彼女がLINEを未読無視する7つの心理

彼女に送ったLINEを未読無視されると、「既読無視されるよりモヤモヤする」と感じてしまいますよね。

既読無視のように「LINEを読んで反いる」という事が分かれば良いものの、未読無視の場合はそれすらも分からない為、どうしても不安を覚えてしまいます。

では、このように「彼女にLINEを未読無視される」という状況に陥ったとき、彼女は一体何を考えているのでしょうか。

彼女がLINEを未読無視する心理

忙しくてLINEを見る暇が無い

彼女からLINEを未読無視されると、「嫌われたのかな?」「何か気に障る事をしてしまったのかな?」と不安になってしまいますよね。

確かに、彼女が何かしらのネガティブな理由で未読無視をしている場合もありますが、かといって一概にそれだけの理由であるとも言えません。

例えば、「ただ単純に仕事が忙しすぎてLINEを見る暇が無い」というパターンもあります。

あまりにも身の回りの事に追われていると、携帯電話をチェックする暇すら無い為、もちろんLINEも後回しにしてしまうのです。

通知だけ見て納得している

どこか面倒臭がり屋であったり、決してマメとは言えない性格をしていたりする女性は、「LINEは通知だけ見て納得する」という独特な特徴があります。

このタイプの女性は、誰かからLINEが届いた際、通知画面を見て大体の内容を把握する為、直接トーク画面を開かない事が多いのです。

その為、よっぽどの内容でない限りはすぐに返信をせず、「後で良いや」と考えてしまいます。

そうしてLINEの存在を後回しにしすぎてるからこそ、周囲を「何で返信が来ないんだろう?」と不安にさせてしまっても仕方がありません。

たまには一人になりたい時がある

彼氏に対する不満があろうとなかろうと、「たまには一人で考え事をしたい」という価値観を持っている女性は、非常に多く存在します。

このような性格の女性は、日頃から自分の中にあるパーソナルスペースを大切にし、決して恋愛ばかりを優先させるような生き方をしません。

その為、彼氏ばかりと会ったり、彼氏とベタベタしすぎる関係を築くのではなく、あくまでも自分の時間も大切にしたいと考えています。

だからこそ、時には彼氏と距離を置きたい瞬間もあり、ついLINEを未読無視してしまうのです。

彼氏の気を引きたい

「彼氏の事が大好きなのに、何を考えているのか分からない」という不安を抱いている女性は、何かにつけて彼氏の気を引こうとします。

そうして彼氏の気を引かせる為の方法の一つこそが、「彼氏からのLINEを未読無視する」という手段なのです。

既読無視ではなく未読無視をする事で、彼氏は「何かあったのかな?」「大丈夫かな?」と心配をする為、彼女達はそれを狙って未読無視をを図ります。

しかし、いくら彼氏の気を引かせたいからといって、無視するという行動は彼氏に対して失礼である為、「構ってちゃん」と批判されてしまう事も多い性格です。

彼氏に対して怒っている事がある

「彼女にLINEを未読無視されるけど、もしかして怒っているのかな?」という不安が、本当に的中している場合もあります。

例えば、彼女が「彼氏の態度がムカつく」「LINEの内容が気に入らない」と怒っている場合、もちろんLINEの返信をしようとしません。

それどころか既読にすらしないのは、「返信をしたくないけど、既読無視をすると何か言われそうだから」という心理がある為で、「それなら未読にしておこう」という考えに行き着くのです。

その為、「何度LINEをしても未読無視される」「電話にすら出ない」という場合は、もしかすると彼女からの多大なる怒りを買っているのかもしれません。

浮気をしている

彼女がLINEを未読無視する心理にも様々なものがありますが、中でも残酷なのは「浮気をしている」というパターンです。

このパターンの場合、彼女は彼氏以外の男性と特別な関係にあり、その男性に対して心が動いている状態です。

その為、彼氏からLINEが来ると「面倒臭い」「放っておけば良いや」と感じてしまい、つい彼氏の事を後回しにしてしまいます。

そうして浮気相手ばかりを優先させ、彼氏の気持ちなど微塵にも考えていないのです。

彼氏と別れたい

彼氏に対して怒っている事があったり、浮気をしていたりする女性は、次第に「彼氏と別れたい」という感情を持ちます。

この感情を持ってしまったが最後、彼氏に対する愛情は完全に消え失せてしまって為、もちろんLINEも億劫に感じます。

また、「別れ話をするのは面倒だから、あわよくば察して欲しい」ちうワガママな願望があるからこそ、LINEを未読無視する事で彼氏を拒否し、遠まわしに「もう好きじゃない」という事をアピールします。

「忙しくてLINEを見る事が出来ない」という理由であればまだしも、このように「彼氏と別れたい」という心理を持たれていた場合は。彼氏としてこれ以上にショックな事はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA