悪態をつく女の心理7選

悪態をつく女の心理7選

学校や会社、病院やお店を利用した時に、悪態をつく女の行動によって気分を害した経験はないでしょうか。

横柄な態度を見ているだけでも、嫌な気持ちになってしまいますよね。

今回は、悪態をつく女の心理についてご紹介していきます。

悪態をつく女の心理

イライラが止まらない

仕事のストレスや、日頃の鬱憤がたまりにたまって爆発してしまうと、普段なら理性で抑えられていた感情も、露にしてしまうことがあるでしょう。

もともとヒステリックな性格なのか、ストレスが溜まって一過性のヒステリックなのか、イライラが収まらないと、どうしても周囲に当たり散らしたくなるものです。

病院や、お店でスタッフに悪態をつく女性はまさにこのタイプで、日頃のイライラをあまり知らない人にぶつけて、ストレスを発散しているのでしょう。

同じ場所で何度も悪態をついていると、モンスターペイシェントとして、病院やお店からマークされているかも知れません。

悪態をつき続けていると、知らず知らずのうちに、要注意人物として扱われるようになります。

自分に余裕がない

暴言を吐いたり、横柄な態度を取る女は、悪態をつかれた側の気持ちを考えることが出来ない心理状態にあります。

仕事が恋が上手くいっていなかったり、お金がなく日々の生活に困っていたり、自分に余裕がないのでしょう。

心が豊かな人は、自然と相手の気持ちに共感したり、人に優しくすることが出来ます。

自分の事でいっぱいいっぱいで、疲弊していると、気持ちも擦り切れ、人に優しく接することが出来なくなってしまうのです。

日々の生活に幸福感を感じられたら、悪態をつくこともなくなるでしょう。

見下されたくない

人とのコミニケーションの中で、自分が下に見られたと思った瞬間、それまでの態度が一変して悪態をつき始める人もいます。

プライドが高い女は、自分の評価やポジションを異常に気にする傾向があり、人の発言や行動にはとても敏感になってしまうのです。

ちょっとしたことでプライドが傷つき、相手を許せなくなってしまいます。

友人の何気ない一言で怒りのスイッチが入ってしまったり、出かけた先の店員の態度が悪いと感じると、自分が見下されているような気がして、悪態をつくことで自分の立場が上であることを示そうとするのです。

プライドの高さから、人付き合いでは苦労することが多いでしょう。

相手に嫉妬している

特定の相手にだけ悪態をついてしまう場合には、相手に対して嫉妬心が生まれているのでしょう。

例えば、職場の新人の女の子に対してきつく当たってしまう場合、新人の女の子が若くて可愛いものだから、周囲がチヤホヤしていてやっかんだり、好きな男性を取られそうな焦りから、その子の前では悪態をついてしまうのです。

自分より優秀で成績の良い男性の才能にも嫉妬して、当たりを強めることもあるでしょう。

嫉妬心を簡単に治めることは難しく、自分でも嫉妬にまみれた自分は醜いことを理解しているのではないでしょうか。

自分の中のドロドロとした黒い気持ちと戦っているのかもしれません。

自暴自棄になっている

悪態をつく姿を見て、普段のあの人の姿からは想像出来ない…。と感じるなら、きっと何かしらの事情があってのことでしょう。

今何もかも上手く行かず、ヤケクソになっていて悪態をついているのかもしれません。

「人からどう思われようと、もう関係ない!」という気持ちで自暴自棄に陥っている可能性があります。

今まで自分を押し殺して、良い子・良い人を演じ続けていた人は、挫折などを境にある日突然、真逆の行動を取ることがあります。

悪態をつくのが常習的ではないのなら、誰かに自分の苦しみを理解して欲しいとSOSを発しているのかも知れません。

もしも誰も彼女の心に寄り添ってくれる人が現れなかったら、彼女はこのまま悪い方に進んで行ってしまうことも考えられるでしょう。

自分は特別だと思っている

ワガママに育てられた女や、自意識過剰な女は、「自分は特別な存在で、何をしても許される」と思っている節があります。

それは大きな間違いなのですが、本人は至って正気でそう思い込んでいるのでしょう。

家族や友人をお手伝いさんのようにこき使ったり、お店などの施設を利用する際も、自分だけのスペースという感覚でやりたい放題です。

発言も上から目線で、「お姫様かよ!」と突っ込みたくなる次第です。

これは間違いなく親の責任でしょう。

小さな頃から可愛い、可愛いと甘やかして育て、何をしても叱らずに子供の思い通りにしてきたのでしょう。

受け入れてもらえるのか確かめたい

親や友達、恋人などごく近しい存在の人に対して女性が悪態をつくのは、試し行動の可能性があります。

あえて自分がワガママに振舞うことで、どの程度まで許して、受け入れてくれるかを確かめようとしているのです。

本当はこんな事をしたら嫌われてしまうんだろうな、とは理解しているのですが、心の何処かでワガママな自分をも受け入れて愛して欲しい期待をしているのでしょう。

人との関わり方が苦手で、不器用な女性は、気持ちが不安定になると、このように相手の気持ちを測るために悪態をついて身近な人を困られることがあるのです。