ステータスの高い人の特徴|ステータスの低い人がステータスが高い人になるには?

ステータスが高い人について、紹介します。

あなたの周りにも、ステータスが高い人はいませんか。

『ステータスが高い』という表現を使うことは多いものの、はっきりとした意味が分からない…という人もいるかもしれませんね。

ここでは、そんなステータスが高い人の特徴や低い人の特徴、ステータスが高い人になる方法などを見ていきたいと思います。

記事の最後には、ステータスが高い仕事についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

ステータスが高いの意味とは

まずは、『ステータスが高い』の意味から紹介します。

今回のように『ステータスが高い人』と人に対して使う場合の意味は、こちらになります。

 ・社会的な地位や身分が高いこと
 ・収入が高いこと

ステータスというのは基本的に『能力』のことですが、人に対して使うときには『地位や身分、収入が高い』ことを意味することが多いです。

婚活などでは特に、ステータスが高い男性目当ての女性も多いので、『ステータスが高い』はわりと日常でも使われる言葉だと言えるでしょう。

ステータスが高い人の特徴

では続いて、ステータスが高い人の特徴について紹介します。

社会的な地位や身分、収入が高いことを意味するステータスが高い人ですが、具体的にはどんな特徴があるのでしょうか。

ステータスが高い人の特徴には、以下のようなものが挙げられます。

高学歴高収入

ステータスが高い人の特徴には、高学歴高収入であることが挙げられます。

『ステータスが高い』の意味にもあった通り、ステータスが高い人は高学歴であり、尚且つ高収入であることが多いです。

必ずしも両方を備えているとは限りませんが、博識な人の方が社会的な地位を築きやすく、尚且つ高収入が見込めることは間違いありません。

頭の回転が速い

ステータスが高い人の特徴には、頭の回転が速いことが挙げられます。

ステータスが高い人は博識(高学歴)だと言いましたが、それに加えて頭の回転が速いことも特徴です。

知識があるだけでは頭が固い人だと思われるだけですが、ステータスが高い人は頭の回転が速いため臨機応変な対応も得意としています。

大企業で働いている

ステータスが高い人の特徴には、大企業で働いていることが挙げられます。

ステータスが高いと周りから思われる人は、誰もが知る大企業で働いていると言えるでしょう。

外資系企業や大手銀行など、安定していて多くの若者が憧れるような企業で働いており、若くして役職に就いていることも少なくありません。

向上心がある

ステータスが高い人の特徴には、向上心があることが挙げられます。

ステータスが高い人は、仕事において常に向上心を持って取り組んでいます。

今の状態で満足することはなく、上を目指して日々努力を重ねています。

だからこそ、高いステータスを手に入れることができるのです。

行動力がある

ステータスが高い人の特徴には、行動力があることが挙げられます。

ステータスが高い人は、頭で考えるばかりで行動しない、ということはありません。

頭でいくら考えていても、実際にやってみなければ答えは出ないということを、ステータスが高い人は知っているからです。

行動力があるからこそ、ステータスが高くなるのでしょう。

ステータスが低い人の特徴

続いて、ステータスが低い人の特徴について紹介します。

ステータスが高い人の特徴については先程紹介したとおりですが、逆にステータスが低い人にはどんな特徴があるのでしょうか。

ステータスが低い人には、以下のような特徴があります。

平社員で収入が少ない

ステータスが低い人の特徴には、平社員で収入が少ないことが挙げられます。

ステータスが低い人は、言い換えれば『ステータスが高い人の真逆』ということですから、平社員で収入が少ない人が多いです。

勤め先に関しても、下請けだったり聞いたことの無いところなど、中小企業、もしくはガテン系など学歴の要らないところが圧倒的に多いでしょう。

言われたことしかやらない

ステータスが低い人の特徴には、言われたことしかやらないことが挙げられます。

ステータスが高い人は自分から率先して動けるのですが、ステータスが低い人は言われたことしかやりません。

いわゆる指示待ち人間なので、向上心もなく出世も見込めないでしょう。

自信がない

ステータスが低い人の特徴には、自信がないことが挙げられます。

ステータスが低い人は、自分自身や自分の仕事に関して自信がありません。

たとえ中小企業であっても、自分が誇りを持って働いているのなら、決して悪いことはないのですが、ステータスが低い人は仕事に関して自信もなければ、プライドもないのです。

損得勘定で動く

ステータスが低い人の特徴には、損得勘定で動くことが挙げられます。

ステータスが低い人は、何のために仕事をするのか?と聞かれたら、『お金のため』と即答するなど、やることを基本的に損得勘定で決めています。

お金のために働く気持ちも分かりますが、仕方なく働いているのであれば向上心も生まれませんから、ステータスも低いままでしょう。

努力しない

ステータスが低い人の特徴には、努力しないことが挙げられます。

ステータスが低い人は向上心がないため、何につけても努力しません。

努力して何かを達成することにメリットを感じないので、努力しなくても達成できることしかやらないのです。

これでは、ステータスが高くなるわけはありませんね。

ステータスの高い人になるには

ではここで、ステータスの高い人になるにはどうすれば良いのか、その方法について紹介します。

ステータスの高さには社会的な地位や身分が関わってきますが、『ステータス』は努力次第で手に入れることができるもの。

ステータスの高い人になりたいのなら、以下のことを試してみてください。

主体的に働く

ステータスの高い人になるには、主体的に働くことが挙げられます。

ステータスが高い人は、指示待ちをすることなく自分から率先して仕事を見つけることができます。

自分が何をしたらいいのか、を自分自身で考えているので、仕事の効率も良くなりますね。

また、向上心やモチベーションという点でも高いので、主体的に働くことを心がけていきましょう。

先を見据えた行動をする

ステータスの高い人になるには、先を見据えた行動をすることが挙げられます。

ステータスが高い人は、常に2歩3歩先を見据えた行動をしています。

だからこそ気持ちに余裕があり、落ち着いて物事に取り組むことができるのです。

慣れるまでは難しいかもしれませんが、先のことを考えて行動してみてください。

良い人間関係を築く

ステータスが高い人になるには、良い人間関係を築くことが挙げられます。

ステータスが高い人は、何も自分の実力や実績だけで高いステータスを手に入れたわけではありません。

人間関係というのも、非常に重要だと言えるでしょう。

ステータスが高い人は人間関係を築くことも重要視していますから、良い人間関係を築くことを心がけてみてください。

成長する気持ちを持ち続ける

ステータスの高い人になるには、成長する気持ちを持ち続けることが挙げられます。

ステータスが高い人は向上心があると言いましたが、それは言い換えれば常に成長する気持ちを持ち続けているということ。

高いステータスを保ち続けるためにも、成長する気持ちは常に持ち続けていたいですね。

アドバイスは素直に受け取る

ステータスの高い人になるには、アドバイスは素直に受け取ることが挙げられます。

ステータスが高い人は、周りの人の声やアドバイスは素直に聞き、受け入れる姿勢を常に持っています。

だからこそ、自分の糧にして成長することができるのでしょう。

ステータスが高い人になるには、周りの声、特に上司からのアドバイスは素直に受け入れる姿勢を持つようにしてください。

ステータスが高い仕事とは

最後に、ステータスが高い仕事について紹介します。

世の中にはたくさんの仕事がありますが、一体どんな仕事が『ステータスが高い』と言われるのでしょうか。

一般的には、先生と呼ばれるような仕事や簡単にはなれない仕事などが、ステータスが高いと言われることが多いです。

医師

ステータスが高い仕事には、医師が挙げられます。

ステータスが高い仕事と聞いて、真っ先に浮かぶのが医師ではないでしょうか。

医師は人のいのちを救う職業ですし、それゆえ簡単にはなることができません。

学力はもちろん、専門的な知識も必要としており、社会的な地位や収入も高いと言えるでしょう。

弁護士

ステータスが高い仕事には、弁護士が挙げられます。

弁護士も、難易度の高い司法試験をパスしなくてはならないため、誰でもなれる仕事ではありません。

社会的な地位や身分という点では、医師にも劣らず高いのではないでしょうか。

弁護士も、ステータスが高い仕事の1つです。

大学教授

ステータスが高い仕事には、大学教授が挙げられます。

『偉い人』というイメージの強い大学教授も、専門的な知識や発言力のある人といって間違いないでしょう。

専門分野に関してはとにかく博識ですし、頭がいい人というイメージも強いですね。

准教授や助教授ではなく、教授になるためには相当な努力を積み重ねてきたのでしょう。

政治家

ステータスが高い仕事には、政治家が挙げられます。

政治家も、地位や身分、収入の点では負けず劣らず高いため、ステータスが高い仕事だと言えるでしょう。

正直なところ、政治家に対して良くないイメージを持っている人もいるかもしれませんが、立派な仕事であることに変わりはありません。

裁判官

ステータスが高い仕事には、裁判官が挙げられます。

裁判官は法律の専門家であり、法の元に人をさばくという責任重大な仕事でもあります。

もちろん、簡単になれるものではありませんし、とても大変な仕事です。

普段あまり関わることの無い仕事ではありますが、間違いなくステータスが高い仕事と言えるでしょう。

まとめ:ステータスの高さは努力で手に入れられる!

ステータスの高い人の特徴や低い人の特徴、ステータスが高い人になるための方法、そしてステータスが高い仕事について紹介しました。

ステータスが高いかどうかは、生まれ持ったものが関係していると思われがちですが、努力次第で手に入れることも可能です。

ステータスが高くなると自信も持てるようになりますし、ぜひあなたもステータスが高い人を目指してみてくださいね。