潤いがない女性の特徴7つ

潤いがない女性の特徴7つ

よく見ると顔の造りは綺麗なのに、なんとなく全体的に潤いがない印象の女性。

巷では「干物女」という言葉が存在するほど、そんな女性は多く存在しています。

彼女達は一体何が原因で、周囲に潤いがない印象を与えてしまうのでしょうか。

また、一体どのような特徴があるのでしょうか。

潤いがない女性の特徴

恋愛をしていない

女性に潤いをもたらす上で最も効果的な事は、やはり「恋愛をする事」。

恋愛をすると、アドレナリンが放出され、女性はより一層輝きを増すものです。

事実、恋愛が上手く行っている女性や、片思いをしている女性を観察してみると、皆潤いがあり、生き生きと輝いていますよね。

恋愛は、女性がより美しくなるためには欠かせない存在であり、恋愛によって美人度が増したり、肌がピチピチになる女性は非常に多いのです。

もはや、恋愛は女性にとって最高級の美容サプリと言っても過言ではありません。

恋愛をしている女性としていない女性では、どうしても潤いに大きな差が出てしまうのです。

異性に興味が無い

恋愛こそが女性に潤いを与える最大の方法だという事が分かりましたが、恋愛はおろか、そもそも異性に興味が無いというタイプも存在します。

とはいえ、恋愛をしていないにしても、憧れの男性やアイドル的存在の男性が一人居るだけで、日常生活は楽しいものになりますよね。

また、好きな俳優や男性アイドルが居ると、さらに気分の癒しに繋がります。

しかし、異性に興味が無い女性は、あまりにも男性に興味が無さすぎるあまり、そんなレベルの男性すら存在しません。

そんな「ときめく」という事が一切無い無機質な生活を送っていると、潤いとは遙か遠くかけ離れた女性になってしまいます。

仕事が楽しくない

人が日常生活で最も長い時間を過ごしているのは、やはり職場ですよね。

また、日本人は「働くために生きている」という傾向がより強いため、「仕事=人生の基盤」と言っても過言ではありません。

そんな、生活の中心とも言える仕事が楽しくないと、プライベートや人生自体が暗くよどんでしまいます。

やはり、仕事を楽しんでいる人というのは皆生き生きと輝いており、外見・中身共に潤いのある印象を与えます。

仕事が楽しくない場合、プライベートにも憂鬱な気持ちを持ち込んでしまうため、ますます悪循環となってしまうのです。

楽しいと思える趣味が無い

趣味や夢中になれる物がある女性は、それらによって人生に楽しさを見出しています。

例え恋愛をしていなくとも、仕事が楽しくなくとも、大切な趣味が一つあるだけで、非常に豊かな日常生活を送る事が出来ますよね。

しかし、趣味が無いという事は、「そのために頑張れる存在」が無いため、人生自体が退屈なものになってしまうのです。

実際に、「家に居ても特にする事も無く、ただただ退屈な毎日を過ごしている」という女性は意外にも多く存在します。

そんな退屈でハリの無い人生は、女性が醸し出すオーラにも大きな影響を与え、結果的に潤いとは程遠い印象を与えてしまいます。

一人行動が好きすぎる

潤いがない女性を観察してみると、一人で行動している事が非常に多いという事に気付きます。

食事や外出、さらには旅行まで、「とにかく基本的に一人で居たい」という強いこだわりがあるのです。

一人が好きな理由は「他人との行動い苦手」「一人の方が落ち着く」など様々ですが、日頃から一人で行動する事が当たり前になっています。

しかし、あまりにも一人行動に慣れすぎると、他人との関わりを上手く持てなくなってしまいます。

他人との関わりが無いという事は、出会いも無く、刺激やハリが全く得られない生活を送っているという事です。

やはり、他人とのコミュニケーションを取る事で得られる物は非常に多く、事実、友人が多い人ほど楽しそうなオーラに満ち溢れていますよね。

常に他人との予定を入れたり、何百人もの友人を作るなんて事は困難ですが、たまには人との時間を過ごす事も重要なのかもしれません。

外見を気にしない

「潤いがない」という言葉の裏には、外見・中身両方の要素が含まれていますが、外見的な意味ではどうでしょうか。

例えば、髪や肌、唇がカサカサであったり、みすぼらしい外見をしていたりと、「物理的に潤いがない」という女性の事を指します。

このタイプの女性は、そもそも自分の外見が他人からどう見えているかを気にしていません。

また、外見に気を使う事で他人から評価を得たいという考えを持っていないため、外見を磨くメリットを見出せないのです。

しかし、やはり女性たるもの、ある程度のケアをしなければ、潤いのある印象とは遠くかけ離れてしまいます。

インドアすぎる

「よっぽどの用事が無い限り、なるべく外には出ない!」という、インドアまっしぐらなタイプです。

そのため、休みの日は基本的に引きこもった生活を送り、人との予定を入れる事も滅多にありません。

しかし、そんなインドアな暮らし方でも幸福感は味わえるものの、あまりにも引きこもった生活を続けていると、やはり隠し切れない「干物女オーラ」を発してしまいます。

引きこもり生活を続けるうちに異性や他人との関わりが遮断されるため、もちろんときめくような出来事も無く、「人に会わないから」と、どんどん外見は適当に。

そうこうしているうちに、気付けば「潤いがなく、カラッカラ」という女性になってしまいます。

インドアは悪い事ではありませんが、「外での刺激を受ける」という事は非常に大切で、女性の潤いに大きな影響を与えるという事が分かります。