俊敏な人の特徴|俊敏性が求められる仕事とは

俊敏な人について、紹介します。

あなたの周りにも、俊敏な人はいませんか。

俊敏な人とは、一言で言うなら『行動が速い人』のこと。

ここでは、そんな『俊敏な人』の特徴や俊敏さがない人の特徴、俊敏な人になる方法などについて、詳しく見ていきたいと思います。

また、記事の最後には俊敏性が求められる仕事についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

俊敏な人の特徴

まずは、俊敏な人の特徴について紹介します。

俊敏な人とは、暴動でも触れたように、一言でいうなら行動が速い人のこと。

そんな俊敏な人には、具体的にどんな特徴があるのでしょうか。

俊敏な人の特徴は、こちらです。

フットワークが軽い

俊敏な人の特徴には、フットワークが軽いことが挙げられます。

俊敏な人はフットワークが軽く、仕事もプライベートも充実していると言えるでしょう。

単に行動範囲が広いというわけではなく、遊びや飲み会に誘われたら断らずに参加するなど、人付き合いも幅広いのです。

行動力がある

俊敏な人の特徴には、行動力があることが挙げられます。

俊敏な人は、深く悩まずにすぐに行動に移せる行動力の持ち主。

あれこれ考えていても始まらないので、とりあえずやってみるために動き出すでしょう。

動き出すまでも早いですし、動き出してからも非常にスピーディです。

決断力がある

俊敏な人の特徴には、決断力があることが挙げられます。

俊敏な人は行動力だけでなく、決断力にも優れています。

自分で決めることができるので、結果がどうあれ後悔することはありません。

物事をなかなか決められない人もいる中で、決断力があるのは俊敏な人の立派な長所とも言えるでしょう。

先のことを見据えている

俊敏な人の特徴には、先のことを見据えていることが挙げられます。

俊敏な人は、単なる思いつきで行動に移すわけではありません。

俊敏な人の行動は、きちんと先を見据えてから行われているもの。

仕事でも何でも、次のこと、さらにその次のことまで意識しているのです。

仕事が早い

俊敏な人の特徴には、仕事が早いことが挙げられます。

俊敏な人は事前準備を怠りませんし、行動力や決断力も備わっているため、仕事が早いと言えるでしょう。

同じところをダラダラとやっていたり、同じミスを繰り返すこともありません。

そのため、上司からも仕事が早い人として一目置かれていることでしょう。

俊敏さがない人の特徴

続いて、俊敏さがない人の特徴について紹介します。

俊敏な人の特徴については先程紹介したとおりですが、世の中には俊敏な人もいれば、残念ながら俊敏さがない人もいますよね。

俊敏さがない人にはどんな特徴があるのか、まとめてみました。

詳しく見ていきましょう。

動作がゆっくり

俊敏さがない人の特徴には、動作がゆっくりなことが挙げられます。

俊敏さがない人は、動きがとにかく遅いです。

歩くペースから仕事に取り掛かるまでのスピードなど、何をとっても『遅い』ため、急いでいるときやせっかちな性格の人はイライラしてしまうかもしれません。

やることを後回しにする

俊敏さがない人の特徴には、やることを後回しにすることが挙げられます。

俊敏な人はその場ですぐに取り掛かるのに対し、俊敏さがない人はやることを後回しにしてしまいがち。

後でやろう、明日やろうが口癖で、やるべきことだと分かっていても、なかなか始めることができません。

優柔不断

俊敏さがない人の特徴には、優柔不断なことが挙げられます。

俊敏さがない人は、自分で物事を決断することができません。

なかなか決められないということは、それだけ始めるまでに時間がかかる、ということ。

優柔不断でなかなか決められないために、俊敏さがなくなってしまうのです。

周りに気を遣いすぎる

俊敏さがない人の特徴には、周りに気を使いすぎることが挙げられます。

俊敏さがない人がなかなか決断できないのは、周りに気を遣いすぎているからかもしれません。

Aを選んだらあの人が嫌がるだろうな…などと必要以上に気を使って考えすぎてしまう人ほど、俊敏さはないと言えるでしょう。

不健康

俊敏さがない人の特徴には、不健康なことが挙げられます。

俊敏な人は、歩くスピードが早い、テキパキ動けるなど物理的な意味でも『動きが速い』です。

速く動くためには、健康であることは言うまでもありません。

つまり、それができない俊敏さがない人は、不健康な人も多いのです。

俊敏な人になるには

ではここで、俊敏な人になるにはどうすれば良いのか、その方法を紹介します。

俊敏な人になりたいと思っている人はたくさんいると思いますが、どうすれば俊敏な人になることができるのでしょうか。

俊敏な人になりたいのなら、以下のことを意識していきましょう。

1つ1つの動作を素早く行う

俊敏な人になるには、1つ1つの動作を素早く行うことが挙げられます。

俊敏な人は無駄な動きがなく、さっさと進めていくイメージですよね。

一方俊敏さがない人は、ダラダラしていたりゆっくりしているもの。

1つ1つの動作を素早く行うことを意識し、実践してみると良いでしょう。

明確な目標を持つ

俊敏な人になるには、明確な目標を持つことが挙げられます。

俊敏な人がなぜテキパキ動けるのか?というと、それはずばり目標がはっきりしているから。

その目標を達成するためにどうすれば良いのかを考え、行動しているに過ぎません。

つまり、俊敏な人になるには明確な目標を立てることが欠かせないのです。

筋トレをする

俊敏な人になるには、筋トレをすることが挙げられます。

俊敏な人のように素早く動くためには、素早く動くための筋肉がなくてはなりません。

デスクワークでほとんど動かない人などは、運動不足によって筋力が低下している可能性が高いですから、筋トレをして筋肉をつけていきましょう。

スケジュール管理を徹底的に行う

俊敏な人になるには、スケジュール管理を徹底的に行うことが挙げられます。

俊敏な人は、一日にいくつもの予定を組み込み、それらを全て消化しています。

多くのスケジュールをこなせるのは、きちんとスケジュール管理ができているから。

俊敏な人になるには、スケジュール管理を徹底的に行い、無理のないスケジュールを立てることから始めてください。

時間は有限だと知る

俊敏な人になるには、時間は有限だと知ることが挙げられます。

俊敏さがない人は、心のどこかで『時間はたくさんあるから大丈夫』と思っているもの。

しかし実際には、時間は無限にあるものではありません。

時間は限られていると改めて思うことで、意識が変わっていくのではないでしょうか。

俊敏性が求められる仕事とは

最後に、俊敏性が求められる仕事について紹介します。

俊敏性がある人は、正直なところどんな仕事でもこなすことができるでしょう。

俊敏性というのは、それほど重要なスキルといえます。

そんな俊敏性が求められる仕事は、こちらです。

経理

俊敏性が求められる仕事には、経理の仕事が挙げられます。

毎月月末になると、各部署から大量の領収書が届き、それらを確認して受理していく作業は、ゆっくりやっていたのではいつまで経っても終わりません。

上から順に、さっさと片付けていける俊敏性が必要だと言えるでしょう。

接客

俊敏性が求められる仕事には、接客が挙げられます。

接客といってもジャンルは様々ですが、『対人』が必須である接客業に俊敏性は必須スキル。

目の前のお客さんの相手をしながら他のお客さんにも目を配り、順番にこなしていくためには俊敏性が欠かせませんね。

営業

俊敏性が求められる仕事には、営業が挙げられます。

営業も接客業と同様、俊敏性やコミュニケーション能力、リサーチ力などが試される職種の1つ。

限られた時間内で自社の商品を営業しなくてはいけないのですから、ゆっくりしている人には不向きでしょう。

テキパキとこなせる、俊敏性が求められる仕事の1つです。

販売業

俊敏性が求められる仕事には、販売業が挙げられます。

販売業はノルマがあったり、給料が歩合制だったりと自分の実績がそのまま給料に反映されていくことがほとんど。

テキパキ動けてたくさん販売できる人でなければ、会社に貢献することはできませんね。

俊敏な人にはぴったりの仕事です。

飲食店

俊敏性が求められる仕事には、飲食店が挙げられます。

飲食店では、次から次へと来るお客さんをさばき、注文をさばき、お客さんの元へ届けなくてはなりません。

そのためには、臨機応変さや周りを見渡す視野の広さ、そして俊敏性が求められるのは言うまでもないでしょう。

まとめ:俊敏な人は仕事ができる人!俊敏な人になろう

俊敏な人の特徴、俊敏さがない人の特徴、俊敏な人になる方法、そして俊敏性が求められる仕事について紹介しました。

俊敏性というのは、自分で考えて行動できる人でなければ、身につけることはできません。

だからこそ、俊敏な人は仕事ができる優秀な人でもあるのです。

俊敏性は努力と意識次第で身につけることができますから、ぜひあなたも俊敏な人を目指してみてくださいね。