行動力がない彼氏の特徴と対処法は?

行動力がない彼氏の特徴と対処法は?

その彼氏に行動力がないのは、いつからでしょう?

彼女や周りの友達がやきもきするのは、彼の行動力のなさのせいで何回も迷惑をかけられているからではないでしょうか。

行動力がない彼氏は、人に甘えています。他人には厳しく、自分には甘い顔をします。

自分のバランスを取れていないので、精神的に幼い彼氏に疲れてしまう彼女もいるでしょう。

行動力がない彼氏の特徴

言い訳が多い

行動しないことを正当化するために、つい言い訳が多くなる彼氏がいます。

言い訳するクセがついてしまうと、必要ないことにも、ちゃんとした言い訳を考えるようになります。

誰かに追及されたら、しっかり話をするためです。それなら、その頭の働きを違うことに使って欲しいですね。

言い訳して怒られることを防ごうと思うなら、言い訳するような行動をやめたら良いだけなのですが、習慣はなかなか変わりませんね。

行動力のなさだけが問題なら、彼が変わろうと思う気にさせて、最初は手伝うのも必要でしょう。

思いやりがない

彼は、行動しない方が楽なのかもしれません。

相手が絡むことなら、行動が遅れがちなことで罪悪感は生まれますが、自分が動かないことの理由をきちんと作ります。

言い訳をされても、相手は喜びません。

むしろ、行動してくれない彼に、またがっかりしているだけかも。

彼が行動しないせいで、迷惑をかけられることもあります。

直前まで予定が立てられないと、彼女や周りの人は振り回されるでしょう。

そんな、周りの人に自分の行動がどう影響するか考えない彼氏は、十分に人に思いやりを持てません。

自信がない

彼が早く行動しないのは、自信がないからかもしれません。

決断したり、その結果を受けとめる覚悟がないのでしょう。

周りの人に与える影響を考えていないのはもちろんですが、傍から人が離れていくと「やっぱり自分はダメだな」と考えてしまうでしょう。

自覚するのは、本当の反省ではありません。

自分を変えるきっかけまで誰かに求めるのは、あまりに行動力がなさすぎます。

失敗したことも勉強になります。

経験値が高まっていくと、少しずつ自信も出てきます。

少なくとも、「行動力がなくて僕、ダメだよね。」と卑屈になったり、構ってちゃんになることが減るはずです。

面倒くさがり

行動力のない彼氏は、面倒くさがりです。

行動する前の準備を考えたら、必要以上に面倒に考えてしまうのです。

準備のための準備を考えたりするかもしれません。

彼女に対して、リードしてあげることもないでしょう。

誰かにずっと引っ張ってもらうなら、たまには相手のために行動して欲しいですね。

準備や実際の行動をしない彼氏に限って、文句も言います。

せっかく準備をした周りの人や彼女にしてみたら、どこかモヤモヤするでしょう。

そんなことが繰り返されると、別れが近づいてきます。

行動力がない彼氏への対処法

待たない

行動力が遅い彼氏のことは、待つのはやめましょう。

興味があることは、彼を誘わなくても大丈夫。

一緒に楽しんでくれる家族や友達もいます。

自分一人で楽しむことができます。

行動力のない相手と付き合うのは難しいことです。

急かしても怒られたり、言い訳をされて、口出しをしなかったら、安心して行動を始めないでしょう。

抱えなくて良いストレスです。

本当に彼も興味あることなら、一緒に行動しようと頑張ってくれるのではないでしょうか。

声をかけてから、楽しんでくるのはアリだと思います。

条件をつける

彼氏が、置いていかれたくない顔をしていたら、どうするのが一番でしょうか。

怒っても彼は行動力がないので、動くのも遅いです。

それに言い訳をして、自分の行動を変えようとしません。

結果的に、彼のペースになってしまうと、彼女はイライラした気持ちで過ごすことになってしまい、心から楽しめなくなります。

だから、一緒に彼が行動したいと言うのなら、条件をつけてみてはいかがでしょうか。

「準備を早くすること」「手伝うこと」など、彼がきちんとしてくれることが大切です。

慣れてきたら、プラン作りも手伝ってもらったり、お店探しなどを任せてみるのも良いでしょう。

行動力がない彼の代わりに動いてくれる人がいるとわかったら、彼は怠けますから、そこは線を引くつもりで接すると良いでしょう。

放置

最後の手段になりますが、行動力がない割にうるさい彼氏は、完全に放置しても大丈夫です。

距離を置くことで、彼も焦るかもしれません。

彼が相変わらずで、行動しようとしないなら、あなたをもっと大切にしてくれる相手を探した方が幸せになれます。

恋愛としばらく遠ざかりたいなら、友達と遊ぶのも楽しいでしょう。

何にしても、行動力がない相手は、依存してくることが多いので、ストレスが溜まるでしょう。

それは、せっかくの人生の時間がもったいないからです。

お互いにとってプラスになることがなければ、別れることも視野に入れると良いかもしれません。

お付き合いした時間の思い出や情があるかもしれませんが、新しい幸せな恋愛でそれは上書きできます。