男性が彼女を恋しいと思う瞬間は?

男性が彼女を恋しいと思う瞬間

男性が彼女を恋しいと思う瞬間は、いつの間にか、彼にとって特別なものになっているかもしれません。

それは、彼女のイメージを思い出すと、ほっとするものがあるのでしょう。

忙しかったり、大変な時にも、自分のことを大切にしてくれた相手のことを思い出すと、緊張していた心がほぐれることはありますよね。

実際に会ってはいなくても、それでリフレッシュになって、また頑張る力が湧いてくるときがあります。

男性が彼女を恋しいと思う瞬間

離れている時

男性が彼女を恋しいと思うのは、離れている時が多いですね。

仕事の出張など、しばらく離れていると、単なる人恋しさではなくて、馴染んでいる彼女の存在が傍にないと寂しくなります。

彼女の作ってくれる手料理が食べたくなる男性もいるのではないでしょうか。

いつも近くにいると、彼女のありがたみが薄れてしまいますが、離れた時には、自分にとって特別な存在だと思い出すことがあるでしょう。

そんな時は遠慮せずに、言葉や行動で恋しい気持ちを表現してみると、お互いに気持ちが深まって良いかもしれません。

リラックスしたい時

ペットを飼っている人は、家に帰ってからペットを触ると癒されると思います。

休日や、時間のある時にただ一緒にぼーっとしているのも幸せです。

言葉のいらない癒しの時間です。

それと同じように、彼女も男性を癒してくれる存在かもしれません。

近くにいて、何かするのではないですが、抱き枕のようにして、ただのんびりしているのも贅沢な時間です。

忙しい毎日の緊張も抜けていくでしょう。

仕事が大変な男性にとって、癒しの時間は貴重です。

少し気持ちを休ませたら、それでまた頑張る力を蓄えようとするのです。

弱っている時

女性に比べて、男性は素直に周りに助けを求めることはないのではないでしょうか。

親しい友達と飲んでいる時に、少し茶化したり、自虐的に話をすることはあるかもしれません。

でも、本当に弱っている姿はあまり誰かに見せずにいたいと感じているはずです。

大切に思っている彼女なら別です。

弱っている話をしても、笑わないで聞いてくれます。

彼の味方でいたいと思ってくれているのでしょう。

彼女に会って、グチを聞いてもらいたいなと思う時、男性は意外とあるのではないでしょうか。

優しくして欲しい時

映画やドラマなどでも、男性は行きつけのバーやスナックなどで特定の相手に話をしています。

そのバーやスナック、小料理屋さんなどで、話を聞いてもらう時間は彼にとって大切なものです。

ゆっくり話ができて、彼の話を真剣に聞いてくれると感じるからです。

お店のママさんなどはお仕事ですが、恋人ならもっと身近です。

職場や、プライベートの人間関係で悩みがあっても、素直に話ができる相手です。

自分を飾る元気もない時は、彼女が優しくしてくれるだけで、とても癒されます。

本当は弱っていても、優しくして欲しいとはなかなか甘えられる相手がいないのです。

大人の男は、精神的に誰かに頼らないものだと強く思い込んでいる人が多いです。

自分に余裕がある時

男性が彼女のことを思い出す時は、仕事の合間や帰宅後など、気持ちと時間に余裕がある時かもしれません。

何となく、「元気にしているかなぁ」と思い出して、会いたくなる時があると思います。

ちょっとしたお菓子を手土産に買って会いに行ったりします。

好きな相手のことは、特に理由がなくても思い出します。

ただ、あまりに忙しかったり、問題を抱えていて気持ちに余裕がなければ、彼女のことを思う余裕がない時もあります。

男性は目の前にある事柄に没頭してしまうと言われます。

そういう面で、女性ほど器用ではありません。

友達と彼女の話題になった時

友達や親しい知り合いなど、気軽に話せる相手と一緒にいると、恋人の話になることがあります。

普段の自分の考え方とは違う質問をされたりして、新鮮な発見があるかもしれません。

彼女のことをもっと理解できるようになったり、誤解していたことがあったなら、彼女に会いたくなるでしょう。

話をしていて、相手も彼女のことを褒めてくれたら、自分まで嬉しい気持ちになる男性もいるでしょう。

そんな時彼は幸せを感じて、彼女にすぐ会いたい気持ちになっているはずです。

彼女を愛しいと思う気持ちが高まっています。

ロマンチックな気分になった時

歌や映画、小説など、恋愛が題材になっているものがあります。

知り合いからそんな話を聞いたり、恋愛の要素を感じると、男性もときめく時があります。

人恋しい以上に、自分の彼女となら素敵な時間を一緒に過ごせると良いなと感じ、いろいろと想像を膨らませるのでしょう。

手を繋ぐなど、ちょっとしたことも、相手が誰でも良いのではなくて、彼女とだからしたくなります。

本当に好きになったら、男性は相手から目移りすることはないでしょう。

つい魔が差してしまうのは、誘惑された時や、彼女との関係で満たされていない時です。

普通の心境なら、理性からの自制心が働くでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA