浮き沈みが激しい彼氏ヘの対処法や付き合い方7つ

浮き沈みが激しい彼氏ヘの対処法や付き合い方7つ

日によって皆それぞれ気分は異なります。気持ちが高ぶっている時、落ちている時、または特に平凡な時などあります。

しかし、その浮き沈みが激しい場合には周りは少し困ってしまいます。

浮き沈みが激しい相手が自分と深く関わる人、特に彼氏であれば最初は戸惑いがあります。

気分の波がある彼氏の場合、どのように対処をして、付き合うのが良いのでしょうか。

浮き沈みが激しい彼氏ヘの対処法や付き合い方

相談に乗る

人は気分が落ち込んだ時であれば、悩みや不満を信頼出来る人に話すことでその気分が落ち着くことがあります。

時にはその本人でしか分からない感情もあり、または相談を受けた側が的確なアドバイスを言えず、なかなか解決が難しい問題もあります。

しかし、もし彼氏の気分が落ち込んでおり、その相談相手が彼女でも良いと彼氏が思ってくれているのであれば、相談相手になることが必要です。

男性にはプライドがあります。

時にはそのプライドが邪魔をして彼女に自分の弱い姿を見せたくないと、気分が落ち込んでいるにも関わらず、意地を張ること場合もあります。

その時は無理に悩みを聞き出すことはせずに、相手が話したいと思うまで待つことも一つです。

その上、話しても良いと思ってもらえるような雰囲気作りも必要です。

気にしない

浮き沈みが激しい人は常に気分の波が出ます。

気分が落ち込んでいても、すぐに治ることもあります。

その為、気にし過ぎないことも大切です。

少しのことで気分が落ち込んでしまいますが、少しのことで気分が上がり、落ち込んでいたことが嘘のように元気でテンションが高くなることもあります。

彼氏の気分に振り回されて、落ち込んでいるときに気にし過ぎては彼女も疲れてしまい、ストレスとなります。

ストレスがあると、次第に浮き沈みが激しい彼氏に対してイライラも出てきてしまい、喧嘩になってしまいます。

落ち込んでいる時に心配してあげるのも必要ですが、あまりにも気にし過ぎては彼女が持ちません。

寄り添ってあげる必要の時と一人でも解決出来るときの見極めをすることが必要です。

あまり気にせずにいることも上手く付き合う一つです。

責めない

浮き沈みが激しいことでその人の近くにいる人は迷惑が掛かってしまうことも多々あります。

しかし、そのことに対して彼氏を責めないようにすることも大切です。

責めてもなかなかその性格を変えることは出来ません。

そして、浮き沈みが激しい本人も、浮き沈みがあることは知っていますが、治らないだけです。

治そうとしない人もいますが、治そうと思っていてもつい、浮き沈みが出てしまっていることもあります。

その為、浮き沈みも彼氏一つの性格の特徴と捉えて受け入れてあげることも大切です。

大好きで付き合っている彼氏はそれをカバー出来る他の魅力があるはずです。

彼の良い所をたくさん探して、浮き沈みがある部分を責めないようにしてあげて下さい。

一緒に波を作らない

彼氏の気分に浮き沈みがあっても、彼女側がその波に釣られないようにしてください。

彼氏は彼氏自身の気分で浮き沈みが出てしまっています。

しかし、彼氏と彼女の気分は常に一緒と言うわけではありません。

彼氏の気分が落ち込んでいる時に同じ時間を過ごしていると一緒にその気分が彼女にも伝わり同じ気分になることもあります。

しかし、彼氏の浮き沈みの波に合わせる、もしくは自然と同じ波になってしまっていては彼女も大変です。

彼氏に浮き沈みがあったとしても、合わせずに彼女は自分のペースで、そして自分のありのままの気分で彼氏に寄り添うことが大切です。

全てを彼氏に合わせていれば精神的に疲れが出てきます。

そして落ち込んでいる時に結果、二人ともで落ち込んでしまい、空気が悪くなります。

上がった時に楽しむ

浮き沈みがあれば、彼氏の気分が良い時もあります。

浮き沈みに振り回されると、なかなか大変な時もありますが、その嫌な面も吹き飛ばすくらい彼氏の気分が良い時は楽しんで下さい。

気分が落ちていると、せっかくのデートも楽しいことが半減します。

彼氏の気分が落ちていると、彼女側の気分もなかなか上げられません。

その為、彼氏の気分か落ち込んでいる時の分まで、思いっきり気分が良い時に楽しんで下さい。

振り回されて大変な時もありますが、楽しい思い出をたくさん作り、この人といればこんなに楽しいと改めて思える良い機会にして下さい。

楽しい思い出を作り、浮き沈みにより大変な時もその思い出でカバーが出来るように、たくさん楽しい思い出を作ることも必要です。

友人と遊ぶ

彼氏にのめり込み過ぎては浮き沈みが彼女側にも出てきてしまいます。

また常にその浮き沈みによって振り回されていてはとても大変です。

浮き沈みがあっても大好きである彼氏とたくさん居たいと思いますが、あまりにものめり込んでしまえば、彼氏の気分の変化に疲れてしまいます。

その為、彼女側は彼氏だけの世界だけでなく、自分の友人との時間を大切にすることも彼氏と上手く付き合っていくためには必要です。

また、彼氏の浮き沈みに関して彼女がイライラしている時には尚更友人との遊びは必要です。

大好きであっても時には喧嘩や、ムカつくことはたくさんあります。

友人と遊び、気分転換をして彼氏と会う時には新鮮な気持ちで会うことが彼氏と良い関係を築くためには必要です。

連絡は欠かさない

浮き沈みがあれば、彼氏の連絡が途絶えてしまうこともあります。

気分が下がっていれば、連絡を取りたくないこともあります。

気分が頻繁に下がっていれば、その都度彼氏からの連絡が来なくなってしまうかもしれません。

男性は元々連絡をすることが面倒臭いと思っている人もおり、そのような人は尚更来なくなるかもしれません。

しかし、彼氏から連絡が来ないからと言って彼女側も全くメールを送らなくなってしまえば、心に距離が生まれてしまいます。

あまりにも頻繁な連絡は彼氏が鬱陶しく思ってしまいますが、適度な連絡は常に取っており、お互いの状況把握が大切になります。