信頼できる男性の特徴7つ

信頼できる男性の特徴7つ

職場でも、プライベートでも、信頼できる男性が身近にいると安心できますね。

いつでも余裕があって、頼り甲斐があります。

あなたがフリーなら、自然に彼のことを好きになってしまうかもしれませんね。

穏やかな彼の魅力について、ちょっと詳しく見てみませんか。

信頼できる男性の特徴

覚えていてくれる

信頼できる男性は、話したことを覚えていてくれます。

以前話した好みのものを見つけてくれたり、ちょっとしたプレゼントをくれると、ときめきますね。

さりげなく、気にかけてくれるのがわかります。その場限りの相槌で終わらないのが嬉しいです。

彼女や奥様がいるなら、一線はきっぱりと引いて行動します。

大切にされているとは感じるのですが、彼が接する人を丁寧に扱うということです。

自分のその時の気持ちよりも、こちらの気持ちを考えて行動してくれて、居心地の良い男性です。

誠実

信頼できる男性は、誠実です。

職場や、一緒にいる相手や、家で待っている相手などの存在が心の中にあるから、ハメを外すことがありません。

どんなに疲れていても、お酒に酔ったりしていても、基本的な態度は変わりません。

酔うと性格が変わる人がいますが、それは酔っていない時に気持ちを抑えつけているのだと思います。

車の運転の場合もそうです。

信頼できる男性は、普段から必要以上に自分を抑えることがないように工夫したり、ストレスが溜まったらうまく発散させて、自分でバランスを取ることができるのです。

思いやりがある

信頼できる男性は思いやりがあります。

自分以外の人のことを考える余裕があり、時には自分以上に優先してしまう時もあります。

自分が良い人だと思われたい時の打算的な行動ではなく、自然に優しい行動ができるのはすごいですね。

彼自身も、過去に苦労したことがあるのかもしれません。

辛い経験を、今度は違う人にさせようという意地悪な心ではなくて、別の人が同じ失敗をしないように、手助けをすることもあります。

他の誰かが喜んだり、他の人の役に立つことが彼の喜びなのでしょう。

思いやりは、意識的に育てるものではないので、何も考えずに優しい行動のできる男性は、信頼できる相手だとわかります。

約束を守る

信頼できる男性は、約束を守ってくれます。

目に見えないものですが、時間やマナーも大切にします。

その約束が、相手にとってどんなに大切なものかはわかりません。

それでも、相手をがっかりさせないように、自分も協力するのです。

約束を覚えていてくれるのは、こちらを軽く見ていないからでしょう。

彼にとって、多少面倒になっても、ドタキャンしたり投げ出すことはありません。

約束を守ることで、相手の他の予定に影響しないで済みます。

心理的にも、真面目に向き合える相手だとわかると、安心してお付き合いできます。

あなたも、彼が大切に思っていることを守ってあげられたら、喜ばれます。

無理をしない

体力的、精神的にも無理をしないのは大切なことです。

元気な時は、多少スケジュールを詰め込んでも大丈夫と思うかもしれません。

でも、一つのことがうまくいかなかったら、残りの予定も遅れて、ストレスになります。

そのハプニングも計算に入れて、余裕を持っておくのが良い作戦です。

スケジュールがうまく消化できてから、他のことをして楽しんだら良いのです。

余裕を持つのが良い理由は、自分の予定だけではなく、不意に誰かに声をかけられたり、助けを求められても応えられるからです。

助けを求めた時にいつも断られる相手には、声をかけたくなくなりますよね。

自分のできる範囲のことがわかっていると、きちんと有言実行ができるのです。

素直

信頼できる男性は、裏表がありません。

性格も素直です。

彼も、あなたも違う人間ですから、考え方が違う時があるかもしれません。

そんな時に自分が折れたり、何かあると謝れる人は、意外といないかもしれません。

そこで変なプライドを優先させると、思ってもみなかったすれ違いに発展する可能性もあります。

それに、何を言ってもムダな相手には、あきらめるしかない時があります。

信頼できる男性だと、ちゃんと話ができるので、もっと仲良くなることができます。

自分のやり方や考え方にこだわらないので、新しいこともどんどん吸収して、成長するでしょう。

良い人間関係がある

普段連絡を取っていなくても、しっかりした繋がりのある友達がいる彼は、信頼できる男性です。

人間関係を続けるには、お互いの努力が必要ですが、それができているということです。

彼の友達との付き合い方からも、彼の考え方がわかります。

一時的に必要だったり、暇つぶしの仲間ではなくて、深い話をしたり、元気をやりとりできる友達です。

特別な友達だと、弱音やグチを言える場合があります。

自分の心を見せられる相手です。

薄い付き合い方じゃないので、大切にできる相手ですね。

あなたと彼とが親しくなることがあれば、友達と同じように、大切に扱ってくれることでしょう。