共感力が高い男の特徴7つ

共感力が高い男の特徴7つ

あなたはモテる男性の特徴は何だと思いますか?

もちろん、容姿が優れていればたくさんの女性からアプローチがあると思いますが、そこまで容姿に自信がなくても、共感力さえ高ければ、女性から愛されやすくなるのです。

今回は、共感力が高い男性の特徴についてご紹介していきます。

共感力が高い男の特徴

相槌のバリエーションが豊富

会話をする際、話し手が気持ちよく話すには、相槌にかかっているといっても過言ではありません。

話していて面白くない共感力の低い男性と、女性がもっと話したくなる共感力の高い男性の大きな違いは、相槌のバリエーションの多さではないでしょうか。

例えば、共感力の低い男性の相槌はこうです。

「はぁ。」
「そうなんだ。」
「ふーん。」

それに対して、共感力の高い男性は、

「そうなんだ!それから、それから?」
「え、そんな事ってあるの?」
「いいなぁ、羨ましい!」

など、バリエーションに富んだ相槌で、相手の話を引き立てます。

女性は比較的に共感力が高い人が多いので、当たり前のように上手な相槌を打ちますが、男性にしてみれば簡単ではありません。

女性の話にきちんと耳を傾ける

女性はオチのない話をする事が多いのですが、共感力の高い男性は、そんな話にも最後まで付き合ってあげることが出来ます。

彼氏に今日起きた出来事を話していると、ケータイをいじりながら聞いているのかいないのか分からないない反応をされてイラっときたことはないでしょうか。

もしも彼女が、自分の話を同じような態度で聞いていたら、気分が悪くなるでしょう。

多くの男性は、共感力が低い為、自分がされて嫌なことを人にしてしまう事が少なくありません。

共感力の高い男性は、話している女性に結論を急がせるようなこともしませんし、話に最後まで耳を傾けてくれます。

自分の意見を押し付けない

自己主張の強い人は、共感性に欠けるところが見受けられます。

周囲を率いるリーダー気質の人に多いのですが、独断で勝手に物事を進めたり、自分の意見を周囲に押し付けるなどして、人からの反感を買ってしまう人もいるでしょう。

そんな勢いを持つ、勇敢な人もいなければ、世の中上手くいかないのですが、調和を取るように、共感力の高い人の存在もなくてはなりません。

共感力の高い男性は、リーダー気質の男性のように、自分の意見を押し付けようとはしません。

相手の意見を聞いた上で、試行錯誤しながら一番良い方法を見つけ出すのがベストだと考えているでしょう。

時には自己主張の強い男性と、その他の人との緩衝材ともなってくれる頼もしさがあります。

感受性が豊か

共感力の源となっているのは豊かな感受性です。

映画やドラマを観て、人目をはばからず涙を流す男性はとても感受性が豊かな人なのでしょう。

そういう人は、人の痛みや悲しみ分かる心の優しさがあり、相手の気持ちを想像して
行動することができます。

悩みを抱えて精神的に辛い時、体調が悪い時、こんな人がそばに居てくれたらどんなに心強いでしょうか。

感受性の豊かな男性となら、ちっぽけなものを見ても喜べるし、細やかな日常も楽しく過ごせるでしょう。

喜怒哀楽を共有しながら、豊かな人生を歩めるはずです。

笑顔が多い

心に余裕がない時や、卑屈になっている時は、どう頑張っても人に共感することはできません。

共感力が高く、人に好かれる男性に共通しているのは、笑顔が多いことです。

おそらく、両親からの愛情をたっぷり受けて育ち、良い仲間に恵まれてここまできたのでしょう。

自分を愛し、自分を信じることが出来ているので、どんな状況でも物事をプラスに捉えられるのです。

すると、自然に笑顔が溢れて、周囲にも幸福感を伝搬していきます。

直接的に何かをするわけではなくても、笑顔で頷いてくれるだけで、人の心を温かくするのが共感力に溢れた人の魅力です。

柔らかい言葉で話す

ぶっきらぼうな話し方をするような男性に共感力は感じないですよね?

言葉遣いや話し方には、人間性がよく表れるものです。

優しい人は普段ら優しい口調で話し、せっかちな性格の人は、いつも早口で、まくしたてるように話すことが多いでしょう。

共感力の高い男性はというと、柔らかい言葉を遣って、穏やかな口調で話すので、初対面の人でも、女性でも警戒心を持たずに話が弾むのです。

共感力が高いということは、人に好かれる要素がたくさん詰まっているという事でもあり、人間関係をスムーズに築く上では欠かせない要素なのです。

女性的な趣味に関心がある

女性脳、男性脳という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

男性が女心、女性が男心を理解できないのは、脳の仕組みに違いがあるからだと言われています。

一般的に言われている男性脳の特徴は、言語や情報処理などを司る左脳がよく使われ、合理的な考え方を導きだします。

一方、女性脳特徴は、感情や感覚を司る右脳もよく使われ、左脳をバランス良く使われています。

その為女性は、一度に複数をこなすことも可能ですし、人の気持ちに共感することも得意とするのです。

男性だからといって、必ずしも男性脳の持ち主とは限りません。

一般的に女性が好む恋愛ドラマが好きだったり、料理や家事が得意な男性は、女性のように器用に脳を使う女性脳の持ち主である可能性が高く、共感力にも優れているのです。