結婚の決め手に欠けるときの対処法とは?嫌なら付き合う必要はない!

結婚の決め手に欠けるときの対処法とは?嫌なら付き合う必要はない!

誰でも幸せに暮らしたいと願うものです。

できるなら、一人ではなくて相手がいるとなおさら嬉しいものですね。

結婚を考える相手が現れたというのもラッキーなことですが、何だか思っているのと違って、結婚の決め手になるものが見つからないというときもあります。

何となくすっきりしませんが、どうして気持ちがもやもやするか、少し立ちどまって考えてみませんか。

ただ時間が過ぎるのを待っていても解決はしないかもしれません。

こちらの記事も参考になるはずなので、後で読んでみてください。

女性が決断した結婚の決め手とは?意見を参考にしよう! 女性が決断した結婚の決め手とは?意見を参考にしよう! 女性が結婚して幸せになれる相手の条件とは? 女性が結婚して幸せになれる相手の条件とは?

結婚の決め手に欠けるときの対処法

結婚に対しての考え方

突然ですが、あなたが結婚に求めているものは何ですか?

今、お付き合いしている相手は必要なものを持っているでしょうか。

経済力や人脈など、後から変動することはともかく、性格やセンスはなかなか変わりません。

年齢を重ねたほど、その人が人生で信念を持ってきた行動は変えるのが難しいです。

例えば、好きなスポーツを楽しむのが習慣の人に、長く運動するのは体に負担だと言ったり、テニスやゴルフのように体の片側だけ使うと体が歪んで良くないなどと言うのは、言う人からしてみるとアドバイスのつもりでも、言われる側には響きません。

結婚についても、考え方を押し付けることにならないように、相手も近い考え方をしているか、確認してみると良いでしょう。

気持ちをはっきりさせる

結婚まで進まないのは、あなたと相手のどちらかの気持ちが動いていない状態です。

結婚までのトラブルやちょっとした問題を2人で一緒に乗り越えることもできますが、もしも何か放置していることがあるなら、気持ちかエネルギー不足で解決できていないのでしょう。

解決に取り組むのが大変で、疲れてしまったなら立ちどまって、その相手と本当に結婚したいのか考えると良いです。

自分がどんなに苦労しても、その価値があると思えたら、結婚に対して前向きに頑張っていけるはずです。

まずは、結婚が目標にあるのか、別にしなくても構わないという気持ちになっていないか自分の心に問いかけてみるのも大切です。

自分からもう一押し

本当は結婚したいのに、すぐにできない事情があるかもしれませんね。

資金がまだ足りていなかったり、周囲に反対している人がいる場合もあります。

難しいことですが、一歩ずつ進んでいけば解決できることが意外と多いのです。

特に、周囲で誰か反対していると、その人の気持ちは変えるのが大変です。

そんなときに、行き詰って終わりではなくて、もう一押しするつもりで何か行動してみると何かが変わりますよ。

相手を気にしないように自分が成長するか、相手に自分を認めさせるような行動をするのも有効だと思います。

相手が、自分達の結婚の何が心配なのか聞いてみると、ウィークポイントも発見できるかもしれません。

相手と話し合う

結婚まで気が進まないなら、一度機会を作って、結婚を考えていた相手と話し合うのをお勧めします。

もしも相手も同じ気持ちなら、ただ長く一緒にいても時間がムダになることがあります。

結婚していない今の状態でさえ、決め手がないとぼんやりしているなら、結婚をしたからと言って急に相手を好きになることはないでしょう。

何かの出来事の時に相手を見直すことはあっても、それ以外の時間を楽しんで過ごせないのなら、残念ながら、明るい未来は見えません。

ただ、相手が現状に満足して開き直っているのかもしれません。

あなたがずっと傍にいるのだろうと安心して、気が抜けているのなら、話題を振ってみることで相手が緊張感を取り戻してくれることがあります。

相手と別れる

ただ、惰性で一緒にいるカップルがいます。

お互いの存在に落ち着くというより、何となく別れるのも面倒で、実は気持ちがない2人もいます。

結婚は考えていないけれど、別れる理由が見当たらないのです。

本人たちも、周りも、あまり良い気持ちになれないカップルです。

そういう関係は、お互いに尊重はできなくなっているので、思い切って別れて、別の相手を探してみると良いです。

もし別れた後に、大切な存在だったと思い出したなら、相手をもっと幸せにできるように自分の気持ちを一新してアプローチすると良いでしょう。

それか、もっと素敵な相手が見つかるかもしれません。いずれにしても、別れを考えてみることで変化があります。

結婚以外に大切にできるもの

結婚はしたいのに、結婚の決め手に欠けているときは、一度リラックスして結婚以外のものに目を向けてはいかがでしょうか。

結婚のタイミングが熟していないときに焦って行動してもよくないので、結婚への準備期間と思って、いろいろな挑戦をしてみると良いです。

独身のうちにしかできないことをしておいたり、旅行をしたり、新しい友人と趣味を楽しんでみたりすると、気も紛れますし、新しい発見があることでしょう。

あなたが結婚した後も続くような趣味との出会いがあるかもしれません。

自分磨き

もしも思うように恋愛が進んでいないなら、ストレスも溜まりますよね。

でも、そんな顔をしていたら、相手も結婚に気が進まなくなるかもしれません。

一緒にいて幸せになれると思うから、結婚したいと思ってくれるはずです。

結婚の決め手がないように思えるときは、相手の問題だけではなく、自分にも原因がないか振り返ってみましょう。

相手に甘えすぎていたり、わがままになっていなかったか。

何か反省する点があれば、少しずつ変わっていけば良いのです。

それと、結婚以外にも、あなたが幸せを感じられることがあるように、自分にかける時間を増やして自分磨きすると楽しいですよ。