もう会わないと言ったのに連絡をしてくる人の心理は?会いたくない人から連絡が来た時の対処法

もう会わないと言ったのに連絡がくる人について、紹介します。

「もう会わない」と言ったのに、何事もなかったかのように連絡をしてくる人っていますよね。

なぜ、もう会わないと言ったのに連絡をしてくるのでしょうか。

ここでは、もう会わないと言ったのに連絡をしてくる心理や対処法について見ていきたいと思います。

また、相手の本音を確かめる方法についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

もう会わないと言ったのに連絡をしてくる心理

まずは、もう会わないと言ったのに連絡をしてくる心理から紹介します。

もう会わないと言ったら、普通は連絡もして来ないと思いますよね?

しかし、もう会わないと言ったのに連絡をしてくる人もいます。

その心理には、以下のものが挙げられます。

かまってほしい

もう会わないと言ったのに連絡をしてくる心理には、かまってほしいというものが挙げられます。

「もう会わない」と言ったのも本気ではなく、あなたにかまってほしかっただけ。

もう会わないと言ったことであなたからの連絡が途絶えたため、寂しくなって連絡をしてきたのでしょうね。

反応が見たい

もう会わないと言ったのに連絡をしてくる心理には、反応が見たいというものが挙げられます。

もう会わないと言ったあと、自分から連絡をしたらあなたがどんな反応をするのか、その反応が見たいと思っているタイプです。

恋愛感情などは特にないことが多いので、好きになると厄介なタイプ、とも言えるでしょう。

本当は会いたい

もう会わないと言ったのに連絡をしてくる心理には、本当は会いたいというものが挙げられます。

もう会わないと言ってしまったものの、本音では「会いたい」と思っています。

もう会わないと言ったとき、あなたに引き止めてほしかったのでしょう。

かまってほしい心理と似ていますが、この場合は「好き」という気持ちがあることが多いです。

会いたいと言ってほしい

もう会わないと言ったのに連絡をしてくる心理には、会いたいと言ってほしいというものが挙げられます。

自分では「もう会わない」と言ったくせに、あなたには「会いたい」と言ってほしいのです。

自分が相手から追いかけられていたいタイプで、あなたが追ってこないことが不安になり、思わず連絡をしてしまったのでしょうね。

勢いで言っただけ

もう会わないと言ったのに連絡をしてくる心理には、勢いで言っただけというものが挙げられます。

感情任せに口走ってしまう人に多いのが、本気で「もう会わない」と思っているわけではなく、ただ勢いで言ってしまっただけ、というもの。

喧嘩した勢いで「もう会わない」と言っただけなので、何事もなかったかのように連絡をしてくるでしょう。

もう会わないと言ったのに連絡がくる時の対処法

続いて、もう会わないと言ったのに連絡がくるときの対処法について紹介します。

もう会わないと言ったのに連絡がくると、正直困惑してしまいますよね。

あなたの気持ちが一番ではありますが、もう会わないと言ったのに連絡がくるときは、以下の方法で対処していきましょう。

無視する

もう会わないと言ったのに連絡がくるときの対処法には、無視することが挙げられます。

もう会わないと言われ、あなたの気持ちが完全に冷めている、もしくは会わないと言ったのに連絡をしてくる無神経さに嫌気がさしているのなら、無視してしまうのもありですよ。

素っ気なく返事をする

もう会わないと言ったのに連絡がくるときの対処法には、素っ気なく返事をすることが挙げられます。

もう会わないと言われた人から連絡がきたとき、内心では嬉しいと思いつつもちょっとイラッとしたのなら、そっけなく返事をしましょう。

絵文字やスタンプなどは使わず、「そうなんだ」などの一言だけで返し、相手の出方を伺うのです。

はっきり無理だと言う

もう会わないと言ったのに連絡がくるときの対処法には、はっきり無理だと言うことが挙げられます。

相手に対して未練がない、自分は次の恋愛に進みたいと思っているのであれば、正直なところ連絡してこないでほしいですよね。

そういうときは、はっきり無理だ、連絡しないでと伝えましょう。

しつこい場合はブロック

もう会わないと言ったのに連絡がくるときの対処法には、しつこい場合はブロックすることが挙げられます。

こちらの気持ちなど気にもせず、何事もなかったかのように連絡をしてくるのは、ちょっとウザいですよね。

あまりにもしつこい場合、こちらの話に聞く耳を持たないときには、残念ながらブロックしてフェードアウトすることをおすすめします。

気にせず連絡だけ取り合う

もう会わないと言ったのに連絡がくるときの対処法には、気にせず連絡だけ取り合うことが挙げられます。

考えてみれば、「もう会わない」と言われただけであり、「もう連絡しない」と言われたわけではありません。

あなた次第ではありますが、会わなければ、気にせず連絡を取り合っても良いのかもしれませんね。

もう会わないと言ったのに連絡がくる人の本音を確かめる方法

最後に、もう会わないと言ったのに連絡がくる人の本音を確かめる方法について紹介します。

もう会わないと言ったのに連絡がくる人は、本気の場合もあればからかっているだけのこともあります。

相手の本音を確かめるには、以下のことを意識してみてください。

自分からは連絡しない

もう会わないと言ったのに連絡がくる人の本音を確かめる方法には、自分からは連絡しないことが挙げられます。

もう会わないと言ったのに連絡がくる人が何を考えているのだろう?と思ったら、自分からは連絡をしないようにしましょう。

相手から連絡が来ても連絡を返さず、相手がどう出るかを見極めてください。

しばらく返事をしない

もう会わないと言ったのに連絡がくる人の本音を確かめる方法には、しばらく返事をしないことが挙げられます。

相手が遊びたいだけなら他の人に連絡をしますし、あなたと本気で会いたいのなら何度も連絡をしてくるはず。

連絡が来てもしばらく返事をせず、様子を見てみてください。

はっきり理由を聞く

もう会わないと言ったのに連絡がくる人の本音を確かめる方法には、はっきり理由を聞くことが挙げられます。

相手から連絡がきてモヤモヤしているのなら、はっきりと連絡をしてくる理由を聞きましょう。

「会わないと言ったのに、どうして連絡してくるの?」と真剣な表情で聞き、相手からの真剣な答えを聞くのが一番確実ですね。

会わないなら連絡しないでと言う

もう会わないと言ったのに連絡がくる人の本音を確かめる方法には、会わないなら連絡しないでと言うことが挙げられます。

こちらから、「会わないのなら連絡しないで」と伝えることで、相手の反応を待ちましょう。

相手も本当は会いたいと思っているのなら、ここできちんとした答えを出してくれるはずです。

自分の本心を伝える

もう会わないと言ったのに連絡がくる人の本音を確かめる方法には、自分の本心を伝えることが挙げられます。

相手の本心を聞くには、あなた自身が本心を伝えるしかありません。

あなたが真剣に自分の気持ちを伝えたら、相手も無下にはできないはず。

一度、お互いに腹を割って話す覚悟が必要ですね。

まとめ:もう会わないと言ったのに連絡が来る人はめんどくさいタイプかも

もう会わないと言ったのに連絡がくる人の心理や連絡がくるときの対処法、本音を確かめる方法について紹介しました。

正直なところ、もう会わないと言ったのに連絡が来る人は、めんどくさいタイプである可能性が高いです。

あなたに構ってほしくて「もう会わない」と言ったり、自分が寂しくなったから連絡をしてくることもあるでしょう。

あなたが相手のことをどう思っているのかが一番なので、まずは自分の気持ちとしっかり向き合ってから、対応を考えてみてくださいね。