細かくなる人・お金に細かくなる人・人の行動に対して細かくなってしまう人など様々です。
細かい人になってしまうのは、もともとの性格的な理由もありますが、その他にも育ってきた環境も大きな影響があると言えるでしょう。また不安や心配といった、その時の精神状態から細かい人になる場合もあります。

「細かい人」は褒め言葉なの?

細かい人と言われることを誉め言葉として取る人は少ないと言えます。細かい人は仕事をきっちりこなすというイメージもありますが、その反面細かい人に対し神経質で口うるさいというイメージを持つ人が多いからです。そのため自分のことを細かい人と他人に言われると、複雑な気持ちになるのです。
自分だけ細かいのであれば良いのでしょうが、他人に対してもそれを押し付けようとする人が一定数いるので、細かい人への負の印象が強くなってしまうのかもしれません。

細かい人の特徴

細かい人はどのような人ですか?細かい人に見られる特徴と言われどのような物が思い浮かぶでしょうか。
ここでは細かい人の特徴をいくつか紹介しまていきます。ぜひ参考に、あなたの周りの細かい人に当てはまるものが無いか確認してみましょう。

計画してから行動

細かい人は事前に計画を立て物事を進めようとします。その計画はとても綿密なもので、時間に合わせきっちり進める必要がある仕事の際には頼りにされる存在です。
特に旅行の際には何時にどこに行くかをしっかり調べ計画を立てます。限りある時間をいかに無駄なく使うかが重要という考えを持っています。

行動力がある

安さを求めるためであったら、少し離れた店舗に出向くなど行動力があります。1円でも損をしたくないという気持ちが強いのです。
特に女性や主婦の方に多く見られる特徴で、どのメーカーでもどんな商品でもいいから安い物を購入したいというよりも、いつも買っている商品を安く購入したいという考えと言えます。

整理整頓されている

仕事場のデスクやロッカーや自宅の部屋など、細かい人のみの周りはきっちり整えられており、散らかっていることはありません。潔癖症な所もあるせいか少しでも汚れていると気になり、すぐに掃除をするので綺麗な状態が保てるのでしょう。
男性で仕事をバリバリこなしている人に多く見られる特徴と言えます。

他人にも厳しい

自分のとる行動に細かい人は、他人も厳しい目で見てしまい、出来ていないことを責めてしまいます。自分の価値観を相手にも押し付け、同じレベルまでの能力を求めてしまうのです。
あまりのも細かく指摘してくるので、周りの人に嫌がられてしまいます。

怒りっぽい

細かい人は1日の流れや仕事の進め方を細かく決め、予定通り進めようとします。時には上手く進めない時も出てきます。特に細かく分刻みで決めてしまえば、ズレは生じやすいです。
そのため自分自身または仕事のパートナーに対し常にイライラしてしまうのです。

細かい人の心理

ほとんどの人が何か考えを持ち行動をしています。細かい人は何を思い、細かい行動を取っているのでしょう。
ここでは細かい人の心理について紹介していきます。ぜひ細かい人の気持ちを理解するために参考にしてください。

突発的なことが苦手

計画をたてそれ通りに動いて行く細かい人は、計画を立てることで不安を解消しているのです。急に予定が変わったり問題が起こることを怖さを感じています。
その場で瞬時に考え決定することが苦手なのです。そのためどんなことでも対応できるように、細かいところまで計画しています。

人の目が気になる

細かい人は周りの人の目を気にしすぎてしまう傾向にあります。「良く見られたい」「認められたい」と強く思っているので、悪い指摘をされないように細かいところまで気にしているのです。
承認欲求の強さもあり、周りから良い評価を得ていないと不安なのかもしれません。

怒られるのが怖い

自分の適当さから失敗し怒られたりがっかりされるのが怖いと感じています。怒られないためには細かいところまで気を抜いてはいけないと思っているのでしょう。
ここまで過剰に物事に細かくなるのは、過去に失敗した経験があり、その経験がトラウマになっている可能性があります。

心配

細かい人は心配性な一面を持ちます。心配な気持ちを解消するために、何度も確認したり先のことを考えたり準備を怠らないのです。
自分が安心するための行動であり、危機管理能力の高さでもあります。

理想の姿がある

大雑把な人を見て育ったり職場で適当に行動する上司や先輩に触れる中で、自分がなりたい理想が出来上がっていきます。大雑把な人を反面教師としたことで、理想が細かい人になったのでしょう。

細かい人の性格

細かい人はどのような性格をしている人に多く見られるのかご存じですか?今回は細かい人の性格について見ていきましょう。
細かい人の性格を知り、細かくなってしまう可能性がある人はいないか周りの人を確認してみてください。

完璧を求める

細かい人は完璧を求めます。どんなこともきっちりとやり遂げたいので、細かく計画を立て念入りに準備することができるのです。
やるべきことをやり遂げる真面目さも相まって完璧主義になっているのでしょう。

こだわりが強い

細かい人は一つ一つの行動に対しこだわりを持っています。多くの人がこだわりを持っていることが1つはあるかと思いますが、細かい人はそのこだわりが人一番強く、それが保たれないと苛立ちが抑えられず、イライラが見られるのです。
物事の順序や物の置き場所など、こだわりは様々なところに現れます。

根に持つ

過去の失敗をいつまでも話題に出し、ネチネチと指摘してくる人に出会ったことがあるかと思いますが、そんな人の多くが細かい人に当てはまります。細かい人は根に持ちやすい性格をしており、「過去に失敗しているから気を付けて」といったように嫌味を言うのです。
本人としてはただ気を付けてほしいだけかもしれませんが、言われた多くの人は嫌な顔をします。

プライドが高い

細かい人はプライドが高く自分の意見や考えに自信を持っています。そのため人に指摘をされることを極端に嫌がる傾向が高いのです。ちょっとした指摘に対しても怒りをあらわにしてしまうのですが、それば自分を全否定されているように感じてしまうのが原因です。
上司からすれば扱いづらさを感じてしまうでしょう。

打たれ弱い

自分の考えをしっかり持ち、自分の意思で行動できるので強いイメージを持たれやすいですが、実は神経質で打たれ弱い一面を持ちます。自分の心を強く保つ為に、細かいことまで気を配り、自分の非が内容に勤めます。これは指摘されるのを回避するための行動なのです。

仕事できる細かい人と仕事できない細かい人の違い

細かい人は一般的に仕事ができるイメージが強いですが、実は細かい人でも仕事はイマイチな人もいるようです。では同じ細かい人でも、仕事ができる人と仕事ができない人で分かれてしまうのはなぜでしょう。
ここでは細かい人で仕事ができる人と出来ない人の違いを紹介します。

人の揚げ足取り

細かい人は他人に対しても自分と同じように完璧を求める傾向にあり、仕事では特に細かいことまで口出しをしてしまいます。しかしその中でも、仕事ができる人と仕事ができない人で違いがあります。
仕事ができる人は相手がよりよくなるための指摘に対して、仕事ができない人はただの揚げ足取りをしているだけなのです。

スピード感

細かい人はミスをしないように細かいところまで細心の注意をはらうことができます。しかし仕事はミスをしないこと以外にもスピード感を求められることが多いです。
細かいところまで意識しなおかつスピード感をもって仕事をすることができるかどうかで、仕事ができる人と仕事ができない人で評価が大きく変わってしまうでしょう。

行動力

仕事においては行動力があることは大きな力と言えます。細かい人は計画を立てることが得意ですが、そのあと行動に移せるかどうかによって、仕事ができる出来ないかは違うでしょう。
仕事ができる人になるには、頭の中で計画だけ立てても意味がないのです。

細かい人の長所と短所

どんな特徴を持つ人でも、その特徴が長所となる場合も短所となる場合もあります。今回紹介している細かい人も長所と短所どちらも持っていると言えます。
ここでは細かい人の長所と短所を紹介します。ぜひ参考にしてください。

長所

責任感が強い

細かい人は基本的に真面目です。与えられた仕事をしっかりこなすこともそうですが、納期を守るなど責任感が強い傾向にあります。
責任感をもって仕事をこなすことができる細かい人は好印象を持たれます。

気配り上手

細かい人は、自分自身だけでなく周りも良く観察することができます。細かいところまで計画しあらかじめ確認も済ませて実行するので、周りを見る余裕も生まれているのでしょう。
そのため人が気が付かないところまで良く気が付く、気配り上手な長所を持ちます。

正確

何をお願いしてもしっかりとこなし、正確にやり遂げてくれるので、多くの人が安心して仕事を任せることができています。特にお金の計算など間違いが許されない作業などは、細かい人に任せたいと思うでしょう。
想像以上に細かく正確な出来上がりに、細かい人に対する信頼度も高まります。

短所

融通がきかない

細かい人は自分の中で決められたルールのもと行動している所があります。しっかり計画しやるべきことを決めることに長けているのですが、そのルールから外れる行動をとることが出来ません。
そのため、その場の雰囲気や状況で自分の行動を変えたり、相手に合わせて行動を変えるという、融通を利かすことが難しいのです。

被害者意識が強い

周りからの目を気にしすぎて、被害者意識が強くなってしまう傾向にあります。どこまでやっても認められていないと悩んでしまい、どんどん細かいところまで考え込んでしまうのです。
結果そこまで細かい人・神経質な人というイメージは強まってしまいます。

時間がかかる

人より細かいところまで気にしたり、念入りに計画を立てるため、人よりも時間がかかってしまう点が短所と言えます。時間は誰でも同じ分しか与えられません。
行動する時間よりも考える時間の方が多くなってしまうので、動き出しが遅いと指摘されてしまうこともしばしばです。

細かい人が嫌われる理由

細かい人を嫌う人は少なくありません。細かい人に対しネガティブな感情を持つのは、なぜなのでしょうか。
ここでは細かい人が嫌われる理由について紹介していきます。あなたが細かい人が嫌いなのはなぜですか?共感する理由があるか確認してみてください。

嫌味

誰でもミスをすることがありますし、人によって許せる範囲は違ってきます。細かい人は小さなミスも見逃すことなく、許せる範囲も非常に狭いです。
ミスを見つければすぐに指摘をして来るでしょう。また何度かミスが続いてしまうと、嫌味っぽくネチネチと責められるので、細かい人に苦手意識を持つ人は多いと言えます。

自分の中のルールがある

細かい人は自分の中のルールがあり、それを人にも守ってもらおうとします。会社全体のルールならまだしも、自分の決めたルールを当たり前のように人に押し付ける態度に、うざいと感じてしまいます。

人に当たる

計画通りにことが進まないとイライラし始め、周りにも当たり散らします。どんなに計画通りにきっちり進めていても上手くいかないことはあります。
多くの人はそれを臨機応変に対応していくのです。細かい人は自分が臨機応変に対応ができないことを棚に上げ、人のせいにしてしまうのでむかつくのです。

空気を読まない

せっかく楽しく食事を終えたのにもかかわらず、細かくお金の話をされれば気分が下がってしまいます。もちろん大切なことかもしれませんが、1円単位まで割り勘されるのは嫌だという意見は多いように感じます。
特に初めてのデートに男性から細かく割り勘を求められると、女性は気持ちが冷めてしまうようです。

仕事が遅い

数多く仕事をこなす必要がある職種では、何人かで振り分け行っています。細かい人が慎重に進める内に、他の人は数多くの仕事をこなしているのです。
早く終わらせなくてはならない場合、こなした数に差が出てきてしまうでしょう。その差が大きくなれば大きいほど、細かい人への批判は大きくなり、一緒に仕事したくないと人は離れていきます。

細かい人にイライラする時の対処法

細かい人との関わりの中で、どうしても相手に対しイライラしてしまい抑えられなくなってしまうこともあるでしょう。そのままにしてしまえば、自分が辛いだけです。
そんな人にここでは細かい人にイライラする時の対処法を紹介します。ぜひ参考に実践してみてください。

割り切る

正反対の性格や考えが合わない人は必ずいます。そんな時、合わない人と割り切って接しているでしょう。
細かい人に対しても同じで、細かい人の言動にいちいちイライラするのではなく、こういう人なのだと割り切って接すればよいのです。割り切って接することで、細かい行動に対して寛大な心を持つことができます。

自分の時間を大切にする

イライラをそのままにしておけば、ストレスは溜まる一方です。ストレスは体も心も崩してしまう原因ですので、ストレス発散することが大切になってきます。
趣味や運動を生活に取り入れ、自分の好きなことをして発散させましょう。自分の時間を大切にすることで、細かい人との関わりの時間を少なくできます。

関わり方を変える

細かい人との関わりに疲れを感じてしまうのであれば、無理に今までと同じ関わり方をしなくても良いでしょう。お金の面でうんざりしてしまうのであれば、細かい人に合わせて個別会計をしたり会費制にするのも一つの手です。
細かい人に合わせることができるのであれば、初めから合わせた方法を提案してしまいましょう。

距離を置く

細かい人の考え方について行けないのであれば、無理して関わる必要はなく、イライラしない距離感をもって接すると良いでしょう。もちろん仕事に関わる人と完全に距離を置くことは出来ません。
しかし仕事が終わってからも付き合う必要はありませんし、仕事上でも必要以上に会話を交わす必要はないのです。

聞き流す

考え方ややり方は人それぞれです。細かい人は自分のやり方に自信を持っているので、あれこれ口出しをしてくるかもしれませんが、それを守る必要はありません。
重要なことは聞き、後は聞き流してしまっても問題ないのです。

細かい人との上手な付き合い方

細かい人を避けて生活できれば1番良いですが、なかなか難しいでしょう。特に職場が一緒となれば、関わりを持つことは避けて通れません。
ここでは細かい人と上手に付き合う方法を紹介していきます。ぜひ参考にして良い人間関係を築きましょう。

報告を欠かさない

細かい人はどんな些細なこともこまめに報告してもらう事を求めます。細かい人が上司の場合、こまめに報告し、その都度指摘をしてもらいましょう。
自分が考えているよりも細かいところまで確認されるので、ある程度出来上がった状態で報告すると、膨大な数の指摘を貰うことになり、うんざりすることになります。また上司も指摘する数の多さに怒りが何倍にもなる可能性が高いです。

計画を任せる

細かい人の計画に勝てる人はいません。長所は伸ばして任せるべきです。
旅行の計画・食事の会計など、お互い嫌な気持ちになる可能性が高い物は、細かい人に任せて思うとおりにしてもらうのです。

距離を縮める

細かい人との付き合いは面倒と思われてしまいます。しかし細かい人の仕事の仕方は自分のスキルアップに繋がる可能性が高いと言えます。
積極的に一緒に行動をすることで、どんなことに気を使い・何に気を付けているのかを知ることができ、後に自分の仕事に役立てることができるでしょう。

褒める

周りの目を気にしてしまう細かい人にとって、自分を高く評価してくれることは嬉しいことです。特に自信のなさから細かい行動に出てしまっている細かい人にとって、自信に繋がります。
自信がつき細かさが改善するきっかけになる可能性もあります。

参考にする

細かい人の行動を参考にすることで、指摘されることは少なくなるでしょう。なぜなら自分の考えと同じ行動になるからです。
また真似されることで客観視することができ、自分の細かさに気が付くきっかけになるかもしれません。

細かい人を改善させるには

細かい人を改善したい・細かい自分を改善したいと悩んでいる人はいませんか?改善しようと決めて簡単に変わることは出来ません。
しかし改善が難しいわけではないのです。ここでは細かい人を改善する方法を紹介していきます。

失敗を教える

細かい人は極端に失敗を恐れる完璧主義です。失敗しないために、どんどん細かくなってしまうのです。
細かい人を改善させるためには、失敗しても良いという考えを教える必要があります。失敗しても問題がない、むしろそれがチャンスになるということを教えるのです。

大雑把な人と行動

細かい人にとっては辛いことかもしれませんが、あえて大雑把な人と行動を共にしましょう。大雑把な人の行動や考えを近くで経験することで、大雑把でも良いことと細かい必要があることが分かります。
いい意味で力が抜け、丁度よい性格に強制されるでしょう。

行き当たりばったりの旅に出る

細かい人にとって旅行は、きっちり計画を立て計画通りに行動するものになっています。計画を立てずに旅先で自由に楽しむことを味わってみるのも、改善法に繋がります。
ハプニングも旅の醍醐味です。行き当たりばったりの旅は、細かい人の感覚を変える体験になるでしょう。

細かい人と大雑把な人の相性とは

細かい人と大雑把な人は、一見真逆なタイプなので愛称は最悪なように感じるかもしれません。しかし意外と会うのがこの二つのタイプなのです。
もちろん細かい人と大雑把な人は、お互いに対しイライラを感じる事でしょう。理解しあえるまで時間を要します。
ただ第三者から見ればお互いに持っていないところを補うことができるので、良いコンビという言われることが多いです。特に仕事においては良きパートナーとなりやすいでしょう。

細かい人に向いている仕事

自分に合った仕事を見つけるためには、性格や特徴に合わせて職業を探す必要があります。今回紹介している細かい人にも、向いている仕事と向いていない仕事があります。
ここでは細かい人に向いている仕事をあげ紹介していきます。

経理

経理の仕事には細かさを求められます。少しでもずれが生じれば大きな問題になるからです。
また他の部署からの書類にも目を通し、不備が無いかチェックすることもあり、仕事内容は細かい物です。細かい人でなければ務まらない仕事と言えるでしょう。

校正

書籍などの校正は、誤字は無いかや漢字は合っているか、文章の点の位置・内容の信憑性など、様々なことを確認しなければならず、細かい作業が苦に感じない人でなければ勤められません。また細かいことにも気が付き指摘できる人があっています。

清掃員

自分で行うのではなく業者に依頼し掃除をしてもらうのは、普段見落としがちな汚れを隅々まで落としてほしいという希望からです。清掃員は大雑把な人では汚れを残す可能性が高く、細かい人が求められます。

研究者

研究者は新しい物を生み出す人たちです。様々な物をかけ合わせ変化を確認しますが、大きな変化が見られるとは限りません。
ちょっとした変化を見逃さないためには、細かい人の方が向いていると言えるでしょう。

整備士

整備士はちょっとのミスで事故に繋がってしまうので気を抜くことはゆるされません。車でも飛行機でも部品は大変小さく、細かい作業が多くあります。
ちょっとした変化を見逃すことは、人の命に繋がります。音の変化・見た目の変化など、細かいところまで目を向けることが必要です。また工具の取り扱いにも注意が必要で、工具が無くなれば大問題になります。

人に押し付けなければ細かいことはポジティブなこと

世の中には細かい人もいれば大雑把な人もいます。大雑把な人から見れば細かい人の行動は理解ができるものではなく、真似することもできません。
自分だけ細かいということであれば、ネガティブなイメージはつくことはありませんが、残念ながら細かい人は周りの人に対しても細かさを求める傾向にあり、そこが嫌われてしまう原因です。細かく正確な特徴を上手く活かし、周りの人とも上手く共有できる人になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA