空気が読めない女性の特徴7つ

空気が読めない女性の特徴7つ

周りの反応、空気を読みながら相手とコミュニケーションを取ることはとても大切です。

周りの空気を読むことが仕事や友人関係を上手く繋いでいくコツでもあります。

しかし、中には自分の思いだけを貫く全く空気を読まない女性もいます。

空気が読めない女性の特徴とはどのような点でしょうか。

空気が読めない女性の特徴

天然である

性格が天然キャラであれば、空気を読まず独特の感覚で物事を進めていきます。

みんなから愛される天然キャラです。

少しミスをしてもどこか可愛らしさがあり、みんなから慕われる人です。

天然の人は決して悪気はありません。

周りから見れば空気を全く読んでいないと思われがちですが、自分の感覚に従って進んでいっているだけにすぎません。

他の人が考えないような発想と共に話をしています。

計算高く空気を読もうと言う気は全くなく、自分の感覚の中にいます。

必死に空気を読み、少しでも自分にとって良い状態になろうと言う意欲もありません。

どこか可愛い天然さによって空気を読まない言動をします。

マイペース

マイペースなのんびり屋さんです。

周りの人がその状況に合わせて動いていたとしてもマイペースな人は周りの人を気にせずに自分の作業を進めていきます。

そのため、空気を読めていないと思われがちになることも時にはあります。

女性はよくグループで固まり、グループ内では同じ意見でないといけない雰囲気がある場合もあります。

しかし、マイペースな人であれば自分は自分の流れです。

周りの考えを深く思わずに自分の流れに沿って行動をします。

周りの空気を悪くさせる気はありません。

自分がその時にしたい行動を取っているだけです。

自己中心的

いつも自分を中心に物事を考えています。

自分さえ良ければそれで良いと思っています。

その為、自分がその場の空気を悪くさせようと敢えてするのではありません。

知らず知らずのうちに自分優先であるために周りのことを考えずに、その場の空気を壊すような発言もしてしまいます。

自分が言いたいから言う、ただそれだけです。

空気を読んで周りから良い印象を持たれたいという部分もあまり持っておらず、その時の自分の気分が満足すれば良いと思っています。

自分のしたいように発言をします。

女性は気分屋な人も多くいますが、あまりにもその感情が表に出ていれば周りの人はその自己中心的な考え方によって空気が読めない女性であると判断をします。

気遣いを知らない

周りの人と良いコミュニケーションを取るためには相手のことを思い、配慮をします。

言葉に表さなくても空気で読み取り、その場に適した言動をします。

時には自分のしたいこと、そして言いたいことを抑えてその場に合っている言動を行います。

しかし、空気が読めない人は周りが気遣いでその行動をしていることに気が付いていません。

よく言えば素直であり、相手の言動をそのまま受け止めてしまいます。

周りが気遣い、行動をしていることを知らず、自分の思いをそのまま行ってしまいます。

相手が自分や周りの人に気遣いをしていることに気がついていません。

意図的ではありませんが、周りを気にして気遣いをしている人から見れば、自分の意思をそのまま尊重するような言動ばかりしている人は空気が読めないと思われてしまいます。

表面しか見えない

表面上の相手の言動しか見ていません。

社会では多くの場合で、本音と建前を使います。

実際には嫌と思っていても相手との関係性を保つ為、相手に良い印象になるように建前の言葉を言います。

そして、相手には雰囲気で自分の気持ちが伝わってほしいと思うこともたくさんあります。

しかし、空気の読めない人は建前しか見ていません。

相手が言っていることが相手の真意であると思い、相手の表の部分しか見ていません。

空気によって感じることの出来る思い、表の言動とは異なる部分を見ようとはしていません。

建前で出している良い顔がその人の本当の意思であり、その人そのものであると思ってしまいます。

空気によって相手の気持ちを深読みはしません。

思い込みをする

コミュニケーションを取る中で相手の言動を見て雰囲気で分からないといけない時が多々あります。

その際に自分の思いが強く、自分の思うことが相手も思っていると思い込みが激しい場合があります。

悪気はなくても、自分が思っていることが基本となっており、相手も必ず自分と同じであると思っています。

もしくは同じであっほしいと思っています。

その為、その場で相手の気持ちを考えようとはせずに自分の考えを中心に話を進めていきます。

相手が意見を言っても相手に合わせずに自分の考えのみを相手にも推していきます。

その行動が相手からしてみれば空気を読まない言動であると思われます。

気持ちが表に出る

誰かと話をすれば楽しいことはたくさんあります。

しかし、その一方で相手に対して話をしていても疲れてしまうことがあります。

例えば女性はよくグループで行動しますが仲の良いグループで話している時には自分に関係のない話、分からない話になることがあります。

その時に自分一人がつまらなさそうな顔、話を聞いていない態度を出せば周りの人は良い印象を持ちません。

楽しくグループで盛り上がっていても一人空気を悪くする人がいれば周りに気を使わせてしまいます。

空気が読めない人は自分の気持ちを隠すことなく、疲れた時に顔や態度に出してしまいます。

その時の場の雰囲気が悪くなっても良いと思っている、または出ていることに気づいていないかもしれません。