喧嘩して彼氏が音信不通になった後に連絡がきたときの対応の仕方は?

喧嘩して彼氏が音信不通になった後に連絡がきたときの対応の仕方

「喧嘩をすると、彼氏が音信不通になる」という悩みを持つ女性が後を絶たない…そんな現実をご存知でしょうか。

男性という生き物は、喧嘩という面倒事に巻き込まれた際、様々な心理から「とりあえず音信不通にしておこう」と逃げる傾向にあります。

だからこそ女性は不安を感じるわけですが、そんな彼氏がある日突然手のひらを返して連絡をしてくる事もあります。

「どのツラを下げてるの?」と言いたくもなるそんな時には、一体どのような対応をするべきなのでしょうか。

喧嘩して彼氏が音信不通になった後に連絡がきたときの対応の仕方

しばらく放置する

「喧嘩をするたびに音信不通にされて頭に来ている」「もう許せない」という限界に達している場合は、「彼氏の連絡をしばらく放置する」という手段もあります。

もしもあなたが「これまでは彼氏の事をなあなあに許していた」という場合であるほど、彼氏は「多少の事なら許してくれるだろう」と余裕を持っています。

その為、自分も彼氏の事を放置してみる事で、彼氏が初めて事の大きさに気付く場合もあるでしょう。

現在の関係に限界が来ているのであれば、「自分がいつもどれくらい辛い思いをしているか」という事を彼氏にも感じてもらいましょう。

ひとまずは冷静に対応する

音信不通にされていた彼氏から久しぶりに連絡が来ると、「何で普通に連絡してくるの?」「どんな神経をしてるの?」とイラッと感じる事もありますよね。

また、音信不通にされていた側は非常に不安な日々を過ごしていた為、曖昧な態度を取られてはイライラが募るばかりです。

しかし、だからといってそんなイライラを彼氏にぶつけてしまうと、彼氏は「謝ろうと思っていたのに」「反省したのに」とへそを曲げる場合があります。

なるべく穏便に仲直りがしたいのであれば、腹が立つ気持ちをグッとこらえ、ひとまずは冷静に彼氏に接しましょう。

彼氏がどんな事を言い出しても冷静な態度を一貫する事で、余計に喧嘩をこじらせてしまう事を避けられるでしょう。

彼氏の言い分を聞いてみる

久しぶりに彼氏から連絡がきた際は、ひとまず自分の言いたい事は一旦我慢し、彼氏の言い分を聞いてみましょう。

そこで彼氏がどのような言葉を並べるのかを様子見し、そこから今後の事を考えるのが最善です。

やはり、音信不通にされていた相手から連絡が来ると、「今まで何してたの?」「心配してたんだよ!」などと責めてしまいそうになりますが、その気持ちをグッとこらえて彼氏の言葉を待ちましょう。

彼氏にもそれなりの言い分や事情がある可能性もある為、それを聞いてから自分の感情をぶつける事が大切なのです。

喧嘩腰で物を言わない

久しぶりに連絡をしてきた彼氏に対し、初めこそ冷静な態度を取っていても、彼氏の言い分を聞いて「何それ?」「腹が立ってきた」と感じる場合もあるでしょう。

しかし、そこで喧嘩腰になってしまっては、喧嘩はヒートアップするばかりで、より気まずい関係が続いてしまいます。

また、彼氏はヒステリックになった彼女を目の前にして、「やっぱり話す気が失せた」と感じてしまうでしょう。

喧嘩を余計にこじらせない為にも、あくまでも冷静な話し合いをする為にも、喧嘩腰で物を言う事はやめておきましょう。

あくまでも彼氏を甘やかさない

優しい性格の女性や彼氏の事が好きすぎる女性は、久しぶりに連絡をしてきた彼氏を甘やかしすぎる傾向にあります。

だからこそ、「連絡をくれるだけで良い」「私も悪かったから」と言って、すぐに彼氏を許しがちです。

しかし、そもそもそのように普段から彼氏を甘やかしているからこそ、彼氏は「どんな事でも許してくれる」とつけ上がり、平気で音信不通という態度を取るのです。

そんな彼氏を甘やかしすぎる態度を取っていると、今後も同じような事が続いていくばかりで、場合によっては「都合の良い女」と捉えられてしまう可能性もあります。

そんな事態を避ける為にも、彼氏の事を甘やかしすぎるのはやめましょう。

毅然とした態度を一貫する

彼氏の言い分を聞いているうちに「かわいそうになってきた」と感じる事もあるかもしれませんが、本当なかわいそうなのは音信不通にされていたあなたの方です。

第三者から見れば音信不通にする彼氏など信用が出来ず、どう見ても彼氏に問題がある事は明白なのです。

その為、「彼氏も勇気を出してくれたんだし」「彼氏も色々あるし」などと隙を見せてしまうと、彼氏は中途半端に味を占め、同じ事を何度も繰り返します。

そうして彼氏に舐められない為にも、あくまでも毅然とした態度を貫く事が大切です。

彼氏を気遣うフリをする

出来るだけ穏便に話し合いを進めたいのであれば、彼氏から連絡が来た際に「彼氏を気遣うフリをする」という事が有効です。

例えば、「体調が悪いのかと思って心配してたけど、元気そうで安心したよ」など、彼氏を気遣う態度を見せる事で、彼氏は「悪い事をしてしまった」と一層反省します。

本心では何も思っていなくとも、口先だけでも彼氏を気遣っておく事だで、その後の話し合いは非常にスムーズにいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA