穏やかな男性の特徴7つ

穏やかな男性の特徴7つ

周りにいる男性は気分に波がありますか。

それとも波もなく常に穏やかな性格ですか。

気分が穏やかな人が居れば周りに居る人も穏やかな気分になれます。

空気をよくしてくれるような穏やかな男性はどのような特徴があるのでしょうか。

穏やかな男性の特徴

自然な笑顔

穏やかな男性には自然な笑顔があります。

人と話す時に顔の表情はとても大切です。

優しい言葉をかけていてもその表情が怖く笑っていなければ、相手のへの印象はあまり良くありません。

穏やかな人は笑顔があり、話している雰囲気もその穏やかな笑顔で良くなります。

無理して作る笑顔ではなく、自然とこぼれ落ちるような笑顔です。

話し相手が女性であれば、その穏やかな男性の笑顔によって心も落ち着かせることが出来ることもあります。

心の癒しになります。

そして元気がない時にその人と会うことで自然と元気が出ます。

大笑いするような笑える話のネタがなくても、なぜか心がその人によって満たされて、周りも笑顔になれます。

優しい

穏やかな人は基本的に優しい性格をしています。

友人が困っている時にはしっかりと手を差し伸べてサポートをしてくれます。

人によっては自分のイメージを上げたい、もしくはその相手から自分がよく思われたいと考えて優しい行動をする人がいますが、穏やかな人は作った優しさではありません。

自然と助けてあげたいと言う感情があり、わざとらしさがありません。

その為、友人が困っていれば親身に話を聞き、そして相談にも乗ってくれます。

自分の意見ばかりを言わずにしっかりと話を聞いてくれます。

相手の人がしっかりと話せるよう時間を作ります。

例え、相手が誰かの不満を一方的に話していたとしてもしっかりとその話を親身になって聞いてくれます。

周りに敵が居ない

周りに敵を作らないタイプです。

気が強く、自分の意見ばかりを主張するようでは周りの人は快く思いません。

喧嘩をした時には気が強ければヒートアップしてしまうことも多々あります。

喧嘩の末に敵を作る場合もあります。

しかしながら、穏やかな人はそのようなこともなく、喧嘩を避けようとします。

自分が多少我慢をしても相手とのコミュニケーションが大切であると考えて、相手に対して強くは言いません。

我慢して済むならそれが今後の関係維持に良いと思います。

そのため、周りの人はその人に対しての敵対心を出す人もいなく、結果周りには敵が出来ないタイプです。

みんなで仲良くしたい思いがあり、それをとても大切にします。

ワガママにもイライラしない

彼女がワガママであってもイライラはあまりしません。

穏やかな彼氏であれば、彼女側は自分の意見が通り、次第に彼氏にワガママな部分を出してしまうことがあります。

しかし、そのような彼女のワガママにもイライラをせずに、ある程度のことは聞いてくれます。

つまり心が広い人です。

許容範囲が広いため、怒りの沸点も低くなく、少しのことではイライラをしません。

また、イライラしても自己処理をしてしまい、怒っている様子を相手には見せないようにしません。

すぐに怒ってしまうようでは、なかなか周りの人はその人を穏やかな人と判断はしません。

穏やかな人はそのように怒っている姿をあまりに周りの人に見せないことが特徴です。

強い口調で言わない

穏やかな人でもあまりにも相手の態度が酷く、イライラが募ることはあります。

時にはイライラとすることがあったとしても相手に対して強い口調で文句を言いません。

喧嘩になると強い口調で相手を責めてしいたくなる場合もありますが、このタイプの人は強い口調で相手を責めることはしません。

イライラとして、相手が悪いとしても相手の揚げ足を取らず、穏便に終わるように進めていきます。

冷静な判断で、落ち着きながらイライラしていることにも対応をします。

平和を好み、出来るだけ仲良く人と過ごしたいと思っています。

許容範囲を広く持っています。

相手に対し、指摘をするときには相手のことを考えながら、責めないように言います。

自分ペースを大切にする

自分の時間をしっかりと持っており、自分のペースで進めていきます。

常に誰かと比較をして競争するのではなく、競争心を持ちつつも自分のペースで頑張っていきます。

自分のペースを重視しているので、心にも余裕が生まれます。

その余裕があり、その人の穏やかさを作っています。

余裕があるからこそ、周りの人にも余裕な状態で接することが出来ます。

何事も余裕がなければ、穏やかではありません。

自分の時間をしっかりと大切にしているため、仕事に追われていても何処かで心にゆとりがあります。

裏表がない

裏表がなく、誰に対しても平等な態度でいます。

あえて良い自分を演出しようと意識もなく、あくまでも自然な状態で誰に対しても接します。

その為、裏表がなく、穏やかな人と周りは思います。

いくら表が良くしていても、裏が酷くその部分を見ていれば穏やかな人とは思われにくく、常に同じ態度であることが穏やかな人の特徴です。

穏やかな人は不満などがあっても誰かに愚痴や暴言爆発させて言うこともなく、自分で解決するので、裏の顔がありません。

少し裏の顔があったとしても、誰かの愚痴などを常に言わない為に穏やかな人と判断されます。