コミュ力が低い男性の特徴は?

コミュ力が低い男性の特徴

良い大学を出たからといって、誰もが羨むルックスの良さを持っていたからといって、必ずしも幸せになるとは限らないようです。

せっかくの才能を活かしきれない男性に共通するのは、コミュ力の低さではないでしょうか。

今回は、コミュ力が低い男性の特徴についてご紹介していきます。

コミュ力が低い男性の特徴

会話のキャッチボールができない

コミュ力が低い男性は、人と話すことに苦手意識を持っているようです。

誰かが話しかけてきてくれても、更なる会話に繋がる良い返事を返すことが出来ないのです。

根が真面目で、聞かれた質問に真面目に答え過ぎてしまい、全く面白味のない答え方をして会話を終了させてしまったり、誰もついてこれないような専門的な知識をペラペラと話してしまい、気がついたら相手があんぐり口を開いていたなんてことになるのです。

しつこいようですが、会話はキャッチボールによって成り立ちます。

相手が返しやすいボールを投げられない事には楽しい会話は永遠にできません。

人と目が合わせられない

コミニケーションの手段としては会話がメインとなりますが、「目は口ほどに物を言う」ということわざもあるように、目と目を合わせるとアイコンタクトでも十分に人と気持ちを通わせることが出来ます。

むしろ、目が合わないで交わす会話は寂しさや虚しさ、違和感を感じるでしょう。

コミュ力の低い男性は、

「人と目を合わせるのが恥ずかしい」
「人と目を合わせるのが怖い」

と感じているようで、目が合うとすぐに逸らしてしまったり、いつも伏し目がちで自信なさげな表情をしています。

時にはキョロキョロと目を泳がせて不審な動きをしていることもあり、不審者と間違われてしまうこともあるでしょう。

他人に関心が持てない

コミュ力の低い男性は、自分以外の人にはどうも関心が向かないようで、健全な男性なら「美人と付き合いたい!」「女性にモテたい!」という気持ちが湧き上がってくるものですが、恋愛にも無関心な若者もいます。

そういう性質なので、他の人が困っていようが自分が介入して助けてあげようという気持ちが起こらず、困っている人を見かけても見て見ぬふりをすることもあり、薄情な面が目立ちます。

人とコミニケーションが上手に取れない以前に、人に関心が持てないことが問題であり、他人に目を向ける努力をして見た方が良いでしょう。

自分の世界に閉じこもりがち

コミュ力の低い男性は、他人に深く関わりたくないと自らバリアを張って他人を拒絶しているようにも見えます。

自分の好きな事にはとことん没頭するタイプで、好きな事になら途轍もない集中力を
見せ、ご飯も食べず何時間でもぶっ通しで取り組むことが出来てしまいます。

人と関わることよりも、自分好きな事をしている時間の方が大切で、人が興味を持ってせっかく話しかけてくれるのを自分の世界を邪魔されたとさえ感じることがあるでしょう。

自分の世界に閉じこもりがちな人は、自分の好きな事を否定されるとプライドが傷つき、突如として怒り出したり、態度が豹変する場合があります。

神経質で、こだわりが強い

コミュ力が高い人は、何に対しても比較的
に大らかで寛容です。

何か目的があって、それを達成しようとした時に、コミュ力の高い人はプロセスはどうであれ、ゴールできれば満足感を得ることが出来ます。

ところが、コミュ力の低い人は、いつものやり方が通用しない時に動揺してしまったり、挫折してしまうのです。

自分なりのこだわりがあって、その通りにいかないと気が済まない神経質なところをがあるのです。

自分の運だけを頼っても思い通りにいかないことが多い中、誰かと一緒にする共同作業では、もっと自分の思い通りにいかなくてなってしまいます。

それが煩わしくて、極力1人で行動しているのです。

自分の意見を押し付けたがる

コミュ力が低い人=大人しくてオドオドしているタイプとは限りません。

自己主張が強く、自分の意見を人に押し付けたがる人も協調性に欠けコミュ力が低いとみなされます。

このような男性は、自己愛が強く自分勝手な行動が目立ちます。

自分の考えが1番正しいと思い込み、人の話を聞く気はさらさらありません。

今まで自分の意見が通った成功体験に気を良くしているのでしょうが、コミュ力が足りないと一緒に成功を喜んでくれる人はいないでしょう。

自分の意見を押し付けてばかりいると、見方や協力者が得られずに、今後の成功が見込めなくなってしまう可能性があります。

繊細で傷つきやすい

コミュ力が低い人は、人に嫌われる事を過度に恐れている傾向があります。

或いは、人間が怖いとまで思っている人もいるでしょう。

自己肯定感が低く、自分に自信がないので、

「自分は人に嫌われているのではないか。」

「発言したらでしゃばりと思われてしまうのではないか。」

など考えて、オドオドした態度になってしまいます。

心が繊細な事と、マイナス思考な事が合わさると、人の表情から深読みをして悪い方に、悪い方に考えてしまうのです。

他人の目に映る自分の姿が良いものではないと勝手に決めつけて、人と距離を置いたり、人間に敵意を抱くようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA