上から目線な男性の特徴7つ

上から目線な男性の特徴7つ

上の立場に立たれる理由もないのに、上から目線でものを言ってくる男性はいますよね。

イライラしますし、一緒にいて気分が休まりません。

誰かとコミュニケーションする機会が少なかったまま、周りの人もどんどん離れていくので、本人は周りに迷惑をかけている自覚もないかもしれませんね。

一度、誰かに注意されないと、性格を振り返るきっかけはないでしょう。

もし、あなたの周りにも上から目線の男性がいるなら、一言きつく伝えるのも良いかもしれませんね。

上から目線な男性の特徴

自分に酔っている

上から目線でいるのは、威張っている人です。

自分を偉いと思っているので、下に感じる人が多いと優越感があります。

そういう人は、どこか自分に酔っていることが多いです。

他人の気持ちを考えることができないのは、自分勝手な人の特徴でもあります。

もし、他の人に同じように上から目線の態度を取られたとしても、彼は面白くないはずです。

失礼な態度を取られたと思って、普段の自分の態度は反省しないでしょう。

むしろ、自分は偉いと感じているので、他の人は自分に対して下手に出る態度でいるのが当然と思っています。

自分が一番正しいと思っている

上から目線でいる人は、どんな時でも、自分が一番正しいと思っています。

周りの人が自分と違う意見の時は、他の人が間違っていると思い込もうとします。

だから、自分の意見を通そうとして、強い力で押し付けます。自分の立場は、決して変えようとはしません。

気持ちが変わった時も、素直に言うのではなくて、「合わせてやる」など、あくまで自分が譲ったような言い方をします。

そのままでいたら、友達にも、異性にも愛されることはないでしょう。

愛してくれる相手を求める前に、大切に思ってその人のために行動したいと思える心を持たないといけないのですが、彼は自分を変える発想も持っていません。

優位に立ちたい

彼の行動を見ていたら、それだけでわかるでしょう。

上から目線でいる男性は、他の人より優位に立ちたいと考えています。

仕事などで自分の実力を示すよりも、表面的にでも勝っていると態度にする方が簡単です。

結果を出すよりも、優位に立っていると感じることが、彼は満足なんです。

そのプライドをくすぐってあげると、意外と簡単に行動してくれることがあります。

ただし、あまり持ち上げると、あなたが相手に好意を持っているのではないかと勘違いされるかもしれないので、注意しましょう。

周りの人にも誤解がないように先に伝えておいたり、上から目線の男性には彼を好きだと思われないように、きちんときっぱりと自分を守ってください。

相手を威嚇している

上から目線でいる男性は、相手を抑え込もうとする態度を取っています。

自分の方が強いのだと示すために、相手を威嚇しているようです。

でも、人間は体の大きさや雰囲気で相手との関係の上下を決める訳ではありません。

当事者の周りの人も、気が付くことがあります。

上から目線でいる人は、偉そうにすればするだけ、可哀想だと周りの人も思うかもしれませんね。

あなたに対しても上から目線で近づいてきたら、きっぱり相手にしない方が良いでしょう。

そういう男性は、実際よりも周りの人を警戒していて、自分の足を引っ張ろうとしているのだと被害妄想めいた考えをしている場合があります。

内心は実は自信がない

自分に自信がある人は、行動が落ち着いています。

自信がない人ほど、自分が弱いことを悟られないように大げさに行動します。

騒いだりしているのではありませんが、自分をふるい立たせるために上から目線で周りに接しているのかもしれません。

心の中では、自分が自信を持てることがないから、他の人が羨ましいのかもしれません。

それと、自分に対する苛立ちから、ストレス発散も兼ねて、上から目線になるのでしょう。

ストレスの八つ当たりをするのはみっともないですね。

ストレスは、ある程度、自分で何とか処理して欲しいものです。

相手によって態度を変える

自分より強そうな相手には気に入られようとして、自分には向かってこない相手には上から目線になろうとするのは、気持ちが弱い人です。

職場では、良い顔を見せて、日々、ガマンしていることが多いと、外では余計に偉そうな態度をすることがあります。

店員さんや従業員さんに対しても横柄な上から目線ですね。

自分がされてイヤな気持ちがわかるはずなのに、他の人に対しても同じことをすることで少しほっとするのでしょう。

決して自分に反撃してこない相手を見て、そんな行動をしています。

もしもあなたが、上から目線の態度を取られて困っているなら、一度反撃すると変わるかもしれません。

本当の友達がいない

相手によって態度を変えたり、自分が上に立っていないと気が済まない面倒な男性は、本当の友達がいないでしょう。

信頼関係を作れる相手がいないのです。

素の自分を見せると、弱い面やかっこ悪い面も見せないといけなくなります。

でも、そうやってお互いに自分らしさを見せて、友情が作られるものではないでしょうか。

素顔を見せられる相手がいたら、誰かとの関係が作れることに安心できて、いつのまにか上から目線の言動は減っていくはずです。

変わらないままでは、孤独な人として過ごすことになりますね。